自分の信念と哲学と矜持(きょうじ)を持とう!

今日で55歳になりました。大学を卒業して、世に言う社会人となってから31年が経ちます。

その31年のうち実際に就業して働いたのが約26年間で、リタイアしてのんびり過ごしているのが5年間ですから・・・「26:5」といった比率になります(→ちょっとバランスはよくないかも?)。

・・・・・・・・・・・・・・・

私が大学卒業後に勤めた会社は証券会社でした。そこで約6年間、証券営業の仕事を行ない、その後転職して学習塾業界へ入りました。転職後の仕事も「営業」職でした。

当時、その会社はまだまだ無名の小さな会社でしたから、営業がしっかり稼ぎ出さないとすぐにも倒産してしまいそうなくらいでした。そうした環境下での営業の仕事は、正直キツかったです。

そのため、同期で入社した営業社員は40人以上いましたが、1年後には私一人になっていました。

定期的に中途採用で営業社員を採用するのですが、やはり採用する傍らでどんどん辞めていき、結局営業部全体の社員数は常に同じような数でした。

1年も経つと周囲に同期がいなくなる・・・過去十数年で3年もった人は数人・・・という過酷な仕事の世界で、私は4年営業の仕事を勤めました。

当時としては(4年も続いたのは)最高記録でした!

自分では特別な存在とは思っていませんでしたが、やはり周囲から見ればかなり稀有な存在だったのかもしれません。

吹けば飛ぶような小さな会社だったのも、営業数字の伸長から次第に安定感を持った会社に変貌していきました。

その後、前職の証券会社勤務の経歴を買われて管理部門に異動し、全く無名だった会社も最終的には株式を東京証券取引所に上場するまでの規模になりました。

もちろん、個人一人だけの力で会社が発展したわけではなく、多くの人の努力・協力があっての賜(たまもの)です。

言えるのは「継続は力なり」・・・です。

やはり、あきらめないで続けていくと、何かが変化し、どこかで大きく潮流が発生し、静流が激流へと変わっていきます。

ある意味では「単純思考」が大切で、自分の行動力以外でも「運」というのも必要なのだと思います。

今現在、ブラック企業など過酷な業務体制下で仕事をしている人もいると思います。

ブラックな企業で永く勤めることは決して推奨しませんし、そうでない企業だとしても自分の業務に満足しないからと言って早々に転職を考えることもまた推奨しません。

あるときは耐え、忍び、自分の精神力を試す意味でもじっと堪えて「頑張る」ことも大切だと思います。

続けていくと、どこかで「変化」が訪れるものです。

諦めたらそこで「終わり」を得ることはできますが、また「ゼロからのスタート」をしなければいけません。

終わりなどないのがビジネスマン道ですが、終わらせようと思えば自分でいつだって終わらせることはできます。

人生は常に選択と決断の連続で、どの選択が正解なのかは誰にもわかりませんが、自分の信念と哲学と矜持(きょうじ)を持って生きていく姿勢が大切だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-3-26

    リタイア後の3つの収入源

    戦国武将・毛利元就の「3本の矢」の教訓は有名です。 本質は「1本の矢だとすぐに折れてしまうが3…
  2. 2021-3-14

    経営改善/家計改善のセオリー

    コロナ禍によって多くの会社や家庭が経済的に苦しくなった・・・と言われています。 …
  3. 2017-9-3

    寝る前に明日やるべき仕事を6つ書き起こすべし!

    アメリカのある会社の社長が、どうすればもっと会社を発展させれるだろうか・・・と考えて、ある経営コンサ…
  4. 2018-5-26

    自主練・自主トレをやっていますか?

    相撲でも、プロ野球でも、サッカーでも、面白いことに「シーズンオンとシーズンオフ」の概念があります。 …
  5. 2018-4-9

    新入社員は「教わり上手」になろう!

    新入社員が入社して、早や一週間が経つ時期です。 新人さんたちはまだまだ仕事に不慣れなハズですが…
  6. 2017-1-16

    ビットコイン(Bitcoin)とサトシ・ナカモトとクレイグ・ライト

    仮想通貨と呼ばれるものの中で、今一番有名なのはビットコイン(Bitcoin)だと言われます。 …
  7. 2016-6-9

    舛添都知事と囚人のジレンマ

    舛添都知事の答弁で、千葉県のリゾートホテルで面談した関係者は元新聞記者の出版会社社長とのことらしいで…
  8. 2019-1-20

    アメリカでは自己破産しても再起可能ですが…

    トランプ大統領は過去にカジノ・リゾート事業を経営する会社を4度も倒産させているそうです。最初の倒産は…
  9. 2018-8-20

    新社会人に必要な「多岐亡羊(たきぼうよう)」とは?

    クイズやレジャー施設にある「迷路」というのは、「入口は一つ、出口も一つ、でもその途中経路は複雑でいく…
  10. 2018-2-12

    反復なくして成果・結果なし!

    お酒を飲むと誰だって多少は酔います。 同じように、いい本やいいセミナーを受けると、「ああ良かっ…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る