安月給を会社への貸し・・・と思えるか?

サラリーマンで「自分は会社から高い給料をもらい過ぎている・・・」と思う人なんてほとんどいないと思います。

 

逆に「自分の給料は少ない/こんなに少ない給料で自分はよく頑張っているよ」と思う人ならたくさんいると思います。

 

人は欲張りな生き物です。

 

給料がいくらであろうとそれに満足することはなく、常に「もっと欲しい」と思うものです。

今の給料に満足できないのは、給料をもらうということ自体に慣れてしまってそれが当たり前だと意識に刷り込まれてしまったから・・・かもしれません。

 

慣れは恐ろしいもので、時に人を傲慢にさせることを知っておくことは大事です。

 

・・・・・・・・・

もし、自分の給料は安い!と思うなら、じゃあ本来はいくらなら適切なのか?・・・と考えてみると良いと思います。

 

そして、そこで生じた差額分を「会社への貸しだ」と考えておくと良いと思います。

 

安い給料だ・・・と不満を持つのではなく、「会社への貸しだ」と思って「いずれこの貸しはまとめて返してもらうぞ」くらいの気持ちでいるとネガティブからポジティブに気持ちを切り替えることができます。

 

また、不思議なものでいつかどこかで本当にそうなるとき(=貸しを返してもらうとき)が来ると思います。

 

給料の高い安いは「基準の違い/価値観の違い」からくることが多く、残念なことにそれはいつまで経っても一向に交わることはありません。

 

ずっと平行線のまま・・・です。

 

だから、そんなことに不満を抱え込んで仕事をするのは精神衛生上良くないと思います。

 

サッサと気持ちを切り替えて「会社への貸しだ」と割り切り、もっと違うことのほうに意識を向けるほうがお得だと思います。

 

また、自分が他へ転職したときにいくらで雇ってもらえるか?をキチンとはかってみると、今の給料が安いかどうかが見えてきます。

 

残念なことにほとんどの人は、「今の給料はもらいすぎ/実は高すぎる給料を得ている」ものです・・・。

 

借りた状態だと人は「借りたものは返さなければいけない精神的に弱い立場になる」ものですが、貸した状態なら強気でいられる/精神的に安定していられる」ものです。

 

貸しの立場にあるなら怖いものはありません。

 

いつも堂々としていられます。

 

だからこそ、安い給料だというのなら「会社に貸している」という捉え方え方をすることで、改めてポジティブな意識で仕事に全力を尽くすと良いと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目のお勧め記事!

  1. 2018-3-11

    成功は約束されなくても「成長」は約束される…

    人間は、今、自分が決して安全地帯にはいないんだ・・・という自覚を持っていると、真剣になり、集中し、必…
  2. 2016-10-12

    権利収入の一つ、継続課金制度を導入しているか?

    電気・ガス・水道・電話の「基本料金」と呼ばれるものは、それを使おうと使わなかろうと関係なく毎月継続的…
  3. 2018-6-16

    フォード車はなぜ黒色が多かったのか?

    「自動車の育ての親」とされるアメリカのヘンリー・フォードは実際に自動車を発明したわけではありません。…
  4. 2021-7-29

    競争は「被(かぶ)る」ことで生じます

    一口で「陸上競技」・・・と言っても、その括りの中にはいろんな陸上競技があって、たとえばマラソン選手と…
  5. 2017-1-2

    【重要】自分の進むべき方向を探る10の質問【謹賀新年】

    2017年のスタートに当たってこんな問いかけを用意しました。 これらの質問に具体的に答えること…
  6. 2019-4-8

    「理由」で動くことがナンセンスなわけ

    サラリーマンは「理由」で動き、ビジネスマンは「目的」で動きます。 理由というのは過去に紐づいた…
  7. 2018-10-10

    住宅ローンと団体信用生命保険と不動産投資の使い方

    「30代の子ども有りの夫婦」が住宅ローンを組んで自宅を購入する場合、一般的に多いパターンとしてはこう…
  8. 2018-7-26

    月々9万円強で「1,000万円」を買う?

    不動産は高額なことが多いので、多くの人は「借金(融資)」をして買います。 仮に「1,000万円…
  9. 2020-10-23

    給料が上がっても油断してはいけない

    サラリーマが「高給取りになる」ことは一つの理想ですが、少し気をつけなければいけないのは、「給料が上が…
  10. 2016-12-30

    重要なことには「長期」かつ「面倒」なものが多い

    人間にとって最重要なことは、「健康的に永く生きる」だと思います。 ところが、永く生きるには何か…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る