ユーロという統一通貨を機能させるには・・・

ギリシャ財政は延命しました。

これがただの延命に終わらず、しっかりとした更生への軌道に乗ってくれればいいのですが現段階ではまだよくわかりません。

従来と同じように根本問題の先送りをして目先的な弥縫(びほう)策止まりなのかもしれません。

そもそもギリシャ危機の本質は、ギリシャの「弱い経済力」にあると思います。

財政赤字ももちろん大問題ですが、そうならざるを得なかったギリシャの経済力・産業力・技術力等が劣っていることに何らかのメスを入れなければ、本質的な解決には至らないと思います。

つまり、もっと稼げる国にしなければいけない ということですね(←企業経営でも同じで稼げなければ生き残れません)。

もっとも、それはギリシャ自身が行なうことであって、他国がどうこうとはできないことです。

逆にいうと、そこに問題解決をするのに時間がかからざるを得ない原因がある・・・とも言えそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回ユーロ問題で気づかされた「カベ」があります。

ギリシャの主要産業は農業・観光・海運です。

時代が違えばこれでも十分高い付加価値を生み出し、外貨を稼ぎ、内需も発展することができたのかもしれませんが、今の時代ではなかなかお金を稼ぎだす国の体勢にはなっていないようです。

そこに赤字を膨らませてきた原因があると思います。

その結果、同じ通貨を使っているのにドイツなど他のユーロ国と比べたときに経済力格差が開く一方となり、問題をややこしくました。

(ユーロという)単一通貨圏に属するということは、そこには為替市場が存在しないことを意味します。

すると、たとえ経済競争力の強い国と弱い国があったとしても結果的に大きな経済力格差が生じたままとなり、また誰も是正・標準化してくれません。

そこで、それを補完して客観的・統一的見地から機能させる何らかの機関が本来は存在していればいいのですが、現状ではそれがあるようでない・・・そこが一つの大きなカベなのだと思います。

たとえば、日本国内では同じ通貨(=円)でもちろん通用しますが、地域によって経済格差等はどうしても生じてしまいます。

日本の東京と他の道府県とで比べれば、所得も支出も差があります。

ただ、同じ日本という国だからこそ政府主導の元で地方交付税を支出したり、その他いろいろ干渉して是正を図ることができます。

そして、国民の側もそれを受け入れるべきところは受け入れて、そうでないところは反発するということができるようになっています。

統一通貨をもって国を統(す)べる・・・というのは、言語・文化・風習などが統一されていない場合においては、全範囲網を敷ける中央機関の存在が不可欠なのかもしれないですね。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目のお勧め記事!

  1. 2018-1-30

    欲をかかなければ老後の20万円収入はカンタンに手に入ります

    銀行預金にお金を置いておいてもほとんど利息はゼロ円の時代です。 老後の生活費を貯金の取り崩しで…
  2. 2017-4-22

    仕事を効率よく行うコツとは?

    あと1週間くらいでゴールデンウイークですね。 溜まっている仕事を片づけなければいけない・・・ゴ…
  3. 2018-7-24

    成功法則を読んでも多くの人が成功できない理由とは?

    世の中には数多くの「成功本」と呼ばれる書籍があります。つまり、「成功するにはどうすれがいいか?」とい…
  4. 2016-12-17

    【財資産の重要性】会社を辞めたら収入はどうなりますか?

    サラリーマンは、今はちゃんと勤務先があって、会社へ行けば仕事があって、毎月決まった日に給料が入ってき…
  5. 2019-4-10

    インフレと銀行預金の利息の関係とは?

    インフレ率が上がると(インフレになると)、一般的には「金利が上昇する」と言われます。 たとえば…
  6. 2018-5-26

    自主練・自主トレをやっていますか?

    相撲でも、プロ野球でも、サッカーでも、面白いことに「シーズンオンとシーズンオフ」の概念があります。 …
  7. 2021-6-8

    雇われる立場から脱却する思考回路を持てるか?

    サラリーマンは「仮に今、会社を辞めて同じ仕事に就いたとき、果たして今と同じような生活をしていけるだろ…
  8. 2018-4-9

    新入社員は「教わり上手」になろう!

    新入社員が入社して、早や一週間が経つ時期です。 新人さんたちはまだまだ仕事に不慣れなハズですが…
  9. 2018-2-1

    私が定期的に歯医者に通っている理由

    一昨年くらいから、私は定期的に歯医者に通っています。別に虫歯があるわけでも何でもなく、いたって正常で…
  10. 2019-2-24

    リタイア後に何年生きるつもりで、今を生きているか?

    医療技術の進歩によって、先進国では80年と思われていた人の一生が、今や100年はほぼ射程圏内になって…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る