収益不動産は他人の資本を集める器みたいなもの

ある人が自分が借りているマンションの大家さんと話をしたとき、今まで考えたこともなかった事実に気づいた・・・そうです。

それは大家さんが言ったほんのちょっとした言葉でした。

その人が大家さんに「いつもお世話になっています」と挨拶をすると、大家さんは「こちらこそありがとうございます。このマンションはおかげさまでローンの支払いが終わっているので、皆さんから頂くお家賃で新しくローンを組んでもう一棟マンションを買うことができました」・・・と。

それを聞いて、その人はある種のショックを受けたと言います。

自分が毎月支払っている家賃が、大家さんの資産形成のためになっていたとは!

・・・・・・・・・・

考えてみれば、自分が支払っている家賃は自分の資産形成には全然結び付きません。

家賃を支払うことは、大家さんの資産形成に貢献しています。

私も高校卒業から結婚して3年目までの計12年間は家賃を支払い続けていました
(支払う相手先は同じではありませんが)。

そう考えると「今まで自分はどれだけ他人(大家さん)の資産形成に貢献してきたのだろう・・・」と思ってしまいます。

自分を豊かにするつもりで毎日働いていたのに、思わぬところで密かに他人を豊かにしていた・・・と言えます。

まあ、それは悪いことではないし、相互補助の意味ではすばらしいことなのですが、でも、もう少し自分を裕福にさせることを優先しても良いとも言えます。

・・・・・・・・・・

冒頭のその人は、この出来事を機に自分でもマンションを購入して大家さんになることを決意したそうです。

当たり前のことですが「家賃を支払う」の対極には「家賃をもらう」があります。

お金は「支出」よりも「収入」がまずは大切です。

収入なくして支出はありません。

収益不動産と呼ばれるマンションやアパートや一軒家や駐車場というのは、他人が持っている資本(お金)を家賃という名目で毎月、定額を、継続して、自動的に、集めてくれる一種の「器」のようなものです。

貸主は何もしていないのに、キチンと決まった日に収入をもたらしてくれているわけです。

貸主にとっては「自分以外の働き手」がいるようなものです。

誰かが借りている部屋は、貸主にとってはまるで「実の成る木(お金の成る木)」みたいなものです。

そこで得られた果実(お金)は、集荷されて蓄積されることで、また別の場所に種をまかれ、また果実をつける木になっていきます。

大家さんはこうした「仕組み」を持っている人であり、そして実はなろうと思えば誰にでもなれる職業です。

時間はかかりますが、なろうと思って行動を起こせばいつの日か必ずなることができます。

もちろん、そういう選択肢を選ばないという手もありますが、私は数年前にこの手を選択して実に良かったと思っています。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2019-7-9

    「危ないこと」と「怖いこと」と「勇気」

    「投資」は危ない・・・怖い・・・と言う人がいます。 年齢にもよりますが、「危ないことには近…
  2. 2020-6-1

    「投資」に対してポジティブなイメージを持とう!

    お金に関するトラブルは後を絶たず、世間では「株式の売買で損をした」・・・「FXで貯金をすっからかんに…
  3. 2016-12-8

    あなたは「お金の教育」を受けたことがありますか?

    世の中には自己流でも特段問題なくやり過ごせることと、自己流ではやり過ごせないことがあります。 …
  4. 2017-10-26

    サラリーマンの定年後に必要な覚悟とは?

    多くのサラリーマンは、定年退職後は「就労」をすることなく、自宅でのんびり過ごします。 ある程度…
  5. 2021-5-19

    【クイズ】高級羽毛布団はどうやって売れるようになったのか?

    あるお店での実話です。 そのお店の店頭では2種類の価格設定で羽毛布団が売られていたそうです。 …
  6. 2018-5-9

    「アメとムチ」マネジメント→「アメとアメ無し」マネジメントへ

    人を働かす最も原始的なものは、もしかすると「ムチ」だったのかもしれません。 古代の奴隷たちが鞭…
  7. 2019-6-24

    経営者/リーダー/マネージャーの違い

    経営者もリーダーも時には同じ意味で用いられることが多いですが、会社組織の中で、あえてそれを分けて考え…
  8. 2018-2-5

    一億総副業(複業)の時代が来るのか?

    昔から農業を営む人が農業以外の仕事にも就いて収入を得る・・・という「兼業農家」が存在しています。 …
  9. 2017-11-18

    身だしなみとお洒落(オシャレ)の差

    最近は「身だしなみ」という言葉をほとんど聞かなくなりました。 普段お洒落には無頓着な私ですが、…
  10. 2017-3-10

    熱心な営業マンと立派な営業マン

    世の中にはいろいろな経営者がいて、中には「名経営者」として世間に広く名前が知れている人や、亡くなった…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る