2023年は ”ゲーム・チェンジ” の年になるのか?

昨年2022年にはいろいろな「暗いニュース」がありました。

一例をあげるとこうです。

・ロシアによるウクライナ侵攻

・欧州エネルギー危機

・安倍元首相暗殺

・アメリカは40年ぶりのインフレ

・ドイツは過去最高のインフレ率

・中国は経済が大減速

・スリランカはデフォルト

・イギリスではエリザベス女王死去

・日本では約32年ぶりの円安水準を記録・・・・・・などです。

 

まあ、暗いとか明るいというのは人の主観/捉え方によるので、こうしたニュースを「暗い出来事」と受け取らなかった人もいるかと思います。

 

実はそうした切り替え/発想の転換姿勢はとても大切なことです。

 

どんな出来事/ニュースがあれ、それをどう捉えるかは人それぞれです。

 

出来事は一つ・とらえ方はさまざまですから、今年に起きるいろんな出来事も自分の心持次第で良いほうに捉えてポジティブシンキングで世間を渡っていくようにすると良いと思います。

 

・・・・・・・・・・

これまで当たり前だったことが、ある日突然当たり前ではないことになるのも世の常です。

 

為替なんてあっという間に逆の方向に動くことがありますし、株価だって昨日までストップ高だったものが翌日はストップ安に転じることだってあります。

 

そんな厳しい投資環境下においては生半可な気持ちで参加した初心者投機家は市場から退場を余儀なくされるかもしれません。

 

その結果、「やっぱり株は怖い/投資はキケンだ・・・」と思うと、もはやそれが固定概念となってしまいます。

投資の世界で勝ち残るには過去の実績を紐解き、そこから多くの学びを得ることも一つのポイントになります。

 

市場から退出することなく、いつまでも長く留まれるように歴史から学ぶ姿勢は忘れてはいけないと思います。

 

ある国なり地域で発生した大きな金融危機や経済危機は瞬く間に世界中に伝播・連鎖していきます。

 

たとえば、バブル経済の崩壊時は株価はただ闇雲に右肩下がりに落ちるのではなく、いったんドスン!と大きく落ち込んだ後に必ずリバウンドです少し戻す動きをします。

 

でも、そこが一つのワナになる局面です。

 

そこで安心していたらまたまたドンドン下がっていく・・・という大まかに言うとそうした3つのステージを踏みながら下落していくと言われています。

 

マーケットが崩壊し始めた・・・と気づいたとき、意識をサッサと切り替えて「下げ相場」に備えることが大事です。

 

私はこうした経験を何回もして、結局「休むも相場」という格言を実践することの大切さを知りました。

 

下落期間がかなり長期間にわたったのが1990年代以降のバブル崩壊の姿です。

 

同じことが起きるとはほとんど誰も考えていないようですが、歴史に学び、無知は罪の言葉をよく噛み締めることは大事だと思います。

 

「ゲーム・チェンジ」と呼ばれる一つの節目が来ているのかもしれません。

 

要注意・・・です。

 

2023年は ”ゲーム・チェンジ” の年になるのか?・・・年初から気をつけて見ていたいと思います。

 

澤井豊、連載!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://newofficesawai.com/

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-7-27

    【自己診断付き】歳をとったら「フレイル」に要注意!

    元気な人も歳を取り、いつか元気でなくなっていきます。 残念ですが、人間である以上仕方のないこと…
  2. 2018-5-29

    ケネディ一家に学ぶお金の話

    5月29日は、アメリカの元大統領ジョン・F・ケネディ氏が生まれた日です。 トランプ大統領が昨年…
  3. 2017-11-14

    【リーダーシップ】下の世代に受け継いでもらうこと/もらわないこと

    ハンムラビ法典にある「目には目を歯には歯を・・・」というのは、要はやられたらやり返せ!ということで、…
  4. 2018-4-9

    新入社員は「教わり上手」になろう!

    新入社員が入社して、早や一週間が経つ時期です。 新人さんたちはまだまだ仕事に不慣れなハズですが…
  5. 2021-3-31

    自宅用に購入した不動産を賃貸にまわす

    サラリーマンとして働く別々の2人がまったく同じ4000万円の家を購入したと仮定します。 &nb…
  6. 2020-12-20

    使えばなくなる現金、お金を生み出す資産

    一般的に、公務員の給料日は毎月20日、民間サラリーマンの場合は25日や30日、中でも中小企業の場合は…
  7. 2018-5-1

    【注意】三流社員で満足してはいけない

    新入社員は早く「一人前」になることを求められ、本人もそのつもりで働きます。 「一人前」とは「ひ…
  8. 2018-2-18

    お金の使い方の「癖」チェック

    そろそろ冬物の洋服がバーゲンセールを迎える時期です。 こんな時は以前から欲しかったものを買うチ…
  9. 2017-12-20

    仕事とプライベートの時間の違い

    仕事とプライベートの時間の過ごし方にはいくつもの違いがありますが、そのうちの一つがこうです。 …
  10. 2017-7-13

    【人生設計】サラリーマンこそ「投資」に踏み出そう!

    サラリーマンが自分の収入を増やそうと思ったら、残業をしたり休日出勤をしたりして自分の時間を犠牲にする…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る