責任を取って辞める・・・?!

テレビの謝罪会見などでは、ある組織体で不祥事が起きた際にトップが「責任をとって辞めます」・・・といった発言をしているのをよく見かけます。

中にはふてぶてしく「今の職務をまっとうすることが私が責任を取ることになる・・・」などと言って、自分の職位や権限にしがみついて放そうとしないみっともない輩もいます。

いずれにしても、そういう人たちを見ていて思うのは「あー、この人は(本当は)責任を取るつもりなんてないな・・・」ということです。

・・・・・・・・・・

マスコミ(記者など)は、最終的に「辞める/辞職する」ことが責任の追及であるかのように押し問答をしたりします。

いつも疑問に思っていたことなのですが、果たして「責任をとる」ことは「辞めること」なのか???

それは違うのではないか・・・と思いながら私は現役時代にリーダー職を務めてきました。

幸い、私自身が何か重い責任を負わされてテレビやマスコミの前で謝罪会見を行なうことはありませんでした(←これは本当にありがたいことだと思っています)が、「辞めるのはその職位にいる資格がない/その職務を全うする能力がない」からであって、責任云々(うんぬん)とは無関係のような気がします。

「責任をとる」とは、そこで起きた問題をすぐさま解決し、関係者がみんなハッピーになれるようにすること……だと思います。

ところが、たいていの場合はそれができないため問題が大きくなり、結局謝罪会見にまで発展しているわけです。

そうであれば、むしろ「その職位に相応しくない自分であるにもかかわらず、これまでその職位での給料・報酬を得てきたので、お詫びとしてそれを返納します」・・・といったほうが当たりのような気がします。

そして、「責任をとって辞める」ではなく、「責任はとれないのでお詫びとして報酬を返します」、そして「この職位に居座る資質、資格がないことがわかったので自らの意志で辞めます」と言うほうが筋が通っているような気がします。

本当の意味で「責任をとる=責任を負わされる」のは、今後、その組織体に残って残務整理を行なう人たちだと思います。

「責任をとる」とは何ともカッコいい言葉ですが、具体的に何をどうするのが「責任をとる」ことなのか?を経営リーダーは今一度よくよく吟味し再考したうえで社内文化の一つとして根付かせることが大切だと思います。

 

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-2-1

    私が定期的に歯医者に通っている理由

    一昨年くらいから、私は定期的に歯医者に通っています。別に虫歯があるわけでも何でもなく、いたって正常で…
  2. 2017-11-27

    現在の出来事をポジティブにとらえよう!

    昔のイヤな出来事や辛かった時代のことをふと思い出して、「今から思えば、あのおかげで今の自分があるのか…
  3. 2017-11-11

    なぜ基本が大切と言われるのか?

    基本とは「その物事において誰でも当然にできなければいけない基礎」のことです。 基本ができていな…
  4. 2018-6-4

    わかりやすい説明・報告をするときの留意点2つ

    「人にわかりやすく説明する能力」は、上司であれ、部下であれ、すべての企業人に求められます。 ま…
  5. 2019-4-6

    企業も人も「長期目線」を持ち「利益を蓄積する姿勢」が大切です

    中途採用社員の中には、入社早々野心丸出しで、会社を自分の手で変えようと意気込む人がいます。 中…
  6. 2017-6-25

    利己主義の人の発想にはついていけませんね

    利己主義の人は、「自分さえ良ければいい」という発想をします。 他人のことを何も考えないのは一見…
  7. 2017-2-17

    投資の一歩を踏み出しましょう!

    学校では「お金の授業」がありませんから、お金について学ぶのはみんな自分次第ですし、いわゆる独学中心に…
  8. 2019-7-22

    ローマ帝国が永らえたわけ/フォードの勝利

    ローマのカエサルは借金王とも呼ばれたそうです。 カエサルは、「借金が少額のうちは貸した者が…
  9. 2017-4-22

    仕事を効率よく行うコツとは?

    あと1週間くらいでゴールデンウイークですね。 溜まっている仕事を片づけなければいけない・・・ゴ…
  10. 2018-10-10

    住宅ローンと団体信用生命保険と不動産投資の使い方

    「30代の子ども有りの夫婦」が住宅ローンを組んで自宅を購入する場合、一般的に多いパターンとしてはこう…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る