解決できない問題は自分に降りかからない・・・と信じよう!

人生ではさまざまな「問題」に遭遇します。
生きていく過程で何も問題に出くわしたことがない!なんていう人は皆無のハズです。
中には同じ出来事に遭遇してもそれを「問題だととらえる人」もいれば「問題とはとらえない人」もいますが、これは「出来事は一つ、とらえ方はさまざま」だからだと思います。
そして、その出来事によって「これは自分にとっての問題だ」と捉えられる人は、その問題解決の先にきっと理想の未来を自分なりに想定できているのだと思います。
理想の未来と現実の出来事とのギャップがいわゆる「問題」という解釈につながっています。
・・・・・・・・・・・・
問題というのは、「自分に今必要な課題はこれですよ・・・」と目に見えない誰かがわざわざ教えてくれているものだと解釈することもできます。
そう考えると、問題発見/問題遭遇はありがたいことであり、そこで「解決」できるだけの能力や手腕を発揮することで自分の新たな成長が呼び起こされると思います。
人生で自分に降りかかってくるすべての問題は自分を成長させるチャンスを与えるために起こっている・・・と理解してみてはどうでしょうか。
そうすると、何か問題に気づくたびに「この問題は自分をどう成長させてくれるんだろう?/自分の何を変えなければならないんだろう?」などと前向きな姿勢になれるかもしれません。

問題が起きた時にネガティブに捉えるか、それともポジティブに捉えるか?

このちょっとした意識的な選択によって、そのあとの思考も、感情も、行動もすべて変わっていきます。

自分が今抱えている問題を一瞬で解決できる人は、実は世の中には必ずいるものです。

自分にはその力量がないから「すぐには」解決できないけども、だからこそその力量を身につける最適な環境に今置いてもらった・・・と考えると良いと思います。

 

自分一人の思考ではやはり限界があることがあります。

 

そういうときは、一人で悶々したりウジウジしていないで、誰かにアドバイスを仰ぐことも必要です。
自分が抱え込んだ問題は「自分では絶対に解決できない」と思うかもしれませんが、実際はそんなことはありません。

解決策は必ずあるし、その問題を一瞬で解決できる人だって世の中には必ず存在しています。

私はそう強く思っています。
現役時代、そう強く思って仕事をしてきました。
自分に解決できない問題は自分に降りかからない・・・と固く信じる姿勢は大切だと思います。
記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-4-24

    「自負心」という大切な気持ち

    よく「私は○○だったらできる自負があります」とか、「これまで長年やってきた自負があります」などと言っ…
  2. 2019-6-25

    予備対応話法という販売テクニック

    営業では「対応話法」という概念を大切にすることが必要で、これができていないとなかなか売上を伸ばすこと…
  3. 2017-4-5

    「間違わない」ことより「間違いに気づく」ことが大切です

    人は誰だって間違うときがあります。 完全完璧な人間なんていません。 大事なのは「間違った…
  4. 2022-7-9

    周囲の状況は「自分」を映す鏡のようなもの・・・

    W・クレメント・ストーンの言葉に 「環境選びは慎重にしましょう。 なぜなら、環境はあなた…
  5. 2018-2-8

    先読み力・想像力を鍛えよう

    こうすればこうなる・・・こうしなければああなる・・・という「未来をある程度先読みする力」はとても重要…
  6. 2017-2-22

    お金で時間を買う/時は金なり

    A地点からB地点に行くとします。 A地点からB地点に一直線に行くことが効率的で、寄り道して回り…
  7. 2020-1-20

    不動産バブルの見分け方

    1980年代後半に蔓延した日本の不動産バブルの時は、都心の不動産の賃貸利回りが2%以下だったそうです…
  8. 2018-6-16

    フォード車はなぜ黒色が多かったのか?

    「自動車の育ての親」とされるアメリカのヘンリー・フォードは実際に自動車を発明したわけではありません。…
  9. 2017-3-31

    てるみくらぶ倒産に思うサラリーマンの選択・・・

    会社でクビになるサラリーマンの多くは実際に「クビ宣告」がされるまで、自分の生活が常時不安定に晒されて…
  10. 2016-12-7

    人事評価は達成率よりも「達成額」を重視するほうが大切

    会社内では、人によって目標が異なり、目指すゴールの難易度に差があります。 営業部で言えば、月間…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る