取締役の責任分担

社長の悩み・心配事はだいたいこんなことです。

1.業績(資金繰りなども)
2.社員絡み(人間関係、採用、労務など)
3.後継者問題

1.の問題が9割くらいを占めていると思います。
社長(経営者)はそういうものですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
もちろん、その会社や経営者や所属する社員によって社長の悩みは日々変動します。

それ以外にも社会情勢などによって経営者は悩みごとを膨らませたりしぼませたりします。

大事なのは、社長一人でそうした悩みや心配事を抱えないことです。

一人で抱えず、社内で同じく抱えてくれる人を見つけて・・・その人にも抱えてもらうことが大切です。

そうすれば、悩みが自分の中で占める割合を減らすことができます。

たとえば、業績について自分が100%悩むのではなく、自分は50%、営業部長が40%、経理部長が10%とかです。

社員絡みなら、自分が50%、人事部長が50%などと分散すればいいわけです。

なぜなら、それぞれの担当役員や部門リーダーだってそのことについて日々悩み、不安と心配事を抱えているのは事実だからです。

そうでないリーダーはリーダー失格ですね。

一人で悩むより、複数で悩む方が解決策、打開策は見つかりやすいものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
上位職に就いているリーダーは、下位職に就いているリーダーや一般社員にいかにして悩み・心配事(←当然仕事上のことです)を「共有」(=おすそ分け)できるかがマネジメントの要諦の一つです。

心配のおすそ分けが大胆にできればできるほど自分の負担は減りラクになります。

別にラクになることが目的ではなくて、そうすることで下のリーダーや社員を育てることが目的です。

いくら心配事を分散すると言っても、最後に全責任を持つのはやはりトップである社長の務めですから、社長にはそれらを放棄することは許されません。

社長は「後はよろしく!」と責任を押しつけることはできないということです。

社長は、心配の仕方や対処の仕方を教えてあげて、それを乗り越えたときに一緒に喜ぶ姿勢を持つとより組織力が強化されます。

そうやって経営者感覚を身につけた人を増やすためにも、多少の負荷を与える(=心配事を共有する)ことは大事だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-7-6

    見逃しの三振ほどもったいないことはない

    野球ではアウトを3つとれば攻守交替となります。そのアウトの取り方/取られ方にはいろいろありますが、攻…
  2. 2018-5-18

    インフレ時は貯蓄より「投資」が良い理由

    政府と日銀がインフレ率2%目標を掲げて、物価を一生懸命上げようとしていることを人々は忘れかけてきてい…
  3. 2019-8-13

    「○○には価値がある」と思っている人を見つけてその○○を売り込む

    経済的に自由に生きたければ、早く自立することが必要です。 そのためには「稼ぐ力」を身に付け…
  4. 2020-11-5

    【営業パーソン】キャクラクター営業は早く卒業すべし!

    営業の世界には「キャラクター営業」という言葉があります。 営業マンが商品の…
  5. 2020-1-11

    貯まらなければ「使う」ことはできない・・・

    何かを「使う(使用する)」という行為をするなら、大前提としてそこにその使うものが在る(存在している)…
  6. 2019-10-4

    行政の「サービス」はハードの部分でとらえている?

    ビジネスは、「目に見える商品」を売るか、「目に見えないサービス」を売るかのどちらかです。 …
  7. 2016-12-29

    為替で1ドル117円30銭~40戦という意味

    今年の1月は1ドル≒117円台でした。 12か月間でいろいろ動いて、結局この年末の為替相場は1…
  8. 2018-9-20

    「お金」という結果を求めるなら【原因】をつくらなければいけない

    多くの人は、「収入が増える(稼ぎが多くなる)」という「結果」を求めます。結果を求めるのはいいのですが…
  9. 2017-11-6

    【重要】罰する必要のない人を罰しない!

    自分の人生がうまくいってる・・・と思う人は、心が穏やかになって他人に接する態度も柔らかなものです。 …
  10. 2021-3-28

    【必見!】悪質商法に引っかからないために知っておくべきこと

    世の中にはまともなビジネスばかりが存在しているわけではありません。 残念な…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る