陶片追放という制度を復活させたら?

古代アテネの政治システムには「陶片追放」というものがあったそうです。

 

これはどんなものか?というと、追放したいと思う人の名を陶片に書いて投票できる制度だったようです。

 

実際、アテネ市民が「陶片追放」によって現職のリーダーを市外に追放するようなことがあったと。

 

言わば「独裁者の誕生/鎮座を防ぐための自浄システム」だったわけで、市民の過半数が認めればその人をアテネから追放できたというのは非常に注目すべきことだと思います。

 

また、その追放は10年という期限が設けられていて、追放された人は期限が経てばいつでも戻ることができたそうです。

 

独裁者が独裁者たり得ないようにする意味でも、また一度過ちを犯したとしても時間をおいてその人をリセットするという意味でも、とても良い制度だったような気がします。

 

考えてみれば、どんなに評判の良い政治家といえども権力に胡坐をかき長期政権を続けていくと何かと独裁色が生じてくるものです。

 

周囲の忖度(そんたく)という余計な悪の芽が生じることもあります。

 

これは政権でも会社でも同じで、協会や財団、社団法人などすべての組織において言えます。

 

そうしたことを取り除く意味で、この古代アテネの政治システムは現代社会において参考になる点があるように思えます。

 

まあ、アテネではやがて国益を損なう追放も何度か発生したという弊害からこの制度は廃止されたそうですが、時代を経て改めてこの制度を検討・模索してみる世の中になったような気もします。

 

・・・・・・・・

「陶片追放」とはかなり違いますが、表面的には少し似ていた風習が日本にもあります(ありました)。

 

「村八分(むらはちぶ)」と呼ばれるものです。

かつて日本の村落に多くあった仕組みで、その村での従前からのしきたりを無視したりルールを破った村民に対しては他の村民が結束してその者と絶交する、というやり方です。

 

なぜ「八分」というのか?

 

これには諸説あるようですが、火事と葬式の2つだけはこれまでどおりに行なうけども、それ以外の残りの八分(成人式、結婚式、出産、病気の世話、新改築の手伝い、水害時の世話、年忌法要、旅行)は絶交したからそう言われるようになった・・・とか。

 

「陶片追放」と「村八分」・・・この考え方を応用すれば会社内における職場の不適格者を自浄できるかもしれません。

 

社員の過半数または部門社員の過半数がその「追放箱」に投票すれば、該当者の役職を剥奪することができる・・・というのはどうでしょうか。

 

剥奪期間は10年というのはちょっと厳しいので2~5年くらいが妥当かもしれません。

 

また、国家においてや国際的な機関においても、そうした制度を設けて特定の人物や国を期限付きで追放できるようにするのも一手だと思います。

 

温故知新です。

 

不適格な人物・国家については他者がキチンとそれなりに意思を表明する機会があること、そうやって罪と罰を与えることで一種の抑止力を働かせるようにする・・・というやり方は検討の余地があると思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-4-5

    「間違わない」ことより「間違いに気づく」ことが大切です

    人は誰だって間違うときがあります。 完全完璧な人間なんていません。 大事なのは「間違った…
  2. 2017-1-31

    文句を言いたげな社員を味方にする方法(ソクラテス式のマネジメント術)

    サラリーマンというのは自分勝手な生き物で、入社するときはさんざん美辞麗句を並べて、何とか採用してもら…
  3. 2019-2-24

    リタイア後に何年生きるつもりで、今を生きているか?

    医療技術の進歩によって、先進国では80年と思われていた人の一生が、今や100年はほぼ射程圏内になって…
  4. 2018-2-19

    何かに行き詰ったらやってみると良い方法

    人から教えてもらった方法ですが、自分が何かで落ち込んだり凹んだ気持ちになっていて、自信を取り戻したり…
  5. 2021-8-17

    大金を遺すこと(遺産)は必ずしも子のためにならない

    親としては自分の子どもにそれなりのお金を遺してやりたい・・・と少しは思うものです。  …
  6. 2019-10-15

    相場が下がって安くなったときに買って損をした人はいない?!

    株の売買で儲けるなら、基本は「安く買って高く売る」です。 問題は、いつ、いくらなら、「安い…
  7. 2017-4-14

    新規取引ではやはり過去の実績がモノを言います

    昔、私がまだ会社で仕事をしていた頃、ある会社の営業マンがやって来て「どうかうちの会社を使ってやってく…
  8. 2020-10-19

    人生で重要な1番と2番=健康とお金

    老若男女、生きていくうえでと重要なことの最大テーマは?・・・というと、 1.健康 2.お…
  9. 2017-1-20

    トランプ大統領誕生で「強いアメリカ」は復活するのか?

    今日(2017年1月20日)にアメリカの新大統領に就任予定のドナルド・トランプ氏ですが、前評判はかな…
  10. 2020-12-20

    使えばなくなる現金、お金を生み出す資産

    一般的に、公務員の給料日は毎月20日、民間サラリーマンの場合は25日や30日、中でも中小企業の場合は…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る