かつてNTT株、今後のゆうちょ株?

かつてNTTが株式を上場したとき、多くの株取引未経験者が新たに株式市場へ参入してきました。

参入したというよりも、自動的に(半強制的に)参入させられた・・・といった感じです。

それまで、株にまったく興味のなかった人も試しに「NTT株」でも買ってみようかな?という気持ちになり、国全体でそのように煽る風潮があったので、多くの人が株式公開前に1株購入・・・という選択をしたわけです。

思えば、NTTという会社は国民にとって普段の生活に密着しているので、何をしている会社で、どんな社会的意義があるのかを肌で感じ取る土俵があった・・・と言えます。

そのために親近感・安心感を持ちやすかったことが購入を後押しした要因だったと思います。

そしてその結果、株式公開後のNTT株はどんどん値上がりしていき、理論的には全員が儲かりました(上場後速やかに売却していたら・・・ですが)。

味をしめた多くの人は次第に「株取引」にのめり込むようになり、証券会社もビジネスチャンスとばかりに攻勢をかけ、株ブームの到来に世の中が沸いたわけです。

やがて数年後、以前の未経験者たちは今まで聞いたことも見たこともない会社の株式を証券マンの勧めるままに購入して、いろんな会社の株主になっていました。

NTT株で大金を稼いだことに加えて、それまで銀行に預けていたお金を新規投入して証券マンに言われるがままに知らない会社の株を買い漁っていったからです。

そして、何度も売り買いを繰り返す過程で儲かることもあれば損をするときもあったりして、やがて儲かった株は売って他の株に乗り換えますが、損をしてまで売ることはしないので結局「塩漬け株」(=売りたくても損をするので売れない株)を大量に保有したまま、ついに悪魔の日を迎えます。

それがバブル崩壊の始まりだった1990年1月4日の大発会です。

そこからあれよあれよ・・・と株価は下がり続け、ますます塩漬け株は売れないまま放置されていきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

投資も投機も自己責任が大原則であり、リターンの背景にはリスクがつきものです。

投資・投機で失敗しないコツの一つは「自分がよくわからないものに手を出さない」ということです。

NTTは知っていて儲かった・・・からと言って、それ以外の知らない会社の株を買うと、値下がりしたときのショックは大きいです。

他人の言うがままにお金を投じていたら、結局は損をしたときに責任の所在があいまいになって感情的に落ち込みます。

自分が何をしようとしているのか理解したうえでお金を投じる姿勢が重要ですね。

この原則を守れない人は投資・投機をすべきではない、と思います。

今後、ゆうちょ株が正式に売り出され、これによってまた新たな株取引者が参入してくると予想できます。

また、すでに株を持っている人の中には自分の資金を移動して新たなお金を株式市場に投入する人もいると思います。

それはそれで結構なことなのですが、あくまでも株式投機は「投機」であり、自己責任の原則を貫くことが重要ですね。

いつか来た道・・・歴史を繰り返すことをしないように、投資・投機には常に慎重さと大胆さをもって臨むことが大事だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-1-13

    日米間の10年国債金利に2%の差があると・・・

    世界を股にかけてお金の運用をしている、いわゆる「機関投資家」と呼ばれる大手投資家は、その運用の一つに…
  2. 2017-1-16

    ビットコイン(Bitcoin)とサトシ・ナカモトとクレイグ・ライト

    仮想通貨と呼ばれるものの中で、今一番有名なのはビットコイン(Bitcoin)だと言われます。 …
  3. 2017-8-14

    稼ぐ力を持っている人は強いです

    ビジネスは「まず顧客ありき」ですが、併せて「営業力が必要」です。 すなわち「稼ぐ力」です。 …
  4. 2017-9-9

    【投資】ローリスク・ハイリターン商品が無いわけ

    投資でも投機でも、リターンを求める行為に「リスク」は付き物です。 人はリスクを嫌いますから、一…
  5. 2016-9-28

    「やれたらやります/行けたら行きます」は禁句

    日本人ははっきり断ると角(かど)が立つような気がして、ついつい曖昧な返事をしてしまう・・・とよく言わ…
  6. 2017-10-6

    去年よりは今年、今年よりは来年!毎年収入を増やす発想

    人は、お金の絶対額が同じでも上がってその金額になるのは嬉しく、下がってその金額になるのは悔しく感じる…
  7. 2017-6-18

    砂糖を入れたハズなのにコーヒーが甘くない・・・とき

    私はコーヒーが好きで、毎朝コーヒーを飲まないと、その日の調子が悪くなってしまう・・・と自分で勝手に妄…
  8. 2018-1-18

    「5W2H」が「6:1」に分かれる理由とは?

    ビジネスでは「5W2H」を意識することが大切です。 When  いつ? Where  ど…
  9. 2020-6-12

    中小企業で上位職に就いている人のカン違いとは?

    会社では、社長をはじめとする経営陣の下に上級管理職層(=部長など)があり、その下に中間管理職層(=課…
  10. 2018-5-3

    相続でもめないように早めの手当てを・・・

    不動産を所有している人が亡くなり、残った不動産を巡って骨肉の相続権争いが起こり、その結果誰の名義にも…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る