成功者が自分の成功の秘訣を「売る」わけ

多くの人は、「自分の成功」や「お金持ちになること」や「異性にモテること」などに、関心を持っています。

つまり、自分も成功者になりたい、お金持ちになりたい、異性にモテたい・・・といった感情を少なからず持っているということです。

そして、実際、すでにそうなっている人の意見や考え方を参考にして、もしも自分も同じ道を歩めるものなら歩んでみたい・・・とも思っています。

だから、そうしたことをウリにした宣伝文句の「本・雑誌・セミナー」などは人気があります。

販売業者たちの一つのパターンはこうです。

1.最初自分はダメな人間だった

2.でもこうしたら、こんなにうまくいった

3.みんなもこれを見習うときっとうまくいく

また、こういうパターンもあります。

1.自分は普通の人間だった

2.こんな大失敗をして人生のドン底に落ちた

3.でも、こうやってそこから脱出して

4.今ではこんなに大成功を収めた

5.みんなもこうすれば(どん底に落ちた自分にもできたのだから、どん族に落ちていないみんなは)きっともっとうまくいくハズだ

言えるのは「売る」ために、最初から自分は恵まれていた・・・とか、家がそもそもお金持ちでそれを受け継げばよかっただけ・・・だとは決して言わない、ということです。

むしろ、誰にでも再現できるように見せかけるために、「ひどい状態(マイナスの状態)からこうやって這い上がって成功した(プラスの状態になった・・・」というパターンが必ず盛り込まれています。

まあ、そうした過去のプロセスが本当であれば、表面的には立派だと思います。

でも、それが「商材を売らんがため」につくられたプロセスであれば、タダの偽善です。

私が常々不思議なのは、富と財を手に入れて経済的には何不自由ないハズの人たちが、どうしてそうした立派なことを有料で、しかもかなり高額なお金を徴収してやろうとするのか???ということです。

→ 合理的な説明があるとすればこうです。

1.それらがウソだからお金儲けをしたい

2.経済的に自由になるほどの域には達しておらず、つまり経済的に不自由だからここでお金儲けをしたいと思っている

どれも、ちょっと考えたくないような残念な答えになりますので、そうは考えたくありませんが、でも、それ以外に合理的な理由が見つかりません。

まあ、人は経済的に不合理な行動をするものですから、必ずしも合理的である必要はないのかもしれませんが、でも、私は上記のような観点から、いわゆる「経済的な成功者」でありながらさらに「直截的にお金を稼ごうとしている人」には近づかないようにしています。

ここで言う「直截的にお金を稼ごうとしている人」というのは、つまりは、その成功の秘訣を売ってお金儲けを企んでいることを言います。

その他のビジネスを展開している人のことを指すわけではありません。

成功者が自分の成功の秘訣を「売る」わけというのは、要は「売らないと生計を立てられないから」であり、一時的にある程度の成功はしたかもしれないけど、未だ経済的には不自由な生活をしていることの証左であることが多い・・・と理解しています。

そして、もちろんそれは咎められることではなく、人それぞれ自由に行なって良いことなので、やりたい人はどんどんやればいい・・・と思います。

ただし、私自身はそういう生き方はしたくないという哲学を持って生きてきましたし、これからも継続していきます。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-6-15

    努力という土台の上に「運」が舞い降りてくる

    秋元康さんが以前こんなことを言っていました。 僕は38年間、スターと呼ばれる人たちを見てきまし…
  2. 2017-10-26

    【上司必見】「できない…」と言う部下の真意とは?

    何か物事を「できる/できない」と言うとき、能力的にできることがわかっている場合は「できる」と言い切り…
  3. 2017-12-1

    達成感と充実感の違い

    目標を達成したときに得られるのが達成感ですが、同時にそのとき人は充実感も感じます。 充実感は幸…
  4. 2017-2-17

    投資の一歩を踏み出しましょう!

    学校では「お金の授業」がありませんから、お金について学ぶのはみんな自分次第ですし、いわゆる独学中心に…
  5. 2018-2-18

    お金の使い方の「癖」チェック

    そろそろ冬物の洋服がバーゲンセールを迎える時期です。 こんな時は以前から欲しかったものを買うチ…
  6. 2017-6-2

    真剣と深刻の違い/真剣に考えると○○が出ます

    「真剣に考える」と「深刻に考える」とは意味合いが異なります。 人は未来に目を向けて肯定的に可能…
  7. 2018-7-8

    「お金」は本当に存在しているのか?

    ちょっと極端な例ですが、国民全員がある日急に自分がお金を預けている銀行に行ってその預金額のすべてを引…
  8. 2018-6-3

    日大の教職員組合の要求/ピラミッド構造

    悪質タックル問題で揺れる日本大学ですが、日大教職員組合は5月31日に、内田前監督の常務理事などを含む…
  9. 2020-6-20

    【重要】自分で老後の生活資金を確保しなければいけない時代

    これまで政府が「安心、安心」と言ってきた公的年金制度は、まあ崩壊することが仮にないとしても、老後の生…
  10. 2017-11-27

    現在の出来事をポジティブにとらえよう!

    昔のイヤな出来事や辛かった時代のことをふと思い出して、「今から思えば、あのおかげで今の自分があるのか…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る