年収1,075万円を稼げる人の条件

『年収1,075万円を稼げる人の条件: 高収入サラリーマンの共通点から学ぶ人生戦略 ビジネス人生論シリーズ』

本書は、年収1,075万円超の人たちの共通点を解説しています。
その共通点を理解しマネをすることができれば、誰でも年収1,075万円超に近づく確率はかなり高くなります。
ぜひ、今日を境にあなたの人生を大きく変えてください!

「はじめに」より抜粋

よく自分の年収目標を1,000万円に設定する人がいます。

もちろんそれで構わないのですが、実際のところその「1,000万円」という数字に特に意味はなく、何となくキリが良いので……と漠然と掲げている場合が多いと思われます。

それならば年収1,075万円とするほうがまだ挑戦のしがいがあります。

1,075万円というのは、労働基準法で高度の専門知識等を有する労働者の年収要件として具体的に定めている金額です。

ただしこれも「労基法で定めている」ということ以外に、1,075万円という数字も特に意味はありません。

サラリーマンの平均年収はここ15年以上も減少傾向にあり、昨今では410万円前後だとされています。

アベノミクスの経済効果もあり、2015年以降は若干上昇する可能性もありますが、それでもかつての水準から見ればまだまだです。

そうした中で、年収1,075万円超の人は年収410万円の人の2倍以上の年収があるわけですが、だからと言って2倍以上の時間を働いているわけではありません。

単純に、年収金額=労働時間ではないからです。

では、年収1,075万円超の人たちはいったいどうやってそれだけの収入を得るようになったのか? コツは果たしてあるのか?

幸いなことにそこにはいくつもの共通点があります。

その共通点を理解しマネをすることができれば、誰でも年収1,075万円超の人になることができるはずで、少なくとも年収1,075万円に近づく確率はかなり高くなります。

ここでその決断と行動の大事なヒントを一つ書きます。

まずは、本書を購入しさらっと一度読んでみてください。

そのときに、気になる言葉や考え方やノウハウがあれば、そこに付箋を貼っておいてください。

次に、もう一度じっくりと読んでみてください。

そのときに、付箋を貼った箇所で「やはり大事だな……」と思うところは、ノートに書き出していくのです。

一度目に読んだときは付箋を貼るほど気になっていたけど、二回目に読んだときに「そうでもないな」という箇所はノートに書く必要はありません。

あとは、そのノートを定期的に読み直して、書き出した内容を自分の言葉で表現できるレベルまで消化吸収してください。

まずはここまでを実行すると決断することが大事です。

しかも素早く! です。

さて、用意はいいでしょうか?

では、本書を購入するために電子決済に進んでください。

本書目次

はじめに
第1章 年収1075万円超の人の発想
1.年収1075万円という数字を掲げることの意義
2.年収408万円以下の人が発想しないことを発想する
3.給料以外の方法で年収1075万円超となる道
4.多くの人に貢献するほど収入は増えるもの
5.あなたは誰ですか?
6.差別化=違いをハッキリ見せることができる
第2章 年収1075万円超の人の思考回路
年収1075万円超の人の思考回路
2.会社の威を借るサラリーマン
3.錆びない自分になる!
4.蛍雪/灯台下(もと)暗し
5.ビジネスに模範解答はないと思ったほうが良い
6.事実と意見を切り分けて話す
第3章 年収1075万円超の人の行動パターン
1.間軸という概念で人生を長い目で見る
2.出口戦略を立てておく
3.1円玉を拾う人、拾わない人
4.給料の3分の1を貯金できる人/毎月23万円で生活できる人
5.正しい判断だったと行動で示そう
6.権利収入をつくる
終わりに
ご案内

orderbutton

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目のお勧め記事!

  1. 2019-2-24

    リタイア後に何年生きるつもりで、今を生きているか?

    医療技術の進歩によって、先進国では80年と思われていた人の一生が、今や100年はほぼ射程圏内になって…
  2. 2016-12-30

    重要なことには「長期」かつ「面倒」なものが多い

    人間にとって最重要なことは、「健康的に永く生きる」だと思います。 ところが、永く生きるには何か…
  3. 2016-12-25

    エジソンの電球発明に学ぶ裏の教訓

    エジソンの電球フィラメントの実験で、成功に至るまで1万回とも1千回とも失敗を繰り返した・・・という逸…
  4. 2016-12-17

    【財資産の重要性】会社を辞めたら収入はどうなりますか?

    サラリーマンは、今はちゃんと勤務先があって、会社へ行けば仕事があって、毎月決まった日に給料が入ってき…
  5. 2017-11-19

    下積み時代を経験した人ほど不遇の時代を乗り越えやすい

    若い頃に職場で体験する苦労や一人前になる間の期間のことを「下積み」と呼んだりします。 上に先輩…
  6. 2017-5-1

    【FX】投機の3段階とは?【株式】

    銀行預金の利息があまりに低い時代ですから、ただ銀行に預けていてもお金がどんどん増えることはありません…
  7. 2017-2-11

    ピンチの時、イモ・タマゴ・コーヒー粉のどれになる?

    人が心を入れ替えて変化を起こす時というのは、たいてい何か辛い経験をしたときだと思います。 あま…
  8. 2017-7-9

    【重要】高齢になるまでに自分の住む処を確保したほうが良いわけ

    高齢者になると自分が住む賃貸物件を借りることが難しくなり、借りられる物件の選択肢が狭くなる・・・と聞…
  9. 2017-11-16

    事業が不振だった時の事業報告書は要チェック!

    上場企業では、事業年度ごとに必ず決算短信を提出して広く投資家の人の目に触れるようにすることが義務付け…
  10. 2018-10-18

    定年退職までに準備しておくべき重要なこと

    平均的な年金を受け取っても、夫婦2人が生活をしていくには「毎月15~20万円ほど不足」・・・というの…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る