【重要】お店商売の極意とは?

お店商売では、お客さまに関して最低でも次の2つのことを考えて商売することが大事です。

その2つとはこうです。

1.いかに来てもらうか

2.いかに帰ってもらうか

どんな商売でも、まずは「集客」が大事です。

なぜなら、「ビジネスはまず顧客ありき」で、お客さまがいなければ成り立たないからです。

お店商売をやっている人は、当然「どうやってお客さまに来てもらおうか?」・・・を常時考えことが必要です。

それに加えて、それと同じくらいに、来てもらったお客さまに「いかに帰ってもらうか」・・・を考えることも大切です。

どういうことか?

いかに帰ってもらうか?・・・ということは、どんな気持ちで帰ってもらうか?ということです。

一番良いのは「良いお店だ!今度は誰かを誘ってもっと大人数で来よう!これなくてもみんなに紹介だけしておこう!」という気持ちで帰ってもらうことです。

次に良いのは「まあまあ良いお店だったな。また機会があれば来てみたいな・・・」です。

最悪なのは「なんてお店だ!最悪だ!もう2度と来るもんか!知り合いにもそう言っておこう!」という気持ちで帰られるパターンです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いかに来てもらうか?を考えると、看板を出したり、クーポンを配ったり、チラシをまいたりなどの宣伝広告に頭がいきます。

もちろん、最初はそれも重要ですが、せっかく来てくださったお客さまに対してもそれ以上に気を遣う必要があります。

つまり、「いかに帰ってもらうか」を考えることです。

また来たいと思ってもらえたのか?

お店の雰囲気が良い/店員の態度が良いと感じて喜んで帰ってくれたのか?

それとも、その反対で「もう来ないぞ」と思われたのか?

要は、お客さまがどんな気持ちで帰られたのか?・・・ということに思いを馳せることです。

リピート顧客になってもらえば、そもそも「集客=いかに来てもらうか」を考える必要もなくなります。

こうしたことは、お店商売に限らず、セミナーなどでも同様のことが言えます。

上場会社の株主総会でも、似たような発想が大事です(この場合、対象は株主になります)。

集客だけを考えるのではなくて、集客したお客さまの退出/帰宅までに気を配る・・・そんな姿勢が重要だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-7-14

    『太陽の塔』と岡本太郎の言葉

    2025年に開催される万国博覧会の開催地がどこになるのか?が注目されています。 日本では、大阪…
  2. 2019-8-10

    親の遺産を当てにしないで生きる姿勢

    相続で「争続」になる人がいます。 意外なことに、そういった人は高額の遺産相続で揉めるのでは…
  3. 2018-5-26

    自主練・自主トレをやっていますか?

    相撲でも、プロ野球でも、サッカーでも、面白いことに「シーズンオンとシーズンオフ」の概念があります。 …
  4. 2018-4-29

    なぜ「やってしまった後悔」のほうが良いとされるのか?

    後悔とは「結果」に対して抱く感情ではなくて、「プロセス」に対して抱く感情です。 そして、後悔に…
  5. 2019-3-3

    お客さまと接する社員は末端社員ではない

    どんな会社・お店でも、現場の最先端でお客さまに直接サービスを提供しているのは、会社のトップ(社長)で…
  6. 2017-10-7

    新規ビジネスのチャンスを見つけるヒント=「不」の効用

    ビジネスは「まず顧客ありき」で、「顧客=需要」が必要です。 その需要を見つめるためのヒント、す…
  7. 2017-4-23

    【成功法則】成功するために肝要なこととは?

    肉体の筋肉は鍛えることができます。 たとえば、腕立て伏せや腹筋の運動をしたときに、最初は10回…
  8. 2018-3-26

    リタイア後の3つの収入源

    戦国武将・毛利元就の「3本の矢」の教訓は有名です。 本質は「1本の矢だとすぐに折れてしまうが3…
  9. 2019-4-3

    学生は「点数」で評価され、社会人は「実力」で評価される

    学生の頃は、勉強したことが「点数」をつけられることで評価になりました。 点数で評価されるこ…
  10. 2017-12-1

    達成感と充実感の違い

    目標を達成したときに得られるのが達成感ですが、同時にそのとき人は充実感も感じます。 充実感は幸…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る