今までと同じ〇〇では達成できないレベルの目標を立てることが大事

2月も半ばを過ぎ、そろそろ今年の目標を忘れてしまっている人も多いかもしれません。

 

人は忘れる動物であり、たった1か月ちょっとで自分が立てた目標を忘れてしまうのですから、ホントに人はいい加減な生き方をしていると言えるかもしれません。

 

少し早いかもしれませんが、昨年度の確定申告を終え、今年の事業計画を再検討している個人事業主の人もちらほら出始めている時期です。

 

また、4月以降の新年度の事業計画を立てる経営者/リーダーの人であれば、コロナ禍でさんざん打ちのめされた業界の人も含めて、ここらで奮起してこれからの巻き返しを図る手立てを講じておくことも必要だと言えます。

 

・・・・・・・・

新年度の事業計画をつくるときは、次の3つの条件を意識すると良いと思います。

1.今までと同じやり方では達成できない目標

2.今までと同じ考え方では達成できない目標

3.今までと同じ人では達成できない目標

 

すなわち「今までと同じ〇〇では達成できないレベルの目標」・・・という認識を意図的に持たせるわけです。

 

そして、この〇〇には自分で工夫してさらに別の言葉を入れてみるのも手です。

 

いずれにしても言えるのは、これまでどおり(現状維持のまま)では到底達成できないような過酷な試練の道を自分(もしくは自分の組織)に課し、現状打破から明るい未来を引き寄せることを狙うと道が拓けます。

 

企業経営者/リーダーであれば、特に「3.これまでと同じ人・・・」という「人」レベルをキチンと考えて考証しておくことは大事です。

 

今いる(現存する)社員・部下では到底達成できないような目標設定をするわけですが、さらに言うとここでの解決方法は2つしかありません。

 

一つは、今いる社員に異動してもらって(あるいは辞めてもらって)別の社員を雇い入れる。

組織の変化についていけない社員を排除するのはお互いさまなことでもあります。

 

もう一つは、今いる社員に変わってもらうことです。

社員自らが変化し、自分自身を変えてもらうことで組織に順応するよう求めるわけで、ある意味ではそのための研修・教育に時間とお金を費やす覚悟をリーダー自身も持つ必要があります。

 

現実的にはこちらの方策が適切です。

 

コロナ禍以前の社会であればここまでの強硬策は必要なかったかもしれませんが、昨年と今年の2年にわたって時代がコロナ禍に巻き込まれている以上、組織の長にはそれなりの決断が求められます。

 

その決断の一つが、事業年度のスタートにあたっての「目標設定」にあると思いますし、組織体に限らず個々人のレベルにおいても同様の奮起が大切です。

 

2022年が始まって、2か月弱が過ぎようとしてしている今、改めて今年・事業年度の目標を見直して、「今までと同じ〇〇では達成できないレベルの目標を立てる」ということに着目してみると良いと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-10-2

    就労収入から権利収入へ

    収入には大きく分けて2通りあります。 1つは自分の身体を労働させてお金を得るという「就労収入」…
  2. 2018-10-10

    住宅ローンと団体信用生命保険と不動産投資の使い方

    「30代の子ども有りの夫婦」が住宅ローンを組んで自宅を購入する場合、一般的に多いパターンとしてはこう…
  3. 2019-7-9

    「危ないこと」と「怖いこと」と「勇気」

    「投資」は危ない・・・怖い・・・と言う人がいます。 年齢にもよりますが、「危ないことには近…
  4. 2016-12-30

    重要なことには「長期」かつ「面倒」なものが多い

    人間にとって最重要なことは、「健康的に永く生きる」だと思います。 ところが、永く生きるには何か…
  5. 2018-8-3

    トイレのハンドドライヤーとビジネスチャンス

    最近思うのは、どこのトイレに行っても紙タオルを置いているところは減ってきていて、むしろハンドドライヤ…
  6. 2017-10-1

    【必読】恐怖を軽減させる手法とは?

    人は恐怖を感じると、身が縮こまって動きが取れなくなります。 主な原因は脳が一時停止してしまい、…
  7. 2019-6-20

    定年退職時5000万円の持ち金の行方

    仮に、サラリーマンが65歳で定年退職をするときに、それまでコツコツと貯めてきたお金が3000万円+退…
  8. 2017-6-7

    率を改善するのか?数を改善するのか?

    学校で、クラス対抗で「女子生徒の宿題提出率」コンテストをしたとします。 ところが、あるクラスの…
  9. 2017-9-24

    人に教えるときに大切にすべき3つのセット内容とは?

    スポーツでも勉強でも仕事でも、指導者や先生や先輩などが教えるときは、「○○をしなさい」・・・といった…
  10. 2016-12-14

    【必読!】不動産投資で気をつけるべき「3つのポイント」とは

    マンションを買って家賃収入を得よう!・・・と最近は、本当にいろいろなところで取り上げられるようになっ…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る