投資における借金は「良い借金」

投資を考えたときに、自己資金だけで行なうのも勿論アリですが、あえて借金をすることでレバレッジを効かして行なうという手も正解だと思います。

そのとき、借金をどうしてもイヤがる人、怖がる人・・・というのは「(自己資金で投資して失敗してもそのお金がなくなるだけで済むけど、)借金をして失敗したら借金が残るからイヤだ、怖い・・・」という考え方の人です。

そこでちょっと変な考え方ですが、こういう発想で投資を行なってみると、そのリスクは一気になくなります。

それは「自己資金相当分を借金して投資を行なう」というやり方です。自己資金分の借金であれば、返済で困るのは利子の分だけです。

今や史上最低の金利時代ですから、借金をしたときの利子はそれほど高額な利子にはなりません。

もっと言えば、そんな低金利時代の利子以上に投資で稼ぐことができないようなら、そもそもその投資は失敗と言える・・・ということです。

やり方は簡単です。

1.自己資金はそっと寝かせておいて、

2.借金をして投資を行ない、

3.「元本+利子」を毎月返済していく

・・・だけのことです。

この手なら、金利分はちょっと損をした気になりますが、大きく損失を被むる心配もなく、万が一に失敗したとしても自己資金から返済をすれば良いので実質的に「金利分」だけの損害に抑えることが保証されています。

決して自己破産のような酷いことにはなりません。これは一般企業の経営者がよく使う手です。

企業経営者は、自己資金がたとえあるとしても、あえて「銀行から借金をすること+その借金を返済すること」で銀行に信用をつくり、規模拡大の手がかりにしていこうと図っています。

しかも、金利は経費で計上できますから、一種の節税効果にもつながります。

・・・・・・・・・・・

借金をして投資を考えたときに心配なのは、借金返済のリスクというよりも「投資が失敗してお金を回収できないリスク」です。

自己資金で投資をしようが、借金で投資をしようが、このリスクに変わりはありません。

それを理解したうえで、借金をして投資をする人がいつの時代にも多くいるのは=銀行借入の効能を理解しているからだ・・・と悟ることが大切です。

「時間を買える/短縮できる」ことが背景にあります。

⇒ 自己資金だけで多額の投資しようとしたら、その資金を蓄えるまでの時間が必要です。

でも、それを待っていたら競合他社(他者)に先を越されます。

借金をして(=資金調達をして)行えば、お金が蓄えられるまでの時間を待つことなく投資に踏み切ることができます。

競合他社に先立って収益を上げ、生産性アップに寄与する投資をすることは、結局「その自己資金を蓄えるのに要する時間を借金で買えた」ことになります。

借金をして投資をすることは、借金をしないで投資をすることに比べれば安全度は低くなるのは否めませんが、その代わりに収益をあげる早さがアップします。

早さがアップすることは時と場合によっては安全度を高めることにつながる・・・と理解するのが良いと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2019-10-15

    相場が下がって安くなったときに買って損をした人はいない?!

    株の売買で儲けるなら、基本は「安く買って高く売る」です。 問題は、いつ、いくらなら、「安い…
  2. 2020-6-20

    【重要】自分で老後の生活資金を確保しなければいけない時代

    これまで政府が「安心、安心」と言ってきた公的年金制度は、まあ崩壊することが仮にないとしても、老後の生…
  3. 2018-1-22

    「最初の1か月は1%の高利息が付きます」の意味

    今の時代は銀行の普通預金に預けても利息が0.001%程度・・・、定期預金に預けても大手銀行で0.01…
  4. 2019-3-3

    お客さまと接する社員は末端社員ではない

    どんな会社・お店でも、現場の最先端でお客さまに直接サービスを提供しているのは、会社のトップ(社長)で…
  5. 2019-4-3

    学生は「点数」で評価され、社会人は「実力」で評価される

    学生の頃は、勉強したことが「点数」をつけられることで評価になりました。 点数で評価されるこ…
  6. 2017-8-21

    昨日まではうまくいっても、今日はうまくいかないこともあります

    「昨日までの成功方法が今日からの失敗方法に変わることもある」・・・と思います。 なぜなら、時代…
  7. 2017-1-20

    トランプ大統領誕生で「強いアメリカ」は復活するのか?

    今日(2017年1月20日)にアメリカの新大統領に就任予定のドナルド・トランプ氏ですが、前評判はかな…
  8. 2018-1-8

    お金持ちより「お金力・持ち」を目指そう!

    お金はないよりあったほうがいい・・・とよく言われます。 確かにそのとおりだと思います。 …
  9. 2016-11-25

    資産が生み出すお金で生活をする、という発想

    お金に色はついていない・・・とよく言われます。 サラリーマンが会社からもらう給料というお金も、…
  10. 2022-10-13

    家族一人当たり月20万円の家賃収入で経済的自由を・・・

    毎月毎月、家賃収入が20万円入ってくるとしたらどんな気持ちになるでしょうか? …

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る