ユーロという統一通貨を機能させるには・・・

ギリシャ財政は延命しました。

これがただの延命に終わらず、しっかりとした更生への軌道に乗ってくれればいいのですが現段階ではまだよくわかりません。

従来と同じように根本問題の先送りをして目先的な弥縫(びほう)策止まりなのかもしれません。

そもそもギリシャ危機の本質は、ギリシャの「弱い経済力」にあると思います。

財政赤字ももちろん大問題ですが、そうならざるを得なかったギリシャの経済力・産業力・技術力等が劣っていることに何らかのメスを入れなければ、本質的な解決には至らないと思います。

つまり、もっと稼げる国にしなければいけない ということですね(←企業経営でも同じで稼げなければ生き残れません)。

もっとも、それはギリシャ自身が行なうことであって、他国がどうこうとはできないことです。

逆にいうと、そこに問題解決をするのに時間がかからざるを得ない原因がある・・・とも言えそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回ユーロ問題で気づかされた「カベ」があります。

ギリシャの主要産業は農業・観光・海運です。

時代が違えばこれでも十分高い付加価値を生み出し、外貨を稼ぎ、内需も発展することができたのかもしれませんが、今の時代ではなかなかお金を稼ぎだす国の体勢にはなっていないようです。

そこに赤字を膨らませてきた原因があると思います。

その結果、同じ通貨を使っているのにドイツなど他のユーロ国と比べたときに経済力格差が開く一方となり、問題をややこしくました。

(ユーロという)単一通貨圏に属するということは、そこには為替市場が存在しないことを意味します。

すると、たとえ経済競争力の強い国と弱い国があったとしても結果的に大きな経済力格差が生じたままとなり、また誰も是正・標準化してくれません。

そこで、それを補完して客観的・統一的見地から機能させる何らかの機関が本来は存在していればいいのですが、現状ではそれがあるようでない・・・そこが一つの大きなカベなのだと思います。

たとえば、日本国内では同じ通貨(=円)でもちろん通用しますが、地域によって経済格差等はどうしても生じてしまいます。

日本の東京と他の道府県とで比べれば、所得も支出も差があります。

ただ、同じ日本という国だからこそ政府主導の元で地方交付税を支出したり、その他いろいろ干渉して是正を図ることができます。

そして、国民の側もそれを受け入れるべきところは受け入れて、そうでないところは反発するということができるようになっています。

統一通貨をもって国を統(す)べる・・・というのは、言語・文化・風習などが統一されていない場合においては、全範囲網を敷ける中央機関の存在が不可欠なのかもしれないですね。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年6月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-4-9

    新入社員は「教わり上手」になろう!

    新入社員が入社して、早や一週間が経つ時期です。 新人さんたちはまだまだ仕事に不慣れなハズですが…
  2. 2019-9-7

    本を買いすぎて貧乏になった人はいない!

    自己破産をしたり、貧困生活を送る羽目になってしまう主な原因は「過剰な消費活動」にあります。 も…
  3. 2018-5-26

    自主練・自主トレをやっていますか?

    相撲でも、プロ野球でも、サッカーでも、面白いことに「シーズンオンとシーズンオフ」の概念があります。 …
  4. 2017-12-30

    山形県鶴岡市議会の草島議員/責任ある立場に就いたら、6つの「た」が重要

    政治家の暴言はなくならないもので、今度は山形県鶴岡市議会の草島議員の暴言がニュースになっています。 …
  5. 2017-4-20

    テーマの逆の真理を突くことで、そのテーマが活きてきます

    以前の週刊少年ジャンプは「ジャンプ3大原則」とも呼ばれる「友情・努力・勝利」のいずれかをテーマにマン…
  6. 2020-1-3

    お金の使い道は大きく3つ/投資のススメ

    子どもの頃、「お年玉は貯金しなさい」と親に言われた人は多いと思います。 私もそうでした。 …
  7. 2017-11-28

    副業禁止→副業解禁ですが・・・・・・

    最近のニュースの一つに、複数の大手企業で「副業を解禁した」というのがあります。 IT関連企業を…
  8. 2019-7-18

    中国人はなぜ加速的に裕福になったのか?

    かつて、「労働賃金が安い」という理由で工場を中国に作ってビジネスを展開してきた企業も、今では「中国の…
  9. 2018-11-30

    借金で怖れなくてはいけないのは「金額」ではない!

    投資とは「対象物はそのまま保有して、そこから得られるインカムゲイン(派生益)を求めること」だと私は考…
  10. 2017-10-19

    「繰り返し学ぶこと」の重要性とは?

    人は忘れる動物です。何かを知ったり、学んだとしても、数時間後・・・数日後にはキレイサッパリ忘れてしま…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る