「新卒採用」の確認点とは?

会社経営を長い目で見た場合、人材の活性化と流動性を鑑みれば、やはり新卒採用は行うべきだと思います。

組織の活性化を促すためには、いろんな波及効果を期待できる新人採用という手法が一つの解決策です。

中途採用だけでなく新卒採用をすることでしか得られない活性化作用がやはりあると思います。

その代わり、戦力になるまで時間がかかることを予め覚悟しておく必要があります。

会社を大きくしたいのなら毎年2~3名を新卒採用したいところですが、もちろん会社の利益規模など考慮すべきところはいくつもあります。

むやみに身の丈に合わない採用ならかえってしないほうが得策です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新卒者はどう考えてもその組織の中で一番若い社員です。

すると、先輩社員はみんな自分の子どもや弟・妹が入ってきたような気になり、優しく接することができます。

特に女性の新卒者は男性の新卒者よりもなぜか優しく親切にしてもらえる傾向があります。

基本的に、新卒者は赤ちゃんと同じで何もできない中途半端な社会人と思って間違いありません。

そんな無力な新人君を見ていると人は手助けしてあげたくなります。

とくに新人教育担当・・・と任命された先輩社員は、「人に教える」という経験をすることで自分自身も大きく成長できるチャンスが広がります。

自分の仕事もしなければいけないし、新人の面倒も見なければいけない・・・のは、ある意味では二重苦ですが、リーダーから見ればそこで一皮むけて成長してもらうためにも優秀な人材を教育担当にあてがうものです。

だから、新人教育担当に任命されるということは名誉なことだと思います。

ところが、反対にリーダーがマヌケだと新卒者を採用してもホッタラカシにして何も研修教育しようとせずに、新人君の自主性任せにしてしまいます。

社会経験の乏しい新卒者を自主性に委ねること自体がナンセンスで、もしもそういう姿勢で臨むのであれば、新卒採用はしないほうが良いかもしれません。

組織運営は常に戦略的であることが大切で、リーダーが描く脚本が重要です。

新卒採用は向こう数十年を見据えた脚本になります。そういう「青写真」を描いてみることも大事ですし、お互いに切磋琢磨できる異年代がたくさんいることは良い刺激になると思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2020-7-25

    収入を増やす/サラリーマンとビジネスマンの発想の違い

    サラリーマンが「収入をもっと増やしたい」と思ったとき、一般的には「もっと自分の実力を高めて給料を上げ…
  2. 2018-2-5

    一億総副業(複業)の時代が来るのか?

    昔から農業を営む人が農業以外の仕事にも就いて収入を得る・・・という「兼業農家」が存在しています。 …
  3. 2017-6-12

    ブランド品を身に付けたがらないお金持ちの人たち

    サラリーマンは高級品を身に付けることを意識しがちですが、ビジネスマンは逆に高級品を身に付けないことを…
  4. 2017-6-7

    率を改善するのか?数を改善するのか?

    学校で、クラス対抗で「女子生徒の宿題提出率」コンテストをしたとします。 ところが、あるクラスの…
  5. 2018-7-8

    「お金」は本当に存在しているのか?

    ちょっと極端な例ですが、国民全員がある日急に自分がお金を預けている銀行に行ってその預金額のすべてを引…
  6. 2019-7-7

    不動産投資物件の2つの求め方

    不動産投資では、自己資金を100%使わなくても銀行からお金を借りて(=ローンを組んで)行なうことが正…
  7. 2018-2-19

    何かに行き詰ったらやってみると良い方法

    人から教えてもらった方法ですが、自分が何かで落ち込んだり凹んだ気持ちになっていて、自信を取り戻したり…
  8. 2018-1-11

    【商品開発】商品が先か?中身が先か?

    何かの有料講座・教育プログラムを作るとき、手法としては大きく2つのやり方があります。 A. ま…
  9. 2016-10-12

    権利収入の一つ、継続課金制度を導入しているか?

    電気・ガス・水道・電話の「基本料金」と呼ばれるものは、それを使おうと使わなかろうと関係なく毎月継続的…
  10. 2021-5-12

    我慢せず「移動すること」を選択する意思

    地震被害・台風被害・水害・風雪被害のニュースをテレビで見聞きすると、被害に遭わた人たちの苦労が忍ばれ…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る