無くても困るけど、ありすぎても困るモノ

不思議なことに、これだけ優秀な「人間」・・・数々の教育を受けて多くを学んできた「人間」でありながら、実に多くの人たちが「本当に大切なこと」を後回しにして生きているように思えます。

まあ、かく言う私もその一人ですが・・・。

その「本当に大切なこと」とは、たとえば健康であり、たとえば家族であり、たとえばお金です。

健康、家族、お金・・・その他の社会関係の事柄も含めて、これらは自分の人生で一生もしくはそれなりの長期間にわたって付き合っていかなければいけないものです。

そして、たいていのことに先んじて重要視することが人生を充実させる要素になっていると思います。

ところが、「人間」という生き物は、頭では何となく理解していても行動で実践することが苦手・・・だと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人は、若い頃には家族について悩み、少し成長するとお金について悩み、老年になってくると健康について悩みます。

人が自分の人生において悩む主な原因は、これら3つに関することが多いと言われます。そのとおりだと思います。

そして、多くの人はお金を満足いくほど稼げるようになれば「お金がないことに対する不安」が消えると信じています。

ところが、人間という生き物は不思議なもので実際に「お金」を持ったら持ったで、今度は「失いたくない」・・・とお金に固執するようになり、せっかくお金を持っていても使えなくなったりして「お金をなくしてしまう不安」に取り憑かれます。

大事なのは、自分にとって適切でイヤな思いをしないお金の使い方をしていく姿勢であり、何が何でもお金を手に入れることではない、と思います。

同様に、健康等についても「手に入れる」ことが最重要なのではなく、「手に入れた後に適切に使う・・・適切に維持する」ことのようにあると思います。

選択肢が多ければ多いほど物事を決めきれなくなるように、極論を言えば「大量になればなるほど逆に大変になる」・・・ということが言えます。

手に入れる力よりもコントロールする力・・・、足るを知り、足する心の姿勢・・・これが大事だと思います。

お金を稼ぐことはできても、それだけでは本当の意味での幸せにはなれないと思いますし、早くそのことに気づいた人は自分の哲学をしっかり持てる人だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2016-9-28

    「やれたらやります/行けたら行きます」は禁句

    日本人ははっきり断ると角(かど)が立つような気がして、ついつい曖昧な返事をしてしまう・・・とよく言わ…
  2. 2018-9-20

    「お金」という結果を求めるなら【原因】をつくらなければいけない

    多くの人は、「収入が増える(稼ぎが多くなる)」という「結果」を求めます。結果を求めるのはいいのですが…
  3. 2017-5-21

    お金を稼ぎたい人の動機3パターン

    お金を稼ぎたい人の動機はだいたい3パターンに分かれます。 一つは家計を「マイナスから0」にする…
  4. 2016-9-1

    オリンピック選手が今持つべき「人生観」

    8月はオリンピックもあって世界中がいろいろ盛り上がったことかと思いますが、日本では9月になれば新学期…
  5. 2020-2-6

    話題がいつも「お金で買えるもの」の人/「お金で買えないもの」の人

    よく言われるように、人生では「お金で買えるもの」と「お金では買えないもの」があります。 &nb…
  6. 2018-6-6

    紀州のドンファン殺人事件/遺言書を書くべき人たち

    和歌山県田辺市の会社経営者/野崎幸助さん(77)が自宅で死亡していた件・・・が、今マスコミを賑わせて…
  7. 2018-12-24

    「宝探しゲーム」と「人生成功の本質」

    子どもが小さい頃、宝探しゲームをやりました。やり方は簡単です。 親が家の中に子どもが喜びそうな…
  8. 2019-5-31

    投資を自分の人生に組み入れよう!

    普通の企業では、いわゆる「投資活動」がごく当たり前に行なわれていて、これなくして企業の存続/成長発展…
  9. 2019-12-1

    投資・資産運用では退場しないことが大事/敗者のゲームと知る

    たとえばテニスの試合で、プロ選手とプロ選手が試合をするときと、素人が素人と試合をするときとでは、勝負…
  10. 2020-10-23

    給料が上がっても油断してはいけない

    サラリーマが「高給取りになる」ことは一つの理想ですが、少し気をつけなければいけないのは、「給料が上が…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る