新たな収入源を早く設けましょう!

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。

サラリーマンは毎月の給料が入り続けている限り、「家計の収入源」ということに関して特段考えることはないかもしれません。

入ってくる以上に散財さえしなければ普通に生きられます。

けれども、その収入源が万が一にも途絶えてしまったら=あるときいきなりプツンと切れてしまったら・・・、その先はどうするのか?

そんなことはあり得ない・・・と思うかもしれませんが、サラリーマンが会社を退職する日は必ず来ます。

それは就業規則に定められた「定年日」かもしれないし、いきなり会社からリストラ(解雇)された時かもしれないし、会社自体が倒産して無くなってしまうときかもしれないし、働きたくとも自分が大病・大けがをして働けなくなってしまったときかもしれないし、自分は健康だけど家族が大病・大けがでその看病・介護等のために会社を辞めざるをえなくなったとき・・・かもしれません。

そうなった途端に毎月の安定・安心の給与収入はピタリと止まってしまいます。

そこから先の生活は「貯金の取り崩し」に頼ることになります。

貯金がたくさんある人はまだ良いのですが、もしそうでないとしたら・・・。

だから、昔から「年収の1年分くらいの貯金は万が一のときのためにつくっておくように」と言われてきましたし、それが難しくても「少なくとも3か月は暮らせるだけの貯金を用意しておくように」と言われてきました。

なぜ3か月なのか?・・・と言うと、3か月あればその間に次の収入口を見つけられる可能性があるからです。

しかし、ここで大事なのは「今のご時世では3か月ではなかなか従前と同程度の収入口を確保することは難しくなってきている・・・」ということです。

それが今の時代の現実だと思います。

そうは言っても、人は「本当に困った状態にならない限り腰を動かそうはしない(=行動しない)生き物」ですから、今すぐに「別の収入口を見つけよう」と思い立つ人はいないかもしれません。

でも、多くの人がそうだからこそ、その逆の道を行く・・・人の裏の道を歩む・・・という生き方に妙味が出てきます。

そうした姿勢を持つ人には必ず「花の山」が訪れます。

そう思って行動を起こし、「他人は他人、自分は自分」という理解をして自分が幸福に生きられる道を選択することが大事だと思います。

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。
澤井豊、連載!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://newofficesawai.com/

Twitter

Facebookページ

関連記事

投稿カレンダー

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2022-11-1

    50代になれば今後の生き方を考えておくことも大切に・・・

    人生100年と考えれば、50代はちょうどその折り返し地点に立つ時期です。 …
  2. 2019-12-23

    将来の経済的不安を和らげるためにまずすべきこと

    将来の経済的な面(金銭面)において不安にならない人はいない・・・と思いますが、その不安を呼び寄せてい…
  3. 2019-6-25

    予備対応話法という販売テクニック

    営業では「対応話法」という概念を大切にすることが必要で、これができていないとなかなか売上を伸ばすこと…
  4. 2020-2-23

    お金の心配がないことで変わること

    経済的に自由な状態にあるということは、「多少のお金のことなら心配がない」というだけのことなのですが、…
  5. 2018-7-14

    『太陽の塔』と岡本太郎の言葉

    2025年に開催される万国博覧会の開催地がどこになるのか?が注目されています。 日本では、大阪…
  6. 2018-8-9

    給与明細書をしっかり見たことがありますか?

    サラリーマンの給料は今では「銀行振り込み」が一般的で、本人は給料日に「給与明細書」を上司から受け取る…
  7. 2019-9-14

    アメリカで注目される「FIRE(ファイア)」

    アメリカの若くて高報酬を得ている人に「あなたはFireになりたいですか」と聞けば、通じる人には通じる…
  8. 2019-3-27

    副業をするなら意識しておきたいキーワード3つ

    サラリーマンの中には、本業の仕事以外に「副業」として土・日などの休日に働こうとしている人も増えてきて…
  9. 2019-5-22

    リタイアするときまでに、その後の「主となる収入源」を確保しておく

    政府は「生涯現役」を掲げ、現状の公的年金の支給開始年齢を65歳から70歳に引き上げようと画策している…
  10. 2018-2-19

    何かに行き詰ったらやってみると良い方法

    人から教えてもらった方法ですが、自分が何かで落ち込んだり凹んだ気持ちになっていて、自信を取り戻したり…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る