老後資金を作り出す方法を選択する勇気

不動産投資というのは、ひと昔前までかなりのお金持ちでないとおいそれとはできないシロモノだったと思います。

なぜなら、不動産を購入するには多額の現金が必要だったからです。

今でも「不動産の購入に多額の現金が必要」というのは変わりませんが、でも、昔に比べればそのハードルは随分と低くなったと思います。

都心部にある大豪邸を買うわけではなく、地方部にある中古ワンルームマンションを一室買う程度であれば、200万円以下の資金で買えたりします。

また、数千万円の不動産を購入するとしても、自己資金を満額そろえることは必要ではなく、銀行からお金を借りて購入することが簡単にできる世の中になりました。

特にサラリーマンの場合は「会社組織に数年以上所属していて年収がこれくらいある・・・」という条件さえ満たせば、それが金融機関への担保となって社会的信用を得られる=融資を受けられる・・・となります。

自分の貯金を全額取り崩すことなく、他者のお金(他者資本)を使って不動産を購入する(=不動産投資を行なう)ことが可能です。

それを知っている人は知識を実践に活かし、既に不動産投資を行なって自分の老後対策を施しています。

それに対して、知識はあるけど実践する勇気のない人や何も知識がない人はその選択肢をとることができずにいます。

知らないのであれば仕方がありませんが、知っていて行動に移せない(それでいて老後のお金に不安を抱えている)のはちょっともったいないような気がします。

現在、そして将来の生活を少しでも豊かなものにするには、やはりどうしても「お金」の問題は避けて通れません。

不動産投資は、物件購入時に適切な物件選択を行い適切な買価で購入すれば、その後はほぼ安定的に権利収入を得ることができる投資でありビジネスです。

「不動産投資」という老後資金を作り出すツールを知った今から行動をしても大丈夫なのがこの仕組みのありがたいところでもあります。

老後の生活に不安を抱えたまま今までと同じことを繰り返して生きていくか?・・・それとも、重い腰をそろそろ上げて未来の自分の安心を担保する行動をとるか?

自己責任の原則のもと、自分で選択肢を見つけ、その中からどれを選ぶか決断し、その後そのとおりに実践していく・・・ということはとても重要だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目のお勧め記事!

  1. 2017-1-15

    私が大切にしている「人生変化プロセス論」

    私は幼い頃、前ばかりを見ていたので過去を振り返る事はほとんどありませんでした。 少し成長すると…
  2. 2018-9-9

    副業が「原則自由」の注意点

    今や副業は「原則禁止」から「原則自由」に変わってきている時代です。 たった2文字の違いですが、…
  3. 2019-6-12

    「長期・積立・分散」が資産形成の王道

    今35歳の年齢の人は、倍返しの35年後は70歳です。 ちょうど今、「年金支給年齢が70歳か…
  4. 2018-6-4

    わかりやすい説明・報告をするときの留意点2つ

    「人にわかりやすく説明する能力」は、上司であれ、部下であれ、すべての企業人に求められます。 ま…
  5. 2018-8-13

    投資とは「買ったモノをそのままなのにお金を返してもらう」ようなこと

    投機は、買ったモノを転売することでその売買差益を狙う行為です。 多くのビジネスの仕組みはこれと…
  6. 2017-12-1

    達成感と充実感の違い

    目標を達成したときに得られるのが達成感ですが、同時にそのとき人は充実感も感じます。 充実感は幸…
  7. 2016-12-29

    為替で1ドル117円30銭~40戦という意味

    今年の1月は1ドル≒117円台でした。 12か月間でいろいろ動いて、結局この年末の為替相場は1…
  8. 2015-7-21

    マイナンバー制度で日本郵政に特需あり!

    日本全国の国民にマイナンバーが割り振られた通知が届くのは10月の予定です。 来年(2016年)…
  9. 2018-4-9

    新入社員は「教わり上手」になろう!

    新入社員が入社して、早や一週間が経つ時期です。 新人さんたちはまだまだ仕事に不慣れなハズですが…
  10. 2019-10-31

    投資から目を背けてはいけない

    5月から「令和」時代が始まり、早6ヶ月(=半年)が経とうとしています。 これからの時代は、昭和…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る