年収1,075万円を稼げる人の条件

『年収1,075万円を稼げる人の条件: 高収入サラリーマンの共通点から学ぶ人生戦略 ビジネス人生論シリーズ』

本書は、年収1,075万円超の人たちの共通点を解説しています。
その共通点を理解しマネをすることができれば、誰でも年収1,075万円超に近づく確率はかなり高くなります。
ぜひ、今日を境にあなたの人生を大きく変えてください!

「はじめに」より抜粋

よく自分の年収目標を1,000万円に設定する人がいます。

もちろんそれで構わないのですが、実際のところその「1,000万円」という数字に特に意味はなく、何となくキリが良いので……と漠然と掲げている場合が多いと思われます。

それならば年収1,075万円とするほうがまだ挑戦のしがいがあります。

1,075万円というのは、労働基準法で高度の専門知識等を有する労働者の年収要件として具体的に定めている金額です。

ただしこれも「労基法で定めている」ということ以外に、1,075万円という数字も特に意味はありません。

サラリーマンの平均年収はここ15年以上も減少傾向にあり、昨今では410万円前後だとされています。

アベノミクスの経済効果もあり、2015年以降は若干上昇する可能性もありますが、それでもかつての水準から見ればまだまだです。

そうした中で、年収1,075万円超の人は年収410万円の人の2倍以上の年収があるわけですが、だからと言って2倍以上の時間を働いているわけではありません。

単純に、年収金額=労働時間ではないからです。

では、年収1,075万円超の人たちはいったいどうやってそれだけの収入を得るようになったのか? コツは果たしてあるのか?

幸いなことにそこにはいくつもの共通点があります。

その共通点を理解しマネをすることができれば、誰でも年収1,075万円超の人になることができるはずで、少なくとも年収1,075万円に近づく確率はかなり高くなります。

ここでその決断と行動の大事なヒントを一つ書きます。

まずは、本書を購入しさらっと一度読んでみてください。

そのときに、気になる言葉や考え方やノウハウがあれば、そこに付箋を貼っておいてください。

次に、もう一度じっくりと読んでみてください。

そのときに、付箋を貼った箇所で「やはり大事だな……」と思うところは、ノートに書き出していくのです。

一度目に読んだときは付箋を貼るほど気になっていたけど、二回目に読んだときに「そうでもないな」という箇所はノートに書く必要はありません。

あとは、そのノートを定期的に読み直して、書き出した内容を自分の言葉で表現できるレベルまで消化吸収してください。

まずはここまでを実行すると決断することが大事です。

しかも素早く! です。

さて、用意はいいでしょうか?

では、本書を購入するために電子決済に進んでください。

本書目次

はじめに
第1章 年収1075万円超の人の発想
1.年収1075万円という数字を掲げることの意義
2.年収408万円以下の人が発想しないことを発想する
3.給料以外の方法で年収1075万円超となる道
4.多くの人に貢献するほど収入は増えるもの
5.あなたは誰ですか?
6.差別化=違いをハッキリ見せることができる
第2章 年収1075万円超の人の思考回路
年収1075万円超の人の思考回路
2.会社の威を借るサラリーマン
3.錆びない自分になる!
4.蛍雪/灯台下(もと)暗し
5.ビジネスに模範解答はないと思ったほうが良い
6.事実と意見を切り分けて話す
第3章 年収1075万円超の人の行動パターン
1.間軸という概念で人生を長い目で見る
2.出口戦略を立てておく
3.1円玉を拾う人、拾わない人
4.給料の3分の1を貯金できる人/毎月23万円で生活できる人
5.正しい判断だったと行動で示そう
6.権利収入をつくる
終わりに
ご案内

orderbutton

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-9-16

    【人生設計】サラリーマンとして働くうちに次の一手を考える

    今の会社は辞めたいけど辞めても行くところがないし・・・給料(収入)がなくなるのは怖いし・・・今の仕事…
  2. 2017-7-16

    太宰春台の『産語』に学ぶリーダーの姿勢

    江戸時代中期の儒学者「太宰春台(だざい しゅんだい)」の著書『産語』にこんな話があります。 あ…
  3. 2018-5-9

    「アメとムチ」マネジメント→「アメとアメ無し」マネジメントへ

    人を働かす最も原始的なものは、もしかすると「ムチ」だったのかもしれません。 古代の奴隷たちが鞭…
  4. 2016-9-1

    オリンピック選手が今持つべき「人生観」

    8月はオリンピックもあって世界中がいろいろ盛り上がったことかと思いますが、日本では9月になれば新学期…
  5. 2020-10-11

    【重要】不動産投資で「自宅の近くで物件探し」はNG?

    本業にほとんど負担をかけずに自分の収入を増やすことができるのが「投資」です。 そして、その代表…
  6. 2017-12-29

    学者・評論家と実務家の発想の違い

    クイズです。 400円(100円玉4枚)を持ってパン屋さんにパンを買いに行き、130円(消費税…
  7. 2018-1-21

    生命保険を使って相続税を安くする方法

    「相続税を節税するため」の生命保険商品があるそうです。 相続税は、一定の資産を持つ人が死亡した…
  8. 2017-8-21

    昨日まではうまくいっても、今日はうまくいかないこともあります

    「昨日までの成功方法が今日からの失敗方法に変わることもある」・・・と思います。 なぜなら、時代…
  9. 2019-7-2

    年間200万円の貯金するとどうなる?

    たとえば、サラリーマンが稼いだお金のうち200万円を毎年単純に貯金していくと、5年後には1000万円…
  10. 2017-6-25

    利己主義の人の発想にはついていけませんね

    利己主義の人は、「自分さえ良ければいい」という発想をします。 他人のことを何も考えないのは一見…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る