私は投資信託には興味がありません

世間にはいろんな金融商品があります。

大きく2つに分けるとすれば、自分である程度コントロールできる商品と、自分ではほとんどコントロールできない商品とに分けられます。

世の中には自分の意思ではどうにもならないことはいくらでもありますから、そうしたことにいちいち腹を立てていたらキリがありませんが、せめて自分の意思でコントロールできることは自分でコントロールするように努めたほうが良いと思います。

金融商品で言えば、投資信託などは自分でコントロールができない商品の代表例です。

私は、大学生の頃に投資信託を買ったことがありますが(今から30年以上も前です)、思ったほど残高が増えず、よくよく考えてみれば自分で株の売買をしたほうが儲かることに気づき、自分でコントロールできない投資信託は合わないな・・・と思ってそれ以来投資信託には手を出していません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

人は知らず知らずのうちに他人を当てにして生きてしまうのかもしれません。

子どもの頃は親や学校に依存し、社会に出れば会社や上司に依存し、結婚すれば配偶者に・・・老後は政府に依存する、という傾向の人は多いと思います。

でも、他人とは所詮他人の関係です。

家族であっても自分の思うとおりには動いてくれないし、物事は自分が望むとおりの未来になるとは限りません。

・・・むしろ思いどおりにならないことのほうが多いと思います。

すると、人はイライラしたり、怒ったり、嫉妬したり、愚痴をこぼしたりします。

でも、どんなに怒ってもたいていの場合結果は変わりません。

・・・・・・・・・・・・・

投資・投機・ギャンブル等のお金の世界では、基本的に誰もが「自分の儲け」を優先して考えています。

自分の大切なお金を他人に預けても、その人が自分のために最善を尽くすことはまずなく、その人なりの優先順位で処理されていきます。

言えるのは「自分のお金の運用を他人に任せるのは得策ではない」・・・ということです。

投資信託のリスクはパンフレットに小さな文字で目立たないところに書かれていたりします。

営業トークではリターンのほうばかり強調して話され、リスクについてはサラッと流されがちです。

投資信託を購入するということは、極端な事を言えば「自分では何もせずにすべての運用を他人任せにして儲けようとする」ことです。

・・・だから・・・結果として大切なお金を減らし、最悪の場合失うこともあります。

お金は欲深い人間からは逃げていく・・・とも言われます。

もちろん投資の参考意見として専門家の声を聞く/情報を得ることは大切です。

でも、他人から情報を得ることと、他人にお金の運用を任せることには雲泥の差があります。

そうした考えで私は「投資信託」という商品には興味がないし、手を出さないことにしています。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-5-13

    中途採用で求められるのは、即戦力+成長力のある人材

    企業で中途採用を実施しているところは多くあります。 そうした企業で求める人材というのは何も「即…
  2. 2019-12-1

    投資・資産運用では退場しないことが大事/敗者のゲームと知る

    たとえばテニスの試合で、プロ選手とプロ選手が試合をするときと、素人が素人と試合をするときとでは、勝負…
  3. 2017-11-19

    下積み時代を経験した人ほど不遇の時代を乗り越えやすい

    若い頃に職場で体験する苦労や一人前になる間の期間のことを「下積み」と呼んだりします。 上に先輩…
  4. 2017-12-4

    未来を自分の手で創っていこう!

    未来は「変える」というよりも「創る」という表現のほうが正しいのかもしれません。 なぜなら、未来…
  5. 2017-11-23

    1日8時間労働に囚われていませんか?

    今日(11月23日)は、勤労感謝の日ですね。 いつも健康で働ける身体があること、働く職場がある…
  6. 2018-4-24

    「自負心」という大切な気持ち

    よく「私は○○だったらできる自負があります」とか、「これまで長年やってきた自負があります」などと言っ…
  7. 2018-6-13

    ハリーポッターに学ぶ「自分がやれることはすべてやる」+「うまくいくまであきらめない」

    「ハリーポッター」と言えば、映画はもちろん、本やUSJのアトラクションなど、多くの客を動員してお金を…
  8. 2020-3-6

    稼げるときは勢いに乗って稼ぎまくろう!

    自分は元気で健康であっても、家族が病気になったり健康でなくなったりする場合があります。 &nb…
  9. 2020-6-20

    【重要】自分で老後の生活資金を確保しなければいけない時代

    これまで政府が「安心、安心」と言ってきた公的年金制度は、まあ崩壊することが仮にないとしても、老後の生…
  10. 2017-12-13

    2回立ち読みするほどの雑誌や本は・・・

    書店やコンビニでは雑誌や書籍を立ち読みすることがけっこう可能です。 たまたま時間が空いたときな…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る