お金持ちの財産承継の仕方とは?

お金持ちは蓄積した資産額が多いだけに、自分が死んだ後の処分についていつも頭のどこかで考えています。

一番ラクなのは、思い切って「全額寄付をする」という方法です。

これだと簡単にできます。

ところが、家族を持っているお金持ちの人は、やはり残された遺族の生活を案じて全額寄付とはできないものです。

遺族が若ければ自力で働いてお金を稼ぐこともできますが、長年連れ添った配偶者など、ある程度の高齢者であれば働くことなんてできないでしょうから、やはり生活に困らないだけの金銭を遺してあげたいと思うものです。

そこで発生する悩ましいものが相続であり、「相続税」です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

子どもに承継させる場合、遺した金融資産や実物資産は結局のところ「資産移転」という事象が起きます。

生前贈与なのか相続なのかは別として、お金持ちから我が子への資産の移転ということには必ず「税金」という厄介なものがつきまといます。

税金をかからないようにする方法が世間でいろいろ紹介されていますが、時代の変遷に合わせて常にイタチごっこみたいなものです。

お金持ちの親が子どもに何かを残す方策としては、単純な「資産移転」以外に、時間はかかりますがこんな方法があります。

それは「教育投資」です。

子どもに多額な教育投資を施せば、子どもは良い教育を受けたことで「自立性」「自助収益力」が身に付き、稼得能力が高くなる可能性大です。

ここで言う「良い教育」というのは必ずしも偏差値の高い学校に入学させるという受験勉強のことを指すわけではありません。

全人教育的なもので、人間力を高め、サバイバル能力を高め、ビジネススキルを高めるような教育を指します。

子どもへの教育投資をすれば、必然的に親の持っている資産(金銭)は減ります。

反対に、教育投資を抑えれば死亡時の遺産額は増えます。

言い方を変えれば、お金持ちの財産承継は資産移転で行なうのか、それとも子どもへの教育投資で行なうのか?・・・という選択でもあるわけです。

そして、お金持ちというのはこうしたことを自分なりに早期に理解して、両者をバランスよく行なおう・・・と心がけます。

中にはうまくいかない失敗例もあるかと思いますが、概ね成功するパターンが多いように思えます。

お金持ちの財産承継法は、子どもへの教育投資と合理的・合法的方法による資産移転の両輪で行なうこと・・・がその極意だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ
澤井豊

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-5-3

    相続でもめないように早めの手当てを・・・

    不動産を所有している人が亡くなり、残った不動産を巡って骨肉の相続権争いが起こり、その結果誰の名義にも…
  2. 2019-6-12

    「長期・積立・分散」が資産形成の王道

    今35歳の年齢の人は、倍返しの35年後は70歳です。 ちょうど今、「年金支給年齢が70歳か…
  3. 2018-11-3

    サントリー2代目社長佐治敬三の戦略に学ぶ

    サントリーの創業社長「鳥井信次郎」の実の息子である敬三氏は母方の姓を継いで「佐治敬三」と名乗っていま…
  4. 2017-8-6

    投資(不動産投資)のススメ

    不動産投資で経済的自由を手に入れようと思うなら、まずはおおざっぱでも構わないのでとりあえずの目標を持…
  5. 2019-10-31

    投資から目を背けてはいけない

    5月から「令和」時代が始まり、早6ヶ月(=半年)が経とうとしています。 これからの時代は、昭和…
  6. 2017-11-18

    身だしなみとお洒落(オシャレ)の差

    最近は「身だしなみ」という言葉をほとんど聞かなくなりました。 普段お洒落には無頓着な私ですが、…
  7. 2017-7-21

    「投資脳」を持てない人はムリに投資をしないほうがいいかも?

    「投資とはインカムゲインを求めること」であり、キャピタルゲイン(売買差益)を求めるのは「投機」と私は…
  8. 2019-9-7

    本を買いすぎて貧乏になった人はいない!

    自己破産をしたり、貧困生活を送る羽目になってしまう主な原因は「過剰な消費活動」にあります。 も…
  9. 2017-11-3

    毎月の生活費に困らない人の2つの共通点

    人が生きていくうえでお金は必要不可欠なものですが、そうした「生活するお金に困らない人」にはある特徴が…
  10. 2018-5-28

    【必読】お金の教養は大切です

    人が親元を離れて経済的に自立しなければいけなくなったら、手元に入ってくるお金をどのように使うか、それ…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る