生活費のすべてを投資の収益で賄えるとしたら

仮に年間の生活費に400万円が必要だとします。

多くの人は、会社に就職して給料とボーナスをもらってこの400万円を得ようとします。

足りなければ奥さんがパートに出て働くか、自分が休日にアルバイト(副業)をして賄おうとします。

それで目先的には何とかなりますが、来年もまた400万円を稼ぐことが必要で、再来年以降もずっと同じことが続きます。

では、この400万円を「投資からの収益」で賄うことができたらどうでしょうか?

投資からの収益であれば、自分が働くことも奥さんが働くことも必要なくなります。

もし、働いて稼ぎがあれば、それは投資からの収益400万円にプラスしての収入という見方ができます。

働いた稼ぎ(収入)に加えて投資で得た収入・・・・・・と考えるのではなく、投資からの収入に加えて働いた稼ぎ(収入)という発想がポイントです。

「投資からの収入」を一家の金銭面における大黒柱にして、自分が働いて会社からもらう給料・ボーナスは副業的なものだ・・・と理解すると、世間の見方が変わってくると思います。

投資からの収益だけで必要な生活費用をすべて賄うことができたなら、自分も家族もいつでも労働(就労)から解放されます。

それを実現できるのが「不動産投資」です。

もちろん、一朝一夕ですぐにはできません。

仕組みを作るのには時間が必要です。

でも、それをキッチリ数字で計算し、計画を立てて、確実に実行していけば、いずれ実現する日が必ず訪れます。

「今の段階」では、生活費を切り埋めて貯蓄に重きを置くようにする必要があるかもしれませんが、長い人生の中で見ればそうした時期は短いものです。

自分は何歳までにいくらの金融資産を保有して、労働(就労)から解放されるように計画を練るか?

自分はどんな人生を送りたいと願い、実際そうすることを強く意識して実行に移すか?

こうしたことをキチンと計画して、実行する人が世の中にはいるものです。

今から約9年ほど前の私には、会社からの給料・賞与以外の収入源はありませんでした。

当然、家賃収入はゼロでした。

でも、9年前に不動産投資の将来性・安定性に気づき、まずは一歩踏み出して東京都内に中古マンルームマンションをローンを組んで1戸購入したことから私のその後の人生は大きく変わりました。

あのときに、不動産物件を買っていなければその後は「手持ちの現金」は増えていたかもしれませんが、でもその現金はそれ以上増えることもなかったと思います。

最初の一歩は小さな一歩で、ローンを差し引くと毎月の手取り金額は実質1万円にも満たないくらいの微々たるものでした。

でも、そこから始まって徐々に件数を増やしていき、今年の初めには41戸の投資収益物件を持つにまで至りました。

1戸当たり1万円に満たない収益のモノもあれば、4万円を越えるモノもあります。

合わせれば、日々の生活を補うのに十分な金額です。

そうしたおかげで、今ではすっかり労働(就労)とは関係なく生活を組み立てることができています。

そこで増えたお金でまた物件を買えば(あるいはローンを返済していけば)リスク無しで規模を拡大できるという好循環になることも知っています。

不動産投資を始めて約9年が経ちますが、仕組み自体を構築することができたのはわずか2年でした。

その時間を待つことができるかどうか?

ほんの数年もすれば、会社の給料の代わりどころか、かなり余裕を持った生活をしてもまだ余るほどの収入を得ることができるようになれるのが「ビジネスマンの不動産投資術」だと思います。

まあ、他人と比べる必要はないし、自分の道を自分のプラン通りに歩んでいけば良いだけです。

何が幸せで、どう歩んでいきたいのか、またそのためにお金はいくら必要なのかは人それぞれです。

生活費のすべてを投資の収益で賄えるとしたら、そこで空いた時間を自分の好きなように使えること(=自由)という構図を多くの人にも活用してもらいたいと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年2月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

注目のお勧め記事!

  1. 2019-11-12

    現役時代に「投資」の経験をしてリスクを下げておこう

    人は「経験したことには耐性を持てる」ことが多く、2回目以降は「初めて」のときほどは怖くはなくなるもの…
  2. 2018-6-13

    ハリーポッターに学ぶ「自分がやれることはすべてやる」+「うまくいくまであきらめない」

    「ハリーポッター」と言えば、映画はもちろん、本やUSJのアトラクションなど、多くの客を動員してお金を…
  3. 2018-11-3

    サントリー2代目社長佐治敬三の戦略に学ぶ

    サントリーの創業社長「鳥井信次郎」の実の息子である敬三氏は母方の姓を継いで「佐治敬三」と名乗っていま…
  4. 2017-11-18

    身だしなみとお洒落(オシャレ)の差

    最近は「身だしなみ」という言葉をほとんど聞かなくなりました。 普段お洒落には無頓着な私ですが、…
  5. 2017-4-17

    経営者はブランド力を意識して経営を!

    よく「ブランド」という言葉を私たちは使いますが、その言葉の定義を求められるとなかなか即答できる人は少…
  6. 2018-1-22

    「最初の1か月は1%の高利息が付きます」の意味

    今の時代は銀行の普通預金に預けても利息が0.001%程度・・・、定期預金に預けても大手銀行で0.01…
  7. 2018-12-21

    【注意】投資がキケンなのではなく◯◯◯がキケンです!

    世の中には「投資はキケンだから絶対にやらない!」という人もいます。 もちろん、それはその人の自…
  8. 2019-7-13

    お金は稼いだら「増やしてから」使おう!

    かつて戦後の時代など、「モノがない時代」というのは「(モノが)あるだけで」幸せでした。 当時は…
  9. 2017-10-15

    あなたの収入は何のため?

    私は「不労所得」という言葉を普段使わないのですが、世間一般では「働かないで得られるお金のことを不労所…
  10. 2020-4-25

    環境の変化に対応しなければ生き残れない

    かつてダーウィンが『進化論』で説いたこと =「生き残るのは強いものでも優秀なものでもなく変化に…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る