目先の5分を肯定的に乗り切ろう!

終戦記念日に多くの人が思うのは、かつて多くの人が失ったものの尊さだと思います。

何かを失ったり、何かに失敗したとき、人はつい自分にとってうまくない方向へ意識を向けがちです。

そんなときは、こうしたことを思い出すと良いと思います。

人から教えてもらった話ですが、とても勇気がわく話です。

・・・・・・・・・・・・・・・

A: (電話で)先生、もうダメです。私の人生はもうお先 真っ暗です。私はすべてを失ってしまいました。

先生: まだ視力はありますか?

A: はい、あります(が何か・・・?)

先生: 歩けますか?

A: はい、歩けます(当然でしょう・・・?)

先生: 電話で話しているくらいですから、もちろん耳も聞こえますね。

A: はい、聞こえます(当たり前ですよ・・・)

先生: それは良かった!何もかもまだあるでは ないですか!失ったのはお金(←そのときに応じて言葉を入れ替える)だけですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「絶望的だ!」と思うようなことがあっても、あくまでそれは「◯◯的」かもしれませんが「真の絶望ではない」・・・ということを悟ることが重要です。

「もう絶望的だ!」というのはちょっとそう思ってみただけ・・・自分勝手にそう思い込もうとしていただけ・・・で、事態を冷静に分析してみたらそうではなかった!!!と気づけるかもしれません。

確かのそのときの本人にとってみれば「絶望的」なのですが、少し見方を変えればまだ「絶望」ではない!ということです。

なぜなら、自分は生きている!のですから・・・。

気にし過ぎたり、他人がいつも自分のことを見ていると過剰に反応しているかもしれません。

他人は案外と自分のことなど何とも思っていないものです。

今は確かに苦しいときかもしれませんが、後で冷静に考えられるようになったとき、「追憶の鏡」を覗いて「あのときあれがあったから自分はこういうことを知った、学ぶことができた・・・」ということが必ず何かあるものです。

どんな困難であっても、時間という距離を置いて遠くから眺めてみると何かが見つかるものですね。

それを遠くからではなく、渦中にいるときでも学ぼう、気づこう!と思えばそれができるのが「人間」だと思います。

苦しいときに学んだことは、生きる知恵であり、とても貴重な学びです。

どん底にいればいるほどそれ以上落ちることはないとも言えますから、後は這い上がっていく道だけ・・・だと思って顔を上げて穏やかな表情を浮かべることが大切です。

ムリにでも笑顔をつくれば気持ちも晴れていきます。

そして、実際にそうした試練から這い上がってイバラの道をくぐり抜けたときには、一回りもふた回りも大きな存在となっていますね。

まあ、そうは言っても確かに簡単にできることではないかもしれません。

でも、そう信じることができる人はピンチをチャンスに変えて立ち直ることができる資質を持っている人だと思います。

まずは、この先5分を穏やかに乗り切って、次にまた5分を乗り切っていけば、自然と50分が経ち、5時間が経ち、5日が経ち、5週間が経過していきます。

どんなときも前向きな姿勢だけは失わないで「自分はツイテいる!」「運が良い!」ということを信じ込むことで、目先の5分を乗り切ると良いと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-2-5

    一億総副業(複業)の時代が来るのか?

    昔から農業を営む人が農業以外の仕事にも就いて収入を得る・・・という「兼業農家」が存在しています。 …
  2. 2020-2-12

    営業でサーヴェイするときに有効な3つの魔法の言葉

    営業活動で、自社商品の説明をひたすら行おう・・・とする人がいます。 もちろん、それがないと営業…
  3. 2019-1-20

    アメリカでは自己破産しても再起可能ですが…

    トランプ大統領は過去にカジノ・リゾート事業を経営する会社を4度も倒産させているそうです。最初の倒産は…
  4. 2017-4-18

    給料を増やせる職業と働き方とは?

    一般的な会社務めの仕事で手っ取り早く多くの給料をもらおうと思えば、就くべき職種は「営業職」です。 …
  5. 2017-2-8

    お金の失敗を早く経験することも大切

    外国の子どもは「働かないとお金を手に入れられない」という発想が身についていると言われます。 そ…
  6. 2019-7-13

    お金は稼いだら「増やしてから」使おう!

    かつて戦後の時代など、「モノがない時代」というのは「(モノが)あるだけで」幸せでした。 当時は…
  7. 2017-11-6

    【重要】罰する必要のない人を罰しない!

    自分の人生がうまくいってる・・・と思う人は、心が穏やかになって他人に接する態度も柔らかなものです。 …
  8. 2020-4-25

    環境の変化に対応しなければ生き残れない

    かつてダーウィンが『進化論』で説いたこと =「生き残るのは強いものでも優秀なものでもなく変化に…
  9. 2017-3-26

    【経営者注目!】新規参入でビジネスを早く軌道に乗せる裏技とは?

    一般的に、既に市場が出来上がっている業界に新規で参入していくのは「レッドオーシャンに飛び込む」・・・…
  10. 2017-11-3

    毎月の生活費に困らない人の2つの共通点

    人が生きていくうえでお金は必要不可欠なものですが、そうした「生活するお金に困らない人」にはある特徴が…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る