貧乏経営者がハマってしまう落とし穴とは?

ビジネスがうまくいって、売上も利益もそこそこ伸びているのに、社長自身の銀行口座には思ったほど残高がなく、昨年に比べてお金が貯まっていない・・・という経営者(社長)がいます。

事業がうまくいっているのに、お金が貯まらない・・・という人には共通点があります。

一言でいえば、「使うお金をコントロールできていない」ということです。

あればあっただけお金を使ってしまい、ハナからお金を残すとか貯金するといった概念を持っていないのかもしれません。

それでは貯まるものも貯まらなくて当然です。

売上がアップしても・・・収入が増えても・・・安泰生活には程遠いと思います。

なぜならいずれ事業継続性に赤信号が点滅するからです。

蓄えという概念がないのは、言ってみればその日暮らしとあまり変わりません。

アリとキリギリスのキリギリス的な生き方です。

そうして、成金経営者は貧乏経営者になっていきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

収入が増えると、いつの間にかお金の使い方が変わってしまう経営者もキケンです。

移動が電車からタクシーになり、食事に行けば竹コースではなく松コースを頼む、車は中古の国産車から新車の外車になる、夜の外出が増える・・・などです。

一番顕著に現われるのは体重でしょうね。

体重が増加して、世に言う「メタボ」になるとキケン信号だと思います。

社長は自分の役員報酬の一部を別口座で貯金することを心がけて未来に目を向けた金銭感覚を持つことも大切です。

時流に乗っている経営者(社長)はお金が足りなければもっと稼げばいい・・・と安直に考えがちですが、波に乗れている状態がいつまで続くかは誰にもわかりません。

あまり、羽目を外しすぎないほうが良いと思います。

また、「余ったら貯金する」・・・と言う人がいますがまず余りませんから貯金はできません。

そういう人は、すぐに使い切ってしまうものです。

貯金なんてケチくさい・・・と思うかもしれませんが、貯金ができるということは大変ありがたいことですし、身体がいうことを聞かなくなって働けなくなるときがくることを想定しておくことも大事だと思います。

そんなときでも今と変わらない生活を続けるためには、貯金を取り崩すか、資産運用でキャッシュフローを生み出すしかありませんが、その資産をつくるのがそもそも貯金から・・・です。

貧乏経営者がハマってしまう 「貯金ゼロ」という落とし穴に陥らないように、お金の教養・哲学を持つことは経営者にとって大切なことだと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年6月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-5-17

    不動産投資はローンを使うとレバレッジ投資になります

    野球で言えば体が大きくてパワーもあるバッターだと、軽くバットを振るだけでホームランや長打を打つことが…
  2. 2018-6-15

    努力という土台の上に「運」が舞い降りてくる

    秋元康さんが以前こんなことを言っていました。 僕は38年間、スターと呼ばれる人たちを見てきまし…
  3. 2019-2-24

    リタイア後に何年生きるつもりで、今を生きているか?

    医療技術の進歩によって、先進国では80年と思われていた人の一生が、今や100年はほぼ射程圏内になって…
  4. 2017-2-25

    不動産セミナーで講師が話したキツイ嫌味

    過日(・・・と言っても随分前のことですが)、ある不動産セミナーに参加したときの話です。 その時…
  5. 2018-5-23

    「強制貯金をすること」の隠された意義とは?

    投資をするには、軍資金として500万円とか1000万円といった元金が無いよりもあったほうがベターです…
  6. 2017-4-9

    【新年度】挫折しない「目標設定」で大事なこと

    人は、年初に目標を設定したりします。 キチンと紙に書いている人もいると思いますが、単に自分の願…
  7. 2017-10-18

    【重要】「収益還元法」による不動産投資の考え方

    不動産投資を行なう人は、当然のことながら自分が投じる資金を元にして「収入を得たい」と思っています。 …
  8. 2017-1-21

    エビでタイを釣る/返礼品でお金持ちを釣る/ふるさと納税

    「ふるさと納税」は前々からありましたが、テレビでこれほど宣伝されるのはつい最近になってからのような気…
  9. 2017-12-20

    仕事とプライベートの時間の違い

    仕事とプライベートの時間の過ごし方にはいくつもの違いがありますが、そのうちの一つがこうです。 …
  10. 2017-6-28

    「教わる」+「育つ」の発想

    学校の先生をはじめとしていわゆる「教育」に携わっている人の多くは「教育とは教え育てるものだ」という考…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る