ほどほどの財・富があればそれで良し!

中国には「肥えた豚は年の瀬に殺されやすい」という格言があるそうです。

お金儲けをし過ぎたり、財産を貯めこんだりしてまるでブクブク肥えていくようなとき、そうなるまで何もされず放っておかれたのに年の瀬(=いつかいきなり)にはそれらを没収されたり、重い税をかけられるといったことが起きないとも限りません。

冒頭の言葉は、お金持ち・資産家・事業家に限らず誰でもそうしたリスクが常につきまとっていることを忘れてはいけない・・・という戒めの言葉だと理解しています。

・・・・・・・・・・・・・

かつて軍人だった任正非(レン・ツェンフェイ)氏は、1987年に商人としての第一歩を踏み出し会社を興しました。

興した会社は「ファーウェイ(華為技術)」という名前の小さな会社でした。

任はファーウェイの幹部に「富可敵國」の言葉をしばしば語り、次のように忠告したと言われています(富可敵國とは、国家に匹敵するほどの財を成すことを意味します)。

「中国では国から目の敵にされるほど富を築いてはならない。ビジネスの夢を叶えたいなら、社会との関わりを自制し目立たないようにすることが大切だ」

・・・と。

ブクブクと肥えていくまでは規制も少なく、国や行政からも放置されているかもしれませんが、あまりに強大な富を築き上げるとそれを快く思わない輩が必ず現れてきて、「権力をもってそれを没収する」という暴挙に出てきます。

昨日までは何ともなかったことが、今日からはいきなり課税されたり禁止されたりするわけです。

それが正義かどうかを問うても巨大な国家権力の前では仕方のないことです。

それよりも、そうしたリスクが潜在していることを知ることが大事です。

すなわち「富可敵國」の精神を忘れないことです。

任氏はこうも語っています。

「純粋な黒や白は哲学的仮説に過ぎず、グレーこそが常態なのだ。我々は決して極端に走ってはならず、系統的な思考を持たなければならない」

・・・と。

実際、いろんな物事は極端に走るとロクなことがありません。

物事は中庸が良い・・・とは昔からよく言われることですが、確かに一理あると思います。

自分の成した財や富を合理的な根拠、理由もなく手放さなければならなくなるのは寂しいことです。

そうならないように、ほどほどの財ができたならそれ以上の多くは望まずに、明るく楽しい毎日を送るように意識を向けるほうが得策かもしれないですね。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-11-27

    現在の出来事をポジティブにとらえよう!

    昔のイヤな出来事や辛かった時代のことをふと思い出して、「今から思えば、あのおかげで今の自分があるのか…
  2. 2017-1-6

    秋元康(あきもと やすし)さんの「夢」の言葉

    おニャン子クラブやAKB48など数多くのアイドルを輩出・プロデュースしてきた秋元康さんの言葉にこんな…
  3. 2019-6-5

    【重要】投資は必ず「頭金」を用意してから行なう!

    金融投資というのは、文字どおり「資金」をまずは「投じて」、後々に「投じた資金以上のお金を回収すること…
  4. 2018-5-1

    【注意】三流社員で満足してはいけない

    新入社員は早く「一人前」になることを求められ、本人もそのつもりで働きます。 「一人前」とは「ひ…
  5. 2018-10-18

    定年退職までに準備しておくべき重要なこと

    平均的な年金を受け取っても、夫婦2人が生活をしていくには「毎月15~20万円ほど不足」・・・というの…
  6. 2017-10-11

    あなたが一番勉強したのはいつですか?

    多くの人は中学から高校へ進学するときに「勉強」をたくさんします。 なぜなら、人生初めての選抜試…
  7. 2017-5-20

    【必読】優秀な自動車セールスマンの極意とは?

    ある人(Aさん)から教えてもらった話ですが、昔、あるところに車の販売で非常に優秀な成績を収めている営…
  8. 2017-2-11

    ピンチの時、イモ・タマゴ・コーヒー粉のどれになる?

    人が心を入れ替えて変化を起こす時というのは、たいてい何か辛い経験をしたときだと思います。 あま…
  9. 2017-1-21

    エビでタイを釣る/返礼品でお金持ちを釣る/ふるさと納税

    「ふるさと納税」は前々からありましたが、テレビでこれほど宣伝されるのはつい最近になってからのような気…
  10. 2021-6-11

    死ぬときに後悔をしないための決断

    人生は選択の連続ですが、ほとんどの場合、人は無意識化で選択・行動をしているために「自分が選択の連続で…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る