目先の5分を肯定的に乗り切ろう!

終戦記念日に多くの人が思うのは、かつて多くの人が失ったものの尊さだと思います。

何かを失ったり、何かに失敗したとき、人はつい自分にとってうまくない方向へ意識を向けがちです。

そんなときは、こうしたことを思い出すと良いと思います。

人から教えてもらった話ですが、とても勇気がわく話です。

・・・・・・・・・・・・・・・

A: (電話で)先生、もうダメです。私の人生はもうお先 真っ暗です。私はすべてを失ってしまいました。

先生: まだ視力はありますか?

A: はい、あります(が何か・・・?)

先生: 歩けますか?

A: はい、歩けます(当然でしょう・・・?)

先生: 電話で話しているくらいですから、もちろん耳も聞こえますね。

A: はい、聞こえます(当たり前ですよ・・・)

先生: それは良かった!何もかもまだあるでは ないですか!失ったのはお金(←そのときに応じて言葉を入れ替える)だけですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「絶望的だ!」と思うようなことがあっても、あくまでそれは「◯◯的」かもしれませんが「真の絶望ではない」・・・ということを悟ることが重要です。

「もう絶望的だ!」というのはちょっとそう思ってみただけ・・・自分勝手にそう思い込もうとしていただけ・・・で、事態を冷静に分析してみたらそうではなかった!!!と気づけるかもしれません。

確かのそのときの本人にとってみれば「絶望的」なのですが、少し見方を変えればまだ「絶望」ではない!ということです。

なぜなら、自分は生きている!のですから・・・。

気にし過ぎたり、他人がいつも自分のことを見ていると過剰に反応しているかもしれません。

他人は案外と自分のことなど何とも思っていないものです。

今は確かに苦しいときかもしれませんが、後で冷静に考えられるようになったとき、「追憶の鏡」を覗いて「あのときあれがあったから自分はこういうことを知った、学ぶことができた・・・」ということが必ず何かあるものです。

どんな困難であっても、時間という距離を置いて遠くから眺めてみると何かが見つかるものですね。

それを遠くからではなく、渦中にいるときでも学ぼう、気づこう!と思えばそれができるのが「人間」だと思います。

苦しいときに学んだことは、生きる知恵であり、とても貴重な学びです。

どん底にいればいるほどそれ以上落ちることはないとも言えますから、後は這い上がっていく道だけ・・・だと思って顔を上げて穏やかな表情を浮かべることが大切です。

ムリにでも笑顔をつくれば気持ちも晴れていきます。

そして、実際にそうした試練から這い上がってイバラの道をくぐり抜けたときには、一回りもふた回りも大きな存在となっていますね。

まあ、そうは言っても確かに簡単にできることではないかもしれません。

でも、そう信じることができる人はピンチをチャンスに変えて立ち直ることができる資質を持っている人だと思います。

まずは、この先5分を穏やかに乗り切って、次にまた5分を乗り切っていけば、自然と50分が経ち、5時間が経ち、5日が経ち、5週間が経過していきます。

どんなときも前向きな姿勢だけは失わないで「自分はツイテいる!」「運が良い!」ということを信じ込むことで、目先の5分を乗り切ると良いと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-3-4

    キチンと行えば不動産投資は怖くない

    不動産投資をしている人と不動産投資をしていない人では、私が知る限りでは不動産投資をしている人のほうが…
  2. 2017-11-20

    成功者に教えを請う方法(相手を気持ち良くさせる言葉)

    ビジネスにおいて、他者と協調し、お互いに切磋琢磨して高めあっていく姿勢は大切です。 中でも、明…
  3. 2017-11-15

    【必読】経済的自由を得るための近道

    経済的自由を得るための近道は実は昔から同じです。 ポイントは大きく2つあります。 1.そ…
  4. 2019-10-4

    行政の「サービス」はハードの部分でとらえている?

    ビジネスは、「目に見える商品」を売るか、「目に見えないサービス」を売るかのどちらかです。 …
  5. 2018-1-15

    楽しいからラク⇄ラクだから楽しい

    漢字で書くと「楽しい」も「ラク」も「楽」という字ですが、楽しいとラクはちょっと違います。 楽し…
  6. 2020-6-1

    「投資」に対してポジティブなイメージを持とう!

    お金に関するトラブルは後を絶たず、世間では「株式の売買で損をした」・・・「FXで貯金をすっからかんに…
  7. 2017-3-5

    不動産投資=大家さんになることの意義

    世の中でいう高額な商品、つまり自分の一ヶ月分の給料では買えない商品は多々あります。 代表例とし…
  8. 2018-12-21

    【注意】投資がキケンなのではなく◯◯◯がキケンです!

    世の中には「投資はキケンだから絶対にやらない!」という人もいます。 もちろん、それはその人の自…
  9. 2018-12-20

    サラリーマンだから得られる「印税収入」とは?

    あと10日ほどで2018年が終わり、2019年を迎えます。 街中ではひっきりなしにクリスマスソ…
  10. 2018-8-13

    投資とは「買ったモノをそのままなのにお金を返してもらう」ようなこと

    投機は、買ったモノを転売することでその売買差益を狙う行為です。 多くのビジネスの仕組みはこれと…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る