65歳退職~90歳逝去の場合のシナリオ

65歳から90歳までは25年あります。

65歳から年金を受けとることができますが、サラリーマンで独身の人であればまあだいたい10~18万円くらいの額だと思います。

案外と少ない金額です。

仮に90歳まで生きると仮定して、また65歳以降に毎月必要な金額を35万円、もらえる年金の額を15万円だと仮定すると、毎月20万円不足しますから、90歳までに不足する合計金額はこうなります。

20万円×25年×12か月=6,000万円。

65歳時点で6,000万円が手元にあってその後インフレがない(=物価上昇がない)という前提条件ではじめて、90歳まで何とかギリギリ生活できるということです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6,000万円の現金を65歳までに給与収入で貯めるとしたら、その間の所得税分を約33%として計算すると、実際にはこれだけ給料を得ることが必要です。

6000×1.33 = 7,980万円。

これはあくまでも「貯金分」だけですから、これ以外に通常の生活費分の給料を稼ぐことも当然必要です。

仮に今40歳の人が65歳までの25年間で、通常の年間生活費が600万円だとすれば

600万円×25年×1.33=1億9,950万円

となります(給料が必要です)。

合わせると、7980万円+1億9950万円 = 2億7,930万円

今40歳の人が65歳までに会社から稼がな(頂かな)ければいけない給与額は、なんと約2億8千万円にもなる!ということです。

退職金を2000万円と仮定しても、結局25年間で2.6億円の給料をもらうことになります。

2.6億円÷25年=年収1,040万円です。

今が仮に年収1040万円だとしても、今後25年間ずっとそれを維持していくことが求められます。

今の年収が1040万円未満であれば、何か別の対策を考えなければいけなくなります。

90歳まで生きる前提を短くするか?

独り身でないようにするか?

65歳以降に必要な毎月のお金を減らすか?

退職金を増やすか?

もらえる年金額を増やすか?

貯金の取り崩しで生活するパターンを止めるか?

もちろん、上記のこと以外にも健康状態の側面から考察することも大切ですし、単純に計算できるものではないと思いますが、あらかじめ自分なりにいろいろシュミレーションしてみることは大切です。

いわゆる 「仮説」と呼ばれることです。

「シナリオ」とも言えます。

少し厳しめ(=悲観的)に考えて、対策を練り、実行段階では楽観的に行動する気持ちが大切だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2019-12-12

    目に見えない妄想にいつまでも囚われてはいけない

    一休さんのとんち話はいろいろありますが、その中の一つにこんなのがあります。 あるとき、一休…
  2. 2017-1-15

    私が大切にしている「人生変化プロセス論」

    私は幼い頃、前ばかりを見ていたので過去を振り返る事はほとんどありませんでした。 少し成長すると…
  3. 2016-9-28

    「やれたらやります/行けたら行きます」は禁句

    日本人ははっきり断ると角(かど)が立つような気がして、ついつい曖昧な返事をしてしまう・・・とよく言わ…
  4. 2017-12-4

    未来を自分の手で創っていこう!

    未来は「変える」というよりも「創る」という表現のほうが正しいのかもしれません。 なぜなら、未来…
  5. 2018-2-14

    【2018年バレンタイン】うまくいかなかった経験も学びの経験です

    バレンタインデーは残酷なもので、一つの決着(好かれているかどうか)をつけて、人の感情の区切りを明確に…
  6. 2020-2-6

    話題がいつも「お金で買えるもの」の人/「お金で買えないもの」の人

    よく言われるように、人生では「お金で買えるもの」と「お金では買えないもの」があります。 &nb…
  7. 2018-3-23

    生涯賃金をいつ稼ぎ終えますか?

    サラリーマン人生を経済面だけで言い換えるなら「生涯賃金を稼いでいる間の人生」と言えます。 そし…
  8. 2020-7-25

    収入を増やす/サラリーマンとビジネスマンの発想の違い

    サラリーマンが「収入をもっと増やしたい」と思ったとき、一般的には「もっと自分の実力を高めて給料を上げ…
  9. 2017-6-22

    サラリーマンが心がける大事なことの一つ

    私が大学卒業後、26年間会社員として働いた中で「あえて何か自慢すするとしたら何ですか?」・・・と聞か…
  10. 2017-11-19

    下積み時代を経験した人ほど不遇の時代を乗り越えやすい

    若い頃に職場で体験する苦労や一人前になる間の期間のことを「下積み」と呼んだりします。 上に先輩…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る