てるみくらぶ倒産に思うサラリーマンの選択・・・

会社でクビになるサラリーマンの多くは実際に「クビ宣告」がされるまで、自分の生活が常時不安定に晒されていた・・・という重大な事実に気づいていなかった・・・と思います。

入社直後まではやる気がたくさんあったのに、いつしか惰性で通勤するようになって、何となく毎日出社するだけ・・・という中で、定年までずっと安定した生活を過ごせると信じて疑わなかったと思います。

別にクビ(解雇)に限りません。

ある日突然に自分の勤めてる会社が倒産した!!・・・なんてことも現実にはあり得ます。

直近では旅行会社の「てるみくらぶ」など、従業員は突然働く場を失ったことに愕然としているでしょうし(それ以上にお客さまが愕然としていると思いますが)、1兆円以上の損失を出した東芝の従業員も恐々としているかもしれません。

サラリーマンが信じている「未来永劫続くだろうと信じていた自分の安定した生活」は、何かのきっかけでいきなり吹き飛んでしまうものです。

極端なことを言えば、人事権を持っている自分の上司が変われば、それまでの安泰がいきなり反転して即座に吹っ飛ぶ恐れだってあります。

サラリーマンが会社に依存している体質のままでいる限り、こうした原則はずっと続きます。

早く自立して、サラリーマンからビジネスマンに変貌することが大切です。

自分で稼ぐ力をしっかり持っていたり、お金が入ってくる仕組みを持っていたりすれば、会社が自分を放す(リストラ)のではなく、自分が会社を放す(退職・・・)という選択と決断をすることができます。

両者の結果は同じですが、プロセスが反対です。

そして、プロセスが違うと得られる感情も異なります。

大事なのは、「自分の人生は自分でコントロールする」ことであって、決して「他人に自分の人生の舵を握らせてはいけない」ということです。

気に入らない上司にゴマをすってまで職場にしがみつくことは、サラリーマンには必要不可欠だ・・・と自分に言い聞かせる人もいるかもしれませんが、それは一種の欺瞞だと思います。

誰だってイヤなものはイヤ!・・・であり、イヤな上司はイヤなものです。

サラリーマンとして、今の会社に雇われる選択肢しか知らない・・・というのはある意味では不幸なことだと思います。

もっと違う選択肢・・・もっと違う世界が世の中にはあり、もっと次元の異なる未来が自分の人生にはあり得る!・・・ということに気づくことは、とても重要なことだと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-1-2

    【重要】自分の進むべき方向を探る10の質問【謹賀新年】

    2017年のスタートに当たってこんな問いかけを用意しました。 これらの質問に具体的に答えること…
  2. 2017-1-13

    日米間の10年国債金利に2%の差があると・・・

    世界を股にかけてお金の運用をしている、いわゆる「機関投資家」と呼ばれる大手投資家は、その運用の一つに…
  3. 2018-7-27

    【自己診断付き】歳をとったら「フレイル」に要注意!

    元気な人も歳を取り、いつか元気でなくなっていきます。 残念ですが、人間である以上仕方のないこと…
  4. 2018-8-9

    給与明細書をしっかり見たことがありますか?

    サラリーマンの給料は今では「銀行振り込み」が一般的で、本人は給料日に「給与明細書」を上司から受け取る…
  5. 2016-11-25

    資産が生み出すお金で生活をする、という発想

    お金に色はついていない・・・とよく言われます。 サラリーマンが会社からもらう給料というお金も、…
  6. 2018-6-7

    お金持ちが政権安定を望むわけとは?

    先日のニュースで、あるアンケート調査によると「富裕層ほど現政権の維持を望む声が多くなっている」・・・…
  7. 2018-1-12

    【幸運を得る方法】分かち合う→これってやっぱり大事です!

    お金が儲かる話や、時間やお金を節約できる話や、ビジネスに関連する出会いがありそうな場所や、美味しいレ…
  8. 2018-2-27

    サスケ!お前を斬る!光あるところに影がある・・・

    昔の忍者マンガに「サスケ」というのがあります。 テレビでは冒頭で「光あるところに影がある・・・…
  9. 2018-1-21

    生命保険を使って相続税を安くする方法

    「相続税を節税するため」の生命保険商品があるそうです。 相続税は、一定の資産を持つ人が死亡した…
  10. 2019-10-15

    相場が下がって安くなったときに買って損をした人はいない?!

    株の売買で儲けるなら、基本は「安く買って高く売る」です。 問題は、いつ、いくらなら、「安い…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る