若手サラリーマンが退職する「本当の理由」とは?

12月は一般的な会社では「ボーナス支給月」に当たります。

そして、この時期にリーダーを悩ませるのが、ボーナスをもらってから会社を辞めようとする社員たち・・・であり、特に若手社員の退職は会社にとって大問題です。

ある調査によると、若手サラリーマンの退職理由の本音・第1位は「上司・経営者の仕事の仕方が気にいらなかった」。

第2位が「労働時間・環境に不満」。

・・・だそうです。

これが何を意味するかと言うと、決して給料とかボーナスといった「金銭面」ではない、ということです。

だから、給料を単純に多く出せば退職を思いとどまらせれる・・・とは限らないと言えます。

給与などの労働条件よりも、職場で普段見ている先輩や上司の仕事ぶりが気にいらない・・・自分より職位の高い人の働き方を見て内心では軽蔑したりげんなりしている・・・ということのようです。

リーダーや先輩を見て「ああはなりたくない!」と思わざるを得ないということは、それだけ上の職位にいる者たちが「悪しき見本」になっているということであり、そのことに当の本人たちが恐らく気づいていないということも重要な問題点だと思います。

若手社員の退職=貴重な人材の流出につながります。

中高年サラリーマンがロクに仕事をせずに若手よりも高い給料を得ている!ということが若い社員たちには許せないのかもしれません。

何とも耳の痛い話かもしれませんが、私の過去の経験からしても、40代以上のサラリーマンの中には本当にお荷物社員がたくさんいると思います。

社歴が長いだけで、給料は誰よりも高いのに仕事効率・効果からすると決して会社に貢献しているとは思えない・・・という社員は結構いました。

一度上げてしまった職位を下げるのはなかなか難しい・・・と思うのが経営者の感情ですが、年功序列の時代は終わったと認識し、適切な実力主義の発想を経営に取り入れることが大事だと思います。

「やったもん負け」ではなく、「やればやっただけ適切に評価し、やらなければそれなりの評価しかしない」というマネジメント姿勢がリーダーには求められていると思います。

せっかくの将来の宝となる若い人材を、力量不足リーダーの我がまま/身勝手で無くしてしまうのは、とてももったいないことだと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-5-17

    不動産投資はローンを使うとレバレッジ投資になります

    野球で言えば体が大きくてパワーもあるバッターだと、軽くバットを振るだけでホームランや長打を打つことが…
  2. 2018-9-18

    【必読】不動産投資では賃貸管理会社選びも重要です

    不動産投資は、所有する不動産物件から毎月「家賃収入」を得ていく流れです。その際、所有する不動産物件の…
  3. 2017-1-20

    トランプ大統領誕生で「強いアメリカ」は復活するのか?

    今日(2017年1月20日)にアメリカの新大統領に就任予定のドナルド・トランプ氏ですが、前評判はかな…
  4. 2017-4-17

    経営者はブランド力を意識して経営を!

    よく「ブランド」という言葉を私たちは使いますが、その言葉の定義を求められるとなかなか即答できる人は少…
  5. 2019-6-12

    「長期・積立・分散」が資産形成の王道

    今35歳の年齢の人は、倍返しの35年後は70歳です。 ちょうど今、「年金支給年齢が70歳か…
  6. 2020-2-23

    お金の心配がないことで変わること

    経済的に自由な状態にあるということは、「多少のお金のことなら心配がない」というだけのことなのですが、…
  7. 2017-6-29

    レンタルビジネスをある視点でとらえると・・・

    私は映画は映画館で観るので、DVDを借りて観るという習慣がありません。 したがってそうしたお店…
  8. 2017-1-10

    労働力不足→有効求人倍率上昇→技術革新

    仕事選びで極端なことを言うと、自分の希望する基準を下げれば世の中にそこそこの職(求人)はあります。 …
  9. 2017-9-12

    人生をマージャンに例えると・・・

    将棋や囲碁というのは2人で対局して行いますが、両者ともにスタート時点では(ハンデを除けば)対等です。…
  10. 2018-7-6

    見逃しの三振ほどもったいないことはない

    野球ではアウトを3つとれば攻守交替となります。そのアウトの取り方/取られ方にはいろいろありますが、攻…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る