低俗男と呼ばれる人に学ぶ営業手法

女性と一時的に良い関係を築きたいだけの男を「低俗男」と呼んだりするそうです。

まあ、それが良い悪いは別として、もしそうした「低俗男」に女性を惹きつけるだけのテクニックがあるとすれば、そんなところにもビジネスのヒント/学ぶべき点はあると思います。

低俗男が駆使するテクニック/着眼点の一つはこうらしいです。

気にいった女性に声をかけるのではなく、自分のことを気に入るであろう女性を探し出すことに時間と労力をかけている・・・と。

・・・・・・・・・・・・・・・・

異性と付き合うというのは、ビジネス的に言うなら、「自分という商品を相手に受け入れてもらうこと」と言えます。

マーケティングの考え方を適用するとこうです。

1.自分という商品を気に入ってくれる異性を探す

→ そのためには、まず異性との出会いが必要であり、異性が集まるイベントなどに出かけることも一つの方法だと割り切る

2.イベントで知り合いになったら、次の商品説明(自分を売り込む)につなげることを考える

→ いきなり連絡先を聞くのではなく、互いの共通点などを探しながら共感ポイントを見つけて良い雰囲気を作っていく

3.相手のニーズを聞き出し、「自分と付き合えば将来、あなたのニーズを叶えることができる」と信じ込ませる

→ 自分という商品そのものを売り込むというよりも、相手の悩みを解決するには自分と付き合うことだ/それが解決法であり最適だ・・・ということを思い込ませる

4.それでもまだ商品を売り込むのではなく、自分という商品を確かめてもらうために別のイベント/合コン/バーベキューなど自分が主催するイベントに誘う

→ いきなり商品を売り込まずに、見込み客のフォローを心がけるやり方です

そう考えると、ビジネスの展開と似ている点が多々あるということに気づけます。

女性は意見を求めていない・・・「共感すること」が大切だと言われ、一般的にはそこからコミュニケーションが始まります。

実際のビジネスでもいきなりのプレゼンではドン引きされます。

最初のアプローチをかけた後は、和やかに共通する話題を模索しながら相手のニーズをうまく聞き出すこと(=サーヴェ)が必要です。

いかに共感しながら、気持ち良く話してもらうか・・・がポイントとなります。

まあ、ちょっと変な例えになったかもしれませんが、ビジネスも人生も学ぼうと思えばどんなところからも学べるものだと思いますし、だからこそビジネスも人生も未知の世界が広がって面白いのだと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-11-1

    一流は「間(ま)」を縮める努力をしている

    毎日何かを連続してやっていると、次の日は「前回(前日)の終わり」からスタートできます。 ところ…
  2. 2018-4-24

    「自負心」という大切な気持ち

    よく「私は○○だったらできる自負があります」とか、「これまで長年やってきた自負があります」などと言っ…
  3. 2019-9-7

    本を買いすぎて貧乏になった人はいない!

    自己破産をしたり、貧困生活を送る羽目になってしまう主な原因は「過剰な消費活動」にあります。 も…
  4. 2018-8-3

    トイレのハンドドライヤーとビジネスチャンス

    最近思うのは、どこのトイレに行っても紙タオルを置いているところは減ってきていて、むしろハンドドライヤ…
  5. 2018-7-24

    成功法則を読んでも多くの人が成功できない理由とは?

    世の中には数多くの「成功本」と呼ばれる書籍があります。つまり、「成功するにはどうすれがいいか?」とい…
  6. 2019-10-20

    「節約/倹約」と投資の概念

    節約意識というのは、「1円でも費用は減らしたい」・・・という考え方です。 投資意識というの…
  7. 2018-7-22

    【必読】お金持ちになるコツ(願望の叶え方)

    英語を話せるようになりたければ、英語を話せる人に近づき、教わることがコツの一つです。 スペイン…
  8. 2017-10-19

    「繰り返し学ぶこと」の重要性とは?

    人は忘れる動物です。何かを知ったり、学んだとしても、数時間後・・・数日後にはキレイサッパリ忘れてしま…
  9. 2017-1-13

    日米間の10年国債金利に2%の差があると・・・

    世界を股にかけてお金の運用をしている、いわゆる「機関投資家」と呼ばれる大手投資家は、その運用の一つに…
  10. 2018-10-17

    【必読】収入を2倍から10倍にする方法

    サラリーマンが今の自分の収入=給料を2倍にする・・・としたなら、どんなアイデアが考えられるか? …

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る