住宅ローンの5年ルールと125%ルール

住宅ローンの支払いについては、多くの金融機関が「5年ルール/125%ルール」を設けています。

 

5年ルールとは、借入開始時または前回の見直し(変動金利の見直し時期)から向こう5年間は毎月の返済額を変えない、というものです。

 

→ つまり、金利が急激に変化しても見直してから5年間は従前措置が取られるということです。

 

125%ルールとは、その後の5年に一度行なわれる金利の見直し/変更があっても月々の返済額の増加は1.25倍が上限となる、というものです。

 

→ これも、金利の急激な上昇変化に対する回避の猶予を設けたものです。

 

ただしこのルールには落とし穴があって、急増しないのは「毎月の返済額」だけなので、支払利息が増加することは裏で着々と行なわれています。

 

つまり、毎月の返済額があまり変わらなくても、その内訳のうち利息の返済割合が増え、ひいては最終的な総支払額が激増している・・・ということです(でも、まあ、一種の救済措置であることには変わりません)。

 

・・・・・・・・

住宅ローンにはこうした一種の救済措置がありますが、当然のことながら(残念ながら)事業性ローンについてはそうした救済措置はありません。

 

だから、投資活動を銀行からの融資でまかなって行なっている経営者は要注意です。

 

金利が上昇しなければ何も気にする必要はありませんが、昨今の事情を鑑みればいずれどこかで(←まだ先の話です)金利上昇の舵取りが行なわれることを考慮しておく必要が高まってきています。

 

来年は日銀の黒田総裁の任期満了に伴う総裁交代のイベントも控えています。

 

いつ日銀が従前の方針を変更して金利上昇路線を見据えた指針を発表するとも限りません。

 

そうなった時には大多数の人の生活が脅かされることになりかねず、国は利子補給の救済制度を出すとか、金融機関が固定金利での借り換えキャンペーンを打ってくる可能性はありますが、根本的に世の中の流れが変わればそれなりの傷を負うことを考えておくことは経営者であれば大切です。

 

今のところは大丈夫です。

 

でも、その「今のところ」がいつまで続くかは不明です。

 

現在、新築の高価格帯マンション等は、利回り5~7%でも売れていますし、中古市場でも同様です。

 

20年~の借入で金利が1%前後だからまわっているとしたら、これが金利上昇で支払い増となった後、支払いに耐えられるの人たちがどれくらいいるのか?

 

元金があまり減っていない状態で借り換えをしてその場を乗り切っても、結果として支払い残年数が減って金利が増えたときにどこまで耐えられるのか?

 

非常に怖い気がします。

 

意に反して持ち資産を手放さざるを得ない人が多数出てくる(溢れてくる)ことも想定できます。

 

これまで少なく見ても過去20年以上は住宅ローン金利は上がっていません。

 

「金利が上がらないのが当たり前/今の1%前後の金利が当たり前」と記憶に刷り込まれた人たちが多くいます。

 

0.5%くらいの金利で住宅ローンを組んでいる人も多くいます。

 

金利が上がっても返済できる金額でローンを組んでいるなら問題はありませんが、ローンを組んだ時期と今ではコロナの問題や円安の問題もあって家計の収入が減っているという人も多いかもしれません。

 

ギリギリで組んでいる家庭は地獄を見ることになることを回避しなければいけません。

 

ある程度の預金残高のある人は大丈夫ですが、とにかく「ギリギリの返済生活」を送っている人は早めの対処を心掛けたほうが良いような気がします。

 

自転車操業に近い状態で借入額が膨れ上がっている人は金利の上昇でかなりヤバいことになります。

 

金利が20年くらい上がっていないという過去~現在の常識を、金利が上がるのが当たり前という現在~未来の常識に切り替え、それを前提に行動を起こそうとすることこそがリスクヘッジとなります。

 

幸いなのは、「今すぐ何かが起きる」ということではなく、まだそのための「対処・猶予期間がある」ということです。

 

この「時間」というものを大切にして、改めて自分の頭でいろんなことを考えて推敲することが大事だと思います。

 

澤井豊、連載!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://newofficesawai.com/

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-5-7

    ドラえもんの未来小切手帳

    日本の「ドラえもん」にそっくりなキャラクターデザインを中国の会社が商標登録していたのを中国の裁判所が…
  2. 2017-12-4

    未来を自分の手で創っていこう!

    未来は「変える」というよりも「創る」という表現のほうが正しいのかもしれません。 なぜなら、未来…
  3. 2022-8-2

    資産“形成”に必要なもの

    資産を形成するために必要なものは、何と言ってもまずは「資金」であり、次に「時間」です。 &nb…
  4. 2017-10-15

    あなたの収入は何のため?

    私は「不労所得」という言葉を普段使わないのですが、世間一般では「働かないで得られるお金のことを不労所…
  5. 2017-8-14

    稼ぐ力を持っている人は強いです

    ビジネスは「まず顧客ありき」ですが、併せて「営業力が必要」です。 すなわち「稼ぐ力」です。 …
  6. 2019-8-13

    「○○には価値がある」と思っている人を見つけてその○○を売り込む

    経済的に自由に生きたければ、早く自立することが必要です。 そのためには「稼ぐ力」を身に付け…
  7. 2018-1-31

    トマス・J・スタンリーに学ぶ「お金持ちになるコツ」とは?

    『隣の億万長者』という本で有名な作家のトマス・J・スタンリーは、お金持ちになるコツとしてこんなことを…
  8. 2019-7-22

    ローマ帝国が永らえたわけ/フォードの勝利

    ローマのカエサルは借金王とも呼ばれたそうです。 カエサルは、「借金が少額のうちは貸した者が…
  9. 2019-2-24

    リタイア後に何年生きるつもりで、今を生きているか?

    医療技術の進歩によって、先進国では80年と思われていた人の一生が、今や100年はほぼ射程圏内になって…
  10. 2017-3-21

    【リーダー必読!】人事評価でリーダーが心がけること

    社員の仕事ぶりを評価するときには、いくつもの評価の仕方がありますが、例えばこんな切り口があります。 …

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る