サラリーマンにとって「億円単位」の借金は怖いモノ・・・

2020-5-6

多くのサラリーマンは、会社からの給料が唯一の収入源です。

 

そのため、毎月貯金できる金額なんてせいぜい数万円が限度です。

したがって、1年で100万円も貯金できれば御の字かもしれません。

 

すると、計算上は2千万円を貯めるのに約20年必要です。

 

仮に、年間で50万円貯めるのがやっととすれば2千万円貯めるには40年必要です。

昨年、年金だけでは老後の生活が覚束なく、2000万円不足する……という金融庁の発表が物議を呼びましたが、2000万円を貯めるのに20年~40年かかるとすれば、学生が社会人になってすぐに「貯金生活」をしなければいけないことになります。

↑これは結構大事ポイントかも!?

 

また、毎月4万円~8万円を20年以上続けるのは、その途中で結婚・マイホーム購入・子育て・子供の進学等を考えると、あまり現実的にもありません。

 

→ つまり、これを現実的な話にするためには「会社からの給料だけで貯金をする」という前提条件を覆す必要があります。

→ 会社からの給料以外の収入源を持つことが求められます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

1億円貯める必要はないとしても、仮に会社からの給料だけで毎月5万円を貯金して1億円を貯めようとすれば、計算上は166年もかかります。

 

まったくもって現実的ではない話です。

 

そういう状況下で、「億円単位」の不動産投資で行ない、かつ失敗してしまうことはとても怖いことだと言えます。

そのたった一度の失敗は、「人生の失敗」とイコールになってしまう恐れがあります。
人生の失敗で深く海底に沈んでしまうような状況に陥ると、通常の給与収入(サラリー)だけでは二度と海面に浮上することはできません。

 

自分だけでなく家族もいたなら、かなり大変な思いをすることになります。

 

だからこそ、そうならないために「億円単位の不動産投資はしないでおこう」という選択肢を選ぶこともできますが、一方で、別の選択肢を探して「そうならないようにどうすれば良いか?を考える」こともアリだと思います。

 

つまり、「人生の失敗にはつながらない」投資手法を行使すること・・・です。

 

ありがたいことに、そうした手法はある程度確立されていて、そんなに難しいことではありません。

 

よほどのチョンボをしない限り、つまりある程度の慎重さをもって吟味すれば、そうした最悪の事態は避けられます。

 

問題は、それを気づき、知り、理解し、実践することができるかどうか?・・・だと思います。

 

億円単位の借金は普通のサラリーマンにはとても怖いものだと思いますが、会社事業で普段から億円以上のお金を動かしているような人にはあまり怖いことには映りません。

 

それはやはり「慣れ」があるからだと思います。

 

つまり、予めの「経験値」があるからだと言えます。

 

会社で大きな仕事を任せられるような人ほど、プライベートでも思い切った大胆な行動をとることができます。

 

そういう意味では、会社で出世して大きな仕事をやる意欲を持つことも大切だと思います。

 

投稿カレンダー

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2019-5-3

    説教をするお金持ちはニセモノ

    ある程度の人格者であるお金持ちは「自ら進んで他人に説教をする」なんてことは決してしません。 …
  2. 2017-11-24

    【重要】新築マンションを投資用に検討しないわけ

    私がいつも言っている「不動産投資」の対象となる不動産とは「中古ワンルームマンション/中古ファミリーマ…
  3. 2019-4-2

    企業を選ぶ際の「生きがいと働きがい」

    今の時期、大学新4年生は翌年の就職に向けて企業の会社説明会に数多く参加します。 それぞれの企業…
  4. 2019-6-24

    経営者/リーダー/マネージャーの違い

    経営者もリーダーも時には同じ意味で用いられることが多いですが、会社組織の中で、あえてそれを分けて考え…
  5. 2018-12-20

    サラリーマンだから得られる「印税収入」とは?

    あと10日ほどで2018年が終わり、2019年を迎えます。 街中ではひっきりなしにクリスマスソ…
  6. 2021-2-9

    株式市場が開いている時間の意味

    「市場」というのは、当然そこに来る人がいるからこそ成り立つわけで、逆に言うと、そこに来る人を対象とし…
  7. 2021-5-14

    FIREに学ぶ「支出から割り出す」財資産の金額

    昨年、アメリカでは「FIRE」と呼ばれるライフスタイルが注目され、それに関する本がよく売れたそうです…
  8. 2017-1-16

    ビットコイン(Bitcoin)とサトシ・ナカモトとクレイグ・ライト

    仮想通貨と呼ばれるものの中で、今一番有名なのはビットコイン(Bitcoin)だと言われます。 …
  9. 2017-11-20

    成功者に教えを請う方法(相手を気持ち良くさせる言葉)

    ビジネスにおいて、他者と協調し、お互いに切磋琢磨して高めあっていく姿勢は大切です。 中でも、明…
  10. 2018-9-9

    副業が「原則自由」の注意点

    今や副業は「原則禁止」から「原則自由」に変わってきている時代です。 たった2文字の違いですが、…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る