「マイホーム」はほとんどの人にとって一度限りの高い買い物

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。

サラリーマン家庭では30代~40代になるとそれとなく住宅購入を考え始めるようになります。

 

世間の風潮というか、昔からの流れというか、だいたいそれくらいの年代になるとマイホームが欲しくなるようです。

 

結婚した直後や子ども生まれて少し経った後や、子どもの進学を考えるころにちょうどマイホームを検討し始める傾向にあると思います。

 

そうした「マイホーム」はほとんどの人にとって「一生に一度の大きな買い物」となり、それ故に「いろんな夢・欲求」を詰め込みたくなるものです。

 

最近は3Dプリンターで500万円くらいで家を建築することができる・・・というニュースが流れ、将来の家の価格崩壊も一部では予想されているようです。

 

大多数の家庭では「マイホーム予算」が存在し、その範囲内で自分たちの要望を満たせる物件を探します。

 

・・・・・・・・

一般家庭でも一般企業でも、高額な何かを手に入れようとするときには必ず「予算」というものが行く手を阻み、壁を作って立ちはだかります。

 

予算の中でどうにかやりくりして生きていかなければならないわけです。

 

お金に余裕が無いサラリーマンが、家計の中で「住居費の割合/絶対額」を高くしてしまうことはある意味では致命的になります。

 

住宅ローンは「組める金額を組む」のではなく、たとえ組めるとしても、将来を見越して「余裕を持てる範囲内で組む」という姿勢が大事です。

 

毎月のサラリー自体に余裕が無いのにそこから更に余裕が無くなる選択をして、日常生活にますます余裕が無くなるという負のスパイラルを引き起こすことはうまくありません。

 

抜け出せない蟻地獄に足を踏み入れるようなものです。

 

周りもそういう人が多いから・・・と、何となくローンを組む人もいますが、これもうまくありません。

 

他家は他家、我が家は我が家・・・です。

 

そういう傾向のある人はもっとお金の教養を身に付けるなどの事前努力が必要だと思います。

 

夢・欲求を叶えるために予算オーバーでマイホームを購入する家庭は多いような気がします。

 

一時の気分の高揚で無謀な一歩を踏み出すのはキケンです。

 

収入(給料)がその分増えるわけではないとしたら、ローン返済の支払いが増える分だけ何らかの支出を減らす必要があり、結局そこから「切り詰めた生活」が始まります。

 

そこに当初予定していなかった金利の上昇が加わると、さらに苦しくなります。

 

サラリーマンとして働く家庭の大黒柱のお小遣いが減るのが目に見えています。

 

そのため身を粉にして追加で働く(=副業)などしたりしますが、そこで身体を壊したら元も子もありません。

 

「マイホーム」はほとんどの人にとって一度限りの高い買い物であることをよくよく考え、将来のライフプランとマネープランをある程度構想できないうちは手を出さないほうがベターかもしれないですね。

 

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。
澤井豊、連載!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://newofficesawai.com/

Twitter

Facebookページ

関連記事

投稿カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

注目のお勧め記事!

  1. 2017-3-10

    熱心な営業マンと立派な営業マン

    世の中にはいろいろな経営者がいて、中には「名経営者」として世間に広く名前が知れている人や、亡くなった…
  2. 2017-4-8

    サラリーマンがお金持ちになれない4つの壁

    サラリーマンがお金持ちになるためには越さなければいけないいくつかのハードルがあります。 いわゆ…
  3. 2021-2-16

    300万円の元手で車を買うなら…?

    仮に今自分が300万円を貯金していて、特に使い道が決まっていないと仮定します。 …
  4. 2018-4-7

    「傍観者」の生き方より「挑戦者」の生き方を!

    サラリーマンに次の言葉を投げかけて、その後に自分だったらどんな言葉を続けるか聞いてみると、たいてい2…
  5. 2018-1-8

    お金持ちより「お金力・持ち」を目指そう!

    お金はないよりあったほうがいい・・・とよく言われます。 確かにそのとおりだと思います。 …
  6. 2019-4-3

    学生は「点数」で評価され、社会人は「実力」で評価される

    学生の頃は、勉強したことが「点数」をつけられることで評価になりました。 点数で評価されるこ…
  7. 2018-3-3

    【必読】経済的自由を手に入れるための発想とは?

    世間のほとんどの人はお金を稼いだらそれを消費にまわします。それがある意味常識になっていると思います。…
  8. 2018-2-15

    【確定申告】あなたの「本業」は自分で決められる!

    確定申告の時期になってきました。 雇用されて働くサラリーマンのほとんどは確定申告と無縁ですが、…
  9. 2017-12-16

    出来事は一つ、人生はそのとらえ方次第です

    たった1つの失敗で自信を喪失した人は、その出来事を「人生最悪の過去」と記憶しているかもしれません。 …
  10. 2017-1-18

    部下の欠点・短所を指摘するときのコツ

    上司が部下を自分のデスクに呼んだとします。 上司にそのつもりがなくても、上司の言うことは得てし…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る