ビジネスモデルを作れる人/営業モデルを作れる人は希少です

江戸時代のある名僧の言葉に

「家を出て出家するのは難しいことではない。難しいのは、出家した後にその寺を出ることだ」

というのがあります。

この言葉をアレンジしてビジネスに置き換えると、
「事業を興し会社を起ち上げるのは難しいことではない。難しいのは、起業した後にその事業を軌道に乗せることだ/起業した事業の後に次の事業を興すことだ」

・・・といったことが言えそうです。

経営者や組織のリーダーはこの発想を忘れないことが大切だと思います。

サラリーマン社長であれば、会社が普通にまわり、自分の報酬(給料)をそれなりにもらえてさえいれば、それ以上のことはあまり考えようとしないかもしれません。

でも、それだとどこかでピンチを迎えてしまうのがビジネスの世界の常です。

だから、仮に軌道に乗っている事業があってもそこで満足せず、常に危機意識をもって次の事業のことを頭の隅に置いておくことが大事です。

今の事業に慣れてしまって改善することを忘れて放っておくと、きっとどこかで痛い目にあいます。

・・・・・・・・・

ビジネスモデルを作れる人/営業モデルを作れる人は希少ですから、そうした人材が入社してきたら大切に育てることが大事です。

リーダーは、「未経験の営業社員を1人雇う」前に、「誰でも売れるような仕組み(=良質なビジネスモデル)をつくる」ことを心掛けると良いと思います。

仕組みを考え実際に運用できる水準まで構築することが必要ですが、それは何も自分一人で行なうことはなく、社員の中で抜擢してやらせてみる・・・というのもアリです。

その人は正社員である必要はなく、コンサルタントでも臨時の社員でも構いません。

たとえ、その人に払う報酬額が高額になろうとも、ビジネスモデルや営業モデルがしっかりしていればあっという間に報酬以上のお金を回収できます。

経営者は孤独なものですが、企業組織に在籍しているすべての従業員やその家族の生活維持のために、日々その孤独と戦い、新たな挑戦姿勢をもってビジネス展開をしていく覚悟がリーダーや経営者には必要な姿勢だと思います。

澤井豊、連載!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://newofficesawai.com/

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-1-8

    連合の神津会長/頑張れば賃金上がるという常識

    2017年の春闘について「連合」の神津会長はNHKのインタビューで「頑張れば賃金が上がるという常識を…
  2. 2017-10-14

    年収ばかりを追い求めないで・・・

    人が幸せを感じる主な要因の一つに「お金(収入・貯金)の満足度」が挙げられます。 確かに、収入が…
  3. 2018-3-4

    「自信がある人」の共通点とは?

    自分に自信を持つことは、平常心を保てることにつながりますし、いろんな局面でその自信が良い方向へ物事を…
  4. 2017-1-10

    労働力不足→有効求人倍率上昇→技術革新

    仕事選びで極端なことを言うと、自分の希望する基準を下げれば世の中にそこそこの職(求人)はあります。 …
  5. 2017-5-27

    「トラック・ランナー」と「マラソン・ランナー」の違い

    陸上の走者には大きく2通りあります。 一つは競技場の中のトラックを円を描くように走るトラック・…
  6. 2018-5-9

    「アメとムチ」マネジメント→「アメとアメ無し」マネジメントへ

    人を働かす最も原始的なものは、もしかすると「ムチ」だったのかもしれません。 古代の奴隷たちが鞭…
  7. 2017-5-16

    権威を身に付けたかったら・・・

    権威というのは、形はないし、目にも見えません。 本当はあるのかどうかも分からないようなシロモノ…
  8. 2019-8-25

    不動産投資では「経営者」としての意識が必要→だから面白い!

    投資であれば、どんなことでもリスクが存在しています。 ここで言う「リスク」とは、本来は「不…
  9. 2019-8-13

    「○○には価値がある」と思っている人を見つけてその○○を売り込む

    経済的に自由に生きたければ、早く自立することが必要です。 そのためには「稼ぐ力」を身に付け…
  10. 2018-2-27

    サスケ!お前を斬る!光あるところに影がある・・・

    昔の忍者マンガに「サスケ」というのがあります。 テレビでは冒頭で「光あるところに影がある・・・…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る