「脱・現金」の発想と「資産保有」のススメ

2019年も半年が過ぎ、元号も変わり、何だかあっという間に1年の半分が過ぎた・・・と感じる人も多いかもしれません。

「お金」についても、この6ヶ月で収入が増えた人/減った人・・・貯蓄が増えた人/減った人・・・資産運用で利益を出せた人/損失を出した人・・・などさまざまだと思います。

消費税増税前なので、なかにはマイホームを買うなど大きな支出の決断を早々にされた人もいらっしゃると思います。

一言で「お金」と言っても、お金の教養の8つの要素である「稼ぐ・貯める・増やす・使う・借りる・返す・納める・遺す」のそれぞれについて自分なりの哲学を持つことが大事だと思います。

従来のお金というのは「紙幣・硬貨」であり、「実際に手に取って目で見ることができるモノ」でしたが、昨今のお金というのは電子マネーに代表されるように「手に取ることができなく実物を見ることはできないけど記帳されることで数字として把握・確認することはできる」・・・というものに移行してきています。

「物質」としてのお金の扱い方ではなく、「数字」としてのお金の扱い方に頭を切り替えることが、今後ますます必要になる世の中です。

テクノロジーの進化によりお金がデジタル化して肌感覚では感じずらくなってきていますが、一方で生活面(支出面)ではどんどん効率化され便利?になっています。

その傾向は日本よりも世界のほうが早く、むしろ日本はかなり出遅れている感があります。

つまり、「お金のデジタル化がグローバルスタンダード」になってきているわけです。

そのため日本政府もこれまでの「黙って手を拱(こまね)いている姿勢」から転じて、今ではいくつもの支援策を打ち出して対策を講じています。

国内にキャッシュレス社会を急速に広げようと画策しているのがよくわかります。

お金のキャッシュレス化によって、私たちの生活に何らかの変化が生まれることは間違いありません。

サラリーマンの給与・賞与も電子マネーや仮想通貨で支給される時代がくるかもしれません。

現金を使う機会がどんどん減っていき、現金の代わりに使用できる暗号・記号・数字を駆使できるモバイルや電子機器を持たないと生活に不便が生じる・・・という時代がもうそこまできているような気がします。

さらなるキャッシュレスな生活に備えて「脱・現金の発想」を持つとともに、「資産保有」という概念も併せて持つことが大事だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2015-7-30

    1万円札の鳥はキジ?鳳凰?

    紙幣に描かれる動物は全8種類 お札には数字や文字や絵などいろんなことが描かれています。 …
  2. 2017-8-14

    稼ぐ力を持っている人は強いです

    ビジネスは「まず顧客ありき」ですが、併せて「営業力が必要」です。 すなわち「稼ぐ力」です。 …
  3. 2019-12-23

    将来の経済的不安を和らげるためにまずすべきこと

    将来の経済的な面(金銭面)において不安にならない人はいない・・・と思いますが、その不安を呼び寄せてい…
  4. 2018-6-3

    日大の教職員組合の要求/ピラミッド構造

    悪質タックル問題で揺れる日本大学ですが、日大教職員組合は5月31日に、内田前監督の常務理事などを含む…
  5. 2018-7-27

    【自己診断付き】歳をとったら「フレイル」に要注意!

    元気な人も歳を取り、いつか元気でなくなっていきます。 残念ですが、人間である以上仕方のないこと…
  6. 2017-4-6

    仕事の受注で他社に負けないための3つのポイント

    ビジネスでは、業務委託を受けることで売上を増やせるケースがあります。 自社が委託を受ける場合は…
  7. 2017-8-11

    節税目的の不動産投資はNGです

    税金にもいろんな種類があります。 身近に感じられるのは「消費税」ですが、社会人として働いている…
  8. 2019-8-13

    「○○には価値がある」と思っている人を見つけてその○○を売り込む

    経済的に自由に生きたければ、早く自立することが必要です。 そのためには「稼ぐ力」を身に付け…
  9. 2017-6-16

    リーダーが社員に与えるべき正しい負荷とは?

    作用があれば反作用があるように、負荷をかけるとその負荷に反発してある種の「力」が起きます。 筋…
  10. 2017-12-4

    未来を自分の手で創っていこう!

    未来は「変える」というよりも「創る」という表現のほうが正しいのかもしれません。 なぜなら、未来…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る