いくらの年収アップを目指しますか?

たとえば、今年いきなり年収を600万円アップさせる!・・・と言っても、それは肌感覚で無理だと誰でもわかります。

でも、設定金額をその1割に定めて「今年の年収を60万円アップさせる」だとどうでしょうか?

これでもかなり難しい/無理だという気がするものですが、その一方でこれを「1ヶ月に直すと5万円か!」・・・と気づけば、どこかでアルバイトをすればできないこともないかな?」と思えるかもしれません。

さらに9割下げて「今年は年収を6万円アップさせる」に設定し直すと、かなりの人が「まあ、それだったらできそうだ・・・」と感じられると思います。

1ヶ月に直すと「月に5千円アップ」であり、月に5千円というのは肌感覚で十分に実現可能な金額だからです。

それくらいなら、何かをすれば(単純にアルバイトでもすれば)できそうだ・・・と思う人はかなり多くなると思います。

少し引き上げて「月に1万円」でも何とかなりそうな気がする人は多いと思います。

では「月に2万円」だとどうでしょうか?

この辺から少しずつ見解が分かれ始めるかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一気に多くのこと/大量のことを成し遂げようとすると、そのハードルは高く、人の気持ちもすぐに萎えてしまいます。

頭の中で即座に「絶対に無理だ!」認識し、すぐに「あきらめの境地」に達するからです。

一方で、人は過去の経験則などから、「これくらいだったら何とかなるかも?!」という水準ゾーンをその人なりに抱いているものです。

それを設定して、実際、それに向けて行動を起こすと良いと思います。

1か月に1万円~4万円程度であれば、中古ワンルームマンションを1~2戸購入して賃貸に出せば実現可能です。

これを年に2回実施し(=年収20~50万円アップ)、それを5年繰り返せばそれだけで年収100万円~250万円のアップにつながります。

今、40歳の人も45歳までに年収をそれだけアップできれば、かなり家計は余裕を持てると思います。

今30歳の人も35歳になる頃までの計画で実践していけば、それなりに家計は安泰な状態となって未来の家計は明るいと思います。

今年の自分の年収をいくらアップさせるか?と自問自答してこの1月から実際に行動を起こすと良いと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2021-9-6

    【重要】「持ち家志向」の前に持つべきものとは?

    これまでの日本人の人生設計の中には「持ち家志向」が根強くあったと思います。 社会人になった後、…
  2. 2017-8-18

    20代のうちに「お金の教養」を身に付けたほうが良いわけとは?

    20代と80代の大きな差は、気力・体力的にやり直しがきくかきかないか?の差です。 20代はまだ…
  3. 2017-6-6

    サラリーマンと自営業者の課税上の違い

    サラリーマンは自ずと「コストアフター」の概念が当たり前になります。 コストアフター・・・とは、…
  4. 2016-9-1

    オリンピック選手が今持つべき「人生観」

    8月はオリンピックもあって世界中がいろいろ盛り上がったことかと思いますが、日本では9月になれば新学期…
  5. 2021-7-29

    競争は「被(かぶ)る」ことで生じます

    一口で「陸上競技」・・・と言っても、その括りの中にはいろんな陸上競技があって、たとえばマラソン選手と…
  6. 2016-12-8

    あなたは「お金の教育」を受けたことがありますか?

    世の中には自己流でも特段問題なくやり過ごせることと、自己流ではやり過ごせないことがあります。 …
  7. 2017-9-2

    サラリーマン→個人事業主→法人社長という生き方

    世の中には、意図的に自分で描いた人生のステップを踏んで人生を謳歌していく人がいます。 サラリー…
  8. 2019-9-14

    アメリカで注目される「FIRE(ファイア)」

    アメリカの若くて高報酬を得ている人に「あなたはFireになりたいですか」と聞けば、通じる人には通じる…
  9. 2018-11-3

    サントリー2代目社長佐治敬三の戦略に学ぶ

    サントリーの創業社長「鳥井信次郎」の実の息子である敬三氏は母方の姓を継いで「佐治敬三」と名乗っていま…
  10. 2018-7-14

    『太陽の塔』と岡本太郎の言葉

    2025年に開催される万国博覧会の開催地がどこになるのか?が注目されています。 日本では、大阪…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る