45歳定年制/新浪剛史(サントリーホールディングス社長)

今から1か月ほど前に実施された経済同友会のセミナーで、サントリーHDの新浪剛史社長が、「『4545歳定年制』にして個人は会社に頼らない仕組みが必要だ」・・・といったことを発言し、その後SNSで炎上する騒ぎになりました。

 

翌日、新浪氏は「定年という言葉を使ったのはちょっとまずかったかもしれない・・・首切りをするということではまったくない」と、自身の発言を修正しました。

大手企業のそれなりに知名度のある方がそれなりの公の場で「45歳定年制が必要だ」と述べたことに賛否両論が集まったわけですが、どちらかと言えば「否」の意見がほとんどで、結局は「負荷がかかる側=その立場・境遇に置かれている人=従業員など」の猛反対に遭ったわけです。

 

ネット上で炎上したため新浪氏はその後発言を修正しましたが、実際のところ、その本音としてはやはり「45歳以上の(無用な)社員は必要ない」・・・といったところにあるような気がします。

 

経営者サイド(=雇う側)と従業員サイド(=雇われる側)とでは、同じ物事・出来事に対してもそのとらえ方が異なってしまうのは仕方のないことです。

 

雇う側は「社内環境を作る側」であり、雇われる側は「作られた社内環境に適応する側」です。

 

ダ―ウィンが言ったように「変化や環境に自分自身が適応していく」ことが、種の生き残りには必要です。

 

今はまだ一般的ではない「45歳定年制度」ですが、会社によっては実態としてすでにそれに近い状態になってきているところもあると思います。

 

つまり、制度としては「65歳定年」になっているけど、50歳の手前くらいからもう会社内での「必要社員/不要社員」の別が明確になっていて、ひとたび不要社員のレッテルを貼られた人は出世競争から大きく外れリストラ要員として人事部でチェックされてしまっている・・・ということです。

 

今は良くても、有事の際には真っ先に馘を切られる候補に挙がっている・・・ということです。

 

サラリーマンとして働く人は、今の自分の年齢と自分の存在価値を客観的に捉えて、自分の人生と家族の人生を守るために自分がどのように成長していかなければいけないのか?を適切に把握することが大事です。

 

ある日突然に思いがけないネガティブなことに遭遇しても、そのとき経済的に慌てることがないように今からその準備を行なって、自身のライフプランとマネープランを有効に活かしていく意識を持つと良いと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2021-9-6

    【重要】「持ち家志向」の前に持つべきものとは?

    これまでの日本人の人生設計の中には「持ち家志向」が根強くあったと思います。 社会人になった後、…
  2. 2018-1-19

    一人暮らし社会人が東京で幸せに暮らすために必要な家とは?

    昨年11月に不動産情報サービスのアットホーム株式会社が発表したある調査によると、「一人暮らしの社会人…
  3. 2018-1-2

    「18歳」←と→「81歳」

    2018年がどういう年になるかわかりませんが、21世紀になって早や18年・・・です。 何でも「…
  4. 2017-1-27

    毎月1万円を積み立てていくと・・・

    「毎月少しずつお金を貯めていきなさい。そうすれば年末にはビックリするでしょう・・・・・・あまりの少な…
  5. 2019-12-27

    お金を稼ぐ力は長期目線に立って考えると良い

    日本のプロ職人、社員、アルバイトなどの報酬・給料を時給換算した場合、その職種等によって約100倍近く…
  6. 2018-1-22

    「最初の1か月は1%の高利息が付きます」の意味

    今の時代は銀行の普通預金に預けても利息が0.001%程度・・・、定期預金に預けても大手銀行で0.01…
  7. 2017-6-22

    サラリーマンが心がける大事なことの一つ

    私が大学卒業後、26年間会社員として働いた中で「あえて何か自慢すするとしたら何ですか?」・・・と聞か…
  8. 2018-5-3

    相続でもめないように早めの手当てを・・・

    不動産を所有している人が亡くなり、残った不動産を巡って骨肉の相続権争いが起こり、その結果誰の名義にも…
  9. 2018-5-6

    定年後(老後)の準備は貯金だけでは心許ない・・・

    サラリーマンの定年年齢が徐々に引き上げられています。 今の若い人には信じられないかもしれません…
  10. 2018-2-14

    【2018年バレンタイン】うまくいかなかった経験も学びの経験です

    バレンタインデーは残酷なもので、一つの決着(好かれているかどうか)をつけて、人の感情の区切りを明確に…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る