営業力に乏しい人は起業すると苦労します

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。

サラリーマンの中には社内で上の立場になって高給取りになると「世間でも高給取りができる」と自分を過信・カン違いをしてしまう人がいます。

確かにそういう人もいますが、多くの人は「その会社内限定での高給取り」止まりです。

世間でも高給取りになるためには、それなりのスキル・・・とりわけ「営業力」が必要です。

この営業力には「マーケティング力や交渉力や販売力」を含みますが、会社内の営業部門に所属しているからといって必ずしもこの能力が高いとは限りません。

なぜなら、たいていの場合は仕組みが出来上がった状態の営業部にたまたま配属されて、その後社内で出世したに過ぎないからです。

ゼロから自分で営業部門を立ち上げて発展させたわけではないからです。

以上はあくまでも高給取りの話であって、「世間で別に高給取りでなくていい」と思うのであれば、ある程度のスキル・能力を持っていれば何とかなると思います。

・・・・・・・・・・・・

高偏差値の大学を卒業して大企業に勤務し、社内でも順調に出世して社会的な地位も名誉もある・・・という状態から、欲をかいて定年前に独立起業を夢見る人がいるかもしれません。

最後に一花咲かせよう!と一念発起する姿勢は立派ですが、でもその人に「営業力」がキチンと備わっていないとしたら独立後に痛い目に遭うと思います。

アドバイスとしては「独立しないで定年まで会社にしがみついたほうが良い」・・・です。

地位も名誉も現在の高給もいったんリセットして自営業者(たとえ形式上は株式会社の代表取締役であっても)の道に足を踏み入れる勇気には感服します。

でも、サラリーマンのように黙っていても毎月会社から安定的に給料が振り込まれるのと、独立して自分で稼がないと1円も収入が入ってこないのとでは雲泥の差があります。

最初からうまくいかないのは覚悟のうえ・・・とは言うものの、その後もずっと失敗を繰り返し、やがて何をどうすれば良いのかわからなくなって身動きが取れなくなり、あるのは毎月貯金を切り崩すばかり・・・だと、結局最終的には社会的に何者でもなくなって終わりになります。

予想されるのは、家族からの冷たい視線と冷酷な言葉「だから、独立するのに反対だったのよ!」・・・です。

預金通帳の残高が毎月目に見えて減っていくのと同時にそれまであった多くのモノを喪失することになるのはきっとかなり辛いハズです。

その喪失感は半端ないレベルだと思います。

だから、定年少し前に会社を退職して独立起業をするという選択肢を取る際にはよくよく自分の力量を考えたうえで実行する必要があると思います。

少なくとも、それなりの営業力を有していない人がそれをやるとほぼ失敗するという意識が必要です。

逆に言うと、

1.定年少し前ではなくもっと早く独立する

2.営業力を身につけ高める努力をしておく

という状態からの退職・独立であればうまくいく可能性はグッ!と高くなります。

サラリーマンとして働かせてもらっているうちに副業として「何らかのビジネスモデルを構築しておく」という意識を持つとさらにベターです。

いわゆる「二足のわらじ」状態で確実に稼げるようになっておくと精神的にかなりラクなハズですし、家族の心配や不安も解消できます。

「二足のわらじ」生活は大変だと思いますが、それは将来のための「産みの苦しみ」だと思って耐えるところです。

営業力に乏しい状態で調子に乗っていきなり外の世界に飛び出すことのないよう、特に高給取りで高年齢のサラリーマンは気をつけたほうが良いですね。

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。
澤井豊、連載!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://newofficesawai.com/

Twitter

Facebookページ

関連記事

投稿カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

注目のお勧め記事!

  1. 2019-4-3

    学生は「点数」で評価され、社会人は「実力」で評価される

    学生の頃は、勉強したことが「点数」をつけられることで評価になりました。 点数で評価されるこ…
  2. 2018-2-27

    サスケ!お前を斬る!光あるところに影がある・・・

    昔の忍者マンガに「サスケ」というのがあります。 テレビでは冒頭で「光あるところに影がある・・・…
  3. 2019-6-24

    経営者/リーダー/マネージャーの違い

    経営者もリーダーも時には同じ意味で用いられることが多いですが、会社組織の中で、あえてそれを分けて考え…
  4. 2017-4-20

    テーマの逆の真理を突くことで、そのテーマが活きてきます

    以前の週刊少年ジャンプは「ジャンプ3大原則」とも呼ばれる「友情・努力・勝利」のいずれかをテーマにマン…
  5. 2018-5-23

    「強制貯金をすること」の隠された意義とは?

    投資をするには、軍資金として500万円とか1000万円といった元金が無いよりもあったほうがベターです…
  6. 2020-4-25

    環境の変化に対応しなければ生き残れない

    かつてダーウィンが『進化論』で説いたこと =「生き残るのは強いものでも優秀なものでもなく変化に…
  7. 2018-2-8

    先読み力・想像力を鍛えよう

    こうすればこうなる・・・こうしなければああなる・・・という「未来をある程度先読みする力」はとても重要…
  8. 2020-10-11

    【重要】不動産投資で「自宅の近くで物件探し」はNG?

    本業にほとんど負担をかけずに自分の収入を増やすことができるのが「投資」です。 そして、その代表…
  9. 2016-12-14

    【必読!】不動産投資で気をつけるべき「3つのポイント」とは

    マンションを買って家賃収入を得よう!・・・と最近は、本当にいろいろなところで取り上げられるようになっ…
  10. 2020-3-25

    【2020年3月株式暴落状態】株価暴落時の株の買い方

    3月の株式市場では上場している株式がほぼ全面安・暴落状態となり、ほんの1ヶ月前と比べると2割~3割ほ…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る