起業には「独立」して行なうものと「独立しないで」行なうものがあります

「副業」と言えば、対する概念として「本業」があるので、「副業≠会社を退職すること」だと誰でも理解できます。

一方、「起業」と言われるとそれは「独立」という概念と結びつきやすいために、「=会社を辞めること」だと思い込んでいる人は多いかもしれません。

でも、起業にも2とおりあって、「独立して起業」と「独立しないで企業」です。

後者は結局「副業」と同じです。

・・・・・・・・・・

サラリーマンが、いきなり「独立起業」をするのには相当な勇気と決断力が必要です。

だから、まずは「独立しない起業」を目指すほうがリスクは少なくて済みます。

会社を退職する・辞めると、その日からいきなりの収入ゼロとなります。

会社を退職せずに起業をすれば、当面はリスクを最低限に抑えることができます。

そうやって、副収入を無事に確保することに目途が立ったなら、「独立起業」に向けて準備を進めると良いと思います。

最終的には「会社に依存しない自立した生き方」を実現することが大事ですが、物事にはステップというか順番というか、推奨プロセスというものがありますので、それに倣って進むのが良いと思います。

また、多くの会社では、逆説的な言い方ですが「副業として起業できそうもない社員」よりも「副業として起業できそうな=自立能力の高い社員」を今後ますます求めるようになっていくと思います。

ちょっとジレンマに苛まされるところですが、極論を言えばダメ社員を10人雇うよりもデキる社員を1人雇ったほうが会社にとっても有効(有利)だ・・・ということです。

副業解禁時代に突入し、企業側も「自力で稼げるスキル」を持つ人材を求め始め、その傾向が強くなると、やがては「やりたい人がやる副業から、やらざるを得ない副業」に時代の様相が変わっていくかもしれません。

そうすると、世の中は本当に「総副業時代」となります。

まあ、まだすぐにはならないと思いますが、時代を先読みする人はそうした読みで、時代の一歩先(半歩先)を歩んでいると思います。

準備は早いほどラクですし、余裕をもって行なうことができますから、もし「起業」を目指しているのなら、早い段階で自分の力を高めて行くことが大事だと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目のお勧め記事!

  1. 2018-1-18

    「5W2H」が「6:1」に分かれる理由とは?

    ビジネスでは「5W2H」を意識することが大切です。 When  いつ? Where  ど…
  2. 2017-4-6

    仕事の受注で他社に負けないための3つのポイント

    ビジネスでは、業務委託を受けることで売上を増やせるケースがあります。 自社が委託を受ける場合は…
  3. 2020-11-5

    【営業パーソン】キャクラクター営業は早く卒業すべし!

    営業の世界には「キャラクター営業」という言葉があります。 営業マンが商品の…
  4. 2017-1-27

    毎月1万円を積み立てていくと・・・

    「毎月少しずつお金を貯めていきなさい。そうすれば年末にはビックリするでしょう・・・・・・あまりの少な…
  5. 2017-12-3

    【不動産投資】フルローン、オーバーローンとは?

    不動産投資でよく出てくる言葉の一つに「フルローン」とか「オーバーローン」という言葉があります。 …
  6. 2020-1-3

    お金の使い道は大きく3つ/投資のススメ

    子どもの頃、「お年玉は貯金しなさい」と親に言われた人は多いと思います。 私もそうでした。 …
  7. 2017-2-17

    投資の一歩を踏み出しましょう!

    学校では「お金の授業」がありませんから、お金について学ぶのはみんな自分次第ですし、いわゆる独学中心に…
  8. 2020-6-6

    10万円の給付金/100万円の融資金

    「借りた」お金であれば、当然「返す」必要がありますから、将来の返済のことを頭の片隅に置いたうえで借り…
  9. 2017-6-18

    砂糖を入れたハズなのにコーヒーが甘くない・・・とき

    私はコーヒーが好きで、毎朝コーヒーを飲まないと、その日の調子が悪くなってしまう・・・と自分で勝手に妄…
  10. 2017-6-6

    サラリーマンと自営業者の課税上の違い

    サラリーマンは自ずと「コストアフター」の概念が当たり前になります。 コストアフター・・・とは、…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る