言われないと(求められないと)手を差し伸べることは難しい

付き合いの長い友人間や夫婦間では、「言わなくてもわかる」・・・ということもあると思いますが、一般的な交流関係やビジネスにおける付き合いなどでは、基本的には「言わないとわからない」が正論です。

言わなくてもわかるでしょ!・・・というのは、後付けで責任転嫁をするときの常套文句です。

ビジネスでは通用しないケースがほとんどです。

そのため、基本的には「頼まれないとやらない/言われない限りは余計なことをしない」というスタンスも大切です。

なぜなら、好意のつもりで、良かれと思ってわざわざやってあげたところ、かえってそれが仇になってしまう・・・ということがよくあるからです。

それだと誰も得をせず、むしろ皆が被害者になってしまいます。

仮に、好意でそうしたことをする場合は、必ず「事前に確認してからやってあげる」ということが大事です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

アドバイスに関しても、アドバイスを求めてきた人(何かを質問・相談してきた人)には答えるけれど、何も聞いてこない人には何も言わない・・・というのが余計な波風を立てないコツだと思います。

質問・相談をして「成果を出したい」という人には教えてあげるのが良いですが、聞きに来ないで自力でやりたいという人には何も言わない/教えないほうがベターです。

推理小説を読んでいる人に、「それ犯人は○○だから・・・」と語りかけるのはまったくもって余計なお世話であり、迷惑な行為であり、「聞いてもいないのに勝手に言うな!」となります。

言い換えれば、「助けて」と言った人を助けてあげれば「ありがとう」と言われますが、何も言わない人を助けても「余計なお世話だ」とイヤミを言われるだけ・・・です。

・・・・・・・・・・・・

これまで数々のパターンを見てきて思うのは、やはり自分より上位にいる人(リーダーなど)にアドバイスをもらって教えてもらった人のほうが早く成果・結果が出る・・・ということです。

それなのに、人は頑固なところがあってなかなか自分から「助けてください・・・」とは言い出せないところもあります。

現時点での自分の限界を知り、成果を導くための時間短縮を図って他者に応援・助けを求める・・・ということは大事なことだと思います。

ヘンなプライドを持たずに、素直に助けを求める姿勢は大切です。

聞かれないと(声をかけてくれないと)答えてくれない(応えてくれない)のが、上質で品のある優れた人たちの特徴の一つです。

特に、新社会人になったばかりでまだ右も左もよくわかっていない人たちにはそうしたことを踏まえて、自ら質問を投げかける姿勢が必要だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2019-6-12

    「長期・積立・分散」が資産形成の王道

    今35歳の年齢の人は、倍返しの35年後は70歳です。 ちょうど今、「年金支給年齢が70歳か…
  2. 2019-12-12

    目に見えない妄想にいつまでも囚われてはいけない

    一休さんのとんち話はいろいろありますが、その中の一つにこんなのがあります。 あるとき、一休…
  3. 2018-3-30

    【重要】お店商売の極意とは?

    お店商売では、お客さまに関して最低でも次の2つのことを考えて商売することが大事です。 その2つ…
  4. 2018-1-11

    【商品開発】商品が先か?中身が先か?

    何かの有料講座・教育プログラムを作るとき、手法としては大きく2つのやり方があります。 A. ま…
  5. 2018-10-26

    【重要】財資産を築きお金の不安をなくしたら、自分の好きなことを存分にできます

    自分のやりたいことをやっていたら資産が築けた・・・というのは滅多にないと思います。 反対に、資…
  6. 2017-10-25

    【必見!】費用をかけずに自己投資(啓発)をする方法

    自己投資には大きく2つの方法があります。 一つはお金をかけて行う方法で、もう一つはお金をかけな…
  7. 2018-4-29

    なぜ「やってしまった後悔」のほうが良いとされるのか?

    後悔とは「結果」に対して抱く感情ではなくて、「プロセス」に対して抱く感情です。 そして、後悔に…
  8. 2016-12-31

    【大晦日】欲とは山だけを求めるようなものです

    人生山あり谷あり・・・ですし、人の感情も起伏がありますから、感情も山あり谷あり・・・と言えます。 …
  9. 2018-2-23

    妬み、嫉み、僻みを「羨み」に替えよう!

    他人に嫉妬(しっと)したり、他人のことを僻(ひが)んだりする人は人から嫌われます。 だから、「…
  10. 2017-8-14

    稼ぐ力を持っている人は強いです

    ビジネスは「まず顧客ありき」ですが、併せて「営業力が必要」です。 すなわち「稼ぐ力」です。 …

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る