無くても困るけど、ありすぎても困るモノ

不思議なことに、これだけ優秀な「人間」・・・数々の教育を受けて多くを学んできた「人間」でありながら、実に多くの人たちが「本当に大切なこと」を後回しにして生きているように思えます。

まあ、かく言う私もその一人ですが・・・。

その「本当に大切なこと」とは、たとえば健康であり、たとえば家族であり、たとえばお金です。

健康、家族、お金・・・その他の社会関係の事柄も含めて、これらは自分の人生で一生もしくはそれなりの長期間にわたって付き合っていかなければいけないものです。

そして、たいていのことに先んじて重要視することが人生を充実させる要素になっていると思います。

ところが、「人間」という生き物は、頭では何となく理解していても行動で実践することが苦手・・・だと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人は、若い頃には家族について悩み、少し成長するとお金について悩み、老年になってくると健康について悩みます。

人が自分の人生において悩む主な原因は、これら3つに関することが多いと言われます。そのとおりだと思います。

そして、多くの人はお金を満足いくほど稼げるようになれば「お金がないことに対する不安」が消えると信じています。

ところが、人間という生き物は不思議なもので実際に「お金」を持ったら持ったで、今度は「失いたくない」・・・とお金に固執するようになり、せっかくお金を持っていても使えなくなったりして「お金をなくしてしまう不安」に取り憑かれます。

大事なのは、自分にとって適切でイヤな思いをしないお金の使い方をしていく姿勢であり、何が何でもお金を手に入れることではない、と思います。

同様に、健康等についても「手に入れる」ことが最重要なのではなく、「手に入れた後に適切に使う・・・適切に維持する」ことのようにあると思います。

選択肢が多ければ多いほど物事を決めきれなくなるように、極論を言えば「大量になればなるほど逆に大変になる」・・・ということが言えます。

手に入れる力よりもコントロールする力・・・、足るを知り、足する心の姿勢・・・これが大事だと思います。

お金を稼ぐことはできても、それだけでは本当の意味での幸せにはなれないと思いますし、早くそのことに気づいた人は自分の哲学をしっかり持てる人だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-7-31

    【警告!】洗脳にご注意を…【自己防衛術】

    世の中には悪だくみをする人がいるもので、特に詐欺に関しては「私は詐欺師です」なんて自分から言うはずが…
  2. 2017-6-16

    リーダーが社員に与えるべき正しい負荷とは?

    作用があれば反作用があるように、負荷をかけるとその負荷に反発してある種の「力」が起きます。 筋…
  3. 2018-8-13

    投資とは「買ったモノをそのままなのにお金を返してもらう」ようなこと

    投機は、買ったモノを転売することでその売買差益を狙う行為です。 多くのビジネスの仕組みはこれと…
  4. 2021-8-28

    貯蓄・投資・投機・賭博の違い

    アメリカでよく読まれているファイナンスの教科書などでは「貯蓄・投資・投機・賭博」についてそれぞれ言葉…
  5. 2017-12-30

    山形県鶴岡市議会の草島議員/責任ある立場に就いたら、6つの「た」が重要

    政治家の暴言はなくならないもので、今度は山形県鶴岡市議会の草島議員の暴言がニュースになっています。 …
  6. 2019-8-13

    「○○には価値がある」と思っている人を見つけてその○○を売り込む

    経済的に自由に生きたければ、早く自立することが必要です。 そのためには「稼ぐ力」を身に付け…
  7. 2017-6-28

    「教わる」+「育つ」の発想

    学校の先生をはじめとしていわゆる「教育」に携わっている人の多くは「教育とは教え育てるものだ」という考…
  8. 2018-7-27

    【自己診断付き】歳をとったら「フレイル」に要注意!

    元気な人も歳を取り、いつか元気でなくなっていきます。 残念ですが、人間である以上仕方のないこと…
  9. 2019-3-3

    お客さまと接する社員は末端社員ではない

    どんな会社・お店でも、現場の最先端でお客さまに直接サービスを提供しているのは、会社のトップ(社長)で…
  10. 2017-6-5

    もし1億円の貯金があったら?

    たとえば、サラリーマン時代に残業・休日出勤などを厭わずにせっせと働いて、一生懸命にお金を貯めて、その…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る