起業には「独立」して行なうものと「独立しないで」行なうものがあります

「副業」と言えば、対する概念として「本業」があるので、「副業≠会社を退職すること」だと誰でも理解できます。

一方、「起業」と言われるとそれは「独立」という概念と結びつきやすいために、「=会社を辞めること」だと思い込んでいる人は多いかもしれません。

でも、起業にも2とおりあって、「独立して起業」と「独立しないで企業」です。

後者は結局「副業」と同じです。

・・・・・・・・・・

サラリーマンが、いきなり「独立起業」をするのには相当な勇気と決断力が必要です。

だから、まずは「独立しない起業」を目指すほうがリスクは少なくて済みます。

会社を退職する・辞めると、その日からいきなりの収入ゼロとなります。

会社を退職せずに起業をすれば、当面はリスクを最低限に抑えることができます。

そうやって、副収入を無事に確保することに目途が立ったなら、「独立起業」に向けて準備を進めると良いと思います。

最終的には「会社に依存しない自立した生き方」を実現することが大事ですが、物事にはステップというか順番というか、推奨プロセスというものがありますので、それに倣って進むのが良いと思います。

また、多くの会社では、逆説的な言い方ですが「副業として起業できそうもない社員」よりも「副業として起業できそうな=自立能力の高い社員」を今後ますます求めるようになっていくと思います。

ちょっとジレンマに苛まされるところですが、極論を言えばダメ社員を10人雇うよりもデキる社員を1人雇ったほうが会社にとっても有効(有利)だ・・・ということです。

副業解禁時代に突入し、企業側も「自力で稼げるスキル」を持つ人材を求め始め、その傾向が強くなると、やがては「やりたい人がやる副業から、やらざるを得ない副業」に時代の様相が変わっていくかもしれません。

そうすると、世の中は本当に「総副業時代」となります。

まあ、まだすぐにはならないと思いますが、時代を先読みする人はそうした読みで、時代の一歩先(半歩先)を歩んでいると思います。

準備は早いほどラクですし、余裕をもって行なうことができますから、もし「起業」を目指しているのなら、早い段階で自分の力を高めて行くことが大事だと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目のお勧め記事!

  1. 2021-5-6

    トップを維持する大変さ/途中からしんどくなる

    以前、イチローが引退の記者会見で 「プロに入って最初の2年くらいは1軍に行ったり来たりでその頃…
  2. 2017-11-29

    【推移公開】最初に収益不動産を購入してから7年経ちました

    不動産投資を最近始められた人はこれからがたいへん楽しみだと思いますが、一応「投資」である以上リスクも…
  3. 2019-7-19

    お金を生み出す仕事をしよう!

    「自分でがんばって稼いだお金」・・・という表現をとても頻繁に使う人は、もしかすると、お金を稼ぐには一…
  4. 2018-7-16

    レバレッジを使いこなせる人間になろう!

    初めは人類よりも魚類のほうが海の中にたくさん潜ったり泳いだりすることができました。でも、今では潜水艇…
  5. 2018-6-4

    わかりやすい説明・報告をするときの留意点2つ

    「人にわかりやすく説明する能力」は、上司であれ、部下であれ、すべての企業人に求められます。 ま…
  6. 2016-12-17

    【財資産の重要性】会社を辞めたら収入はどうなりますか?

    サラリーマンは、今はちゃんと勤務先があって、会社へ行けば仕事があって、毎月決まった日に給料が入ってき…
  7. 2018-2-27

    営業で売り込まれることを人は望まない

    下手くそな営業手法は「売らんがために自分勝手で、都合の良いことだけを喋りまくる」ようなやり方です。 …
  8. 2017-11-17

    人生を変えたければ「○○○」が有効です

    今に満足していますか? もし満足できていなくて、自分でも何かを変えなければいけない・・・と思い…
  9. 2018-3-8

    【重要】貯金を「必要経費」と思い込む

    貯金ができない人には共通点があります。 それは、「給料が入ってもそこからすぐに貯金分を取り分け…
  10. 2018-11-12

    【成功法則】「ビジネスの成功者」はリスクを背負って昇ってきた

    たとえば一つの商品で原価を1万円、販売価格が2万円だとすると、差額の1万円が儲け(利益)となります。…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る