見込み客のフォロー教育

営業の仕事とは全人格的な仕事だと思います。

たった一つだけの能力があればいいわけではなくて、広範囲の複数の能力が必要・大切になる仕事だと思います。

だからこそ、営業の仕事は奥が深いし、営業で鍛えた経験値と能力は別の部署へ異動しても通用するし、逆に言うと営業経験を経て他部署に配属されるくらいでちょうどいいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新規顧客の営業には「見込み客のフォロー教育」というステップがあります。

営業活動の中でも新規顧客獲得に欠かせないのは何と言っても 「見込み客」の存在とそのです。

良質な見込み客がたくさんいるほど新規客につながる可能性は高くなりますから、その精度を高めるために行うのが「フォロー教育」です。

フォロー教育というのは、自社商品やサービスについてより詳しく知ってもらうことです。

そうしたとき、見込み客ごとに要望等は異なりますから、それぞれの見込み客カード(カルテ)等を作成して、時系列にいろんな情報を書き加えて記録していくことがまず必要です。

こうすることで、たとえ記憶から離れていったことでもカードを見直せば思い出すことができます。

見込み客自身も忘れていることがあったりしますから、その情報を頼りに会話を進めれば、コミュニケーションを深めることもできます。

自分が見込み客のことを深く知るのと同じように、相手にも自分のことをたくさん知ってもらうことができればより親近感が増します。

自社の商品・サービスの説明などもすんなり受け入れてくれるようになります。

なぜなら、人は親近感のある人からの話には素直に耳を傾けるからです。

いきなり売ろうとするのではなく、見込み客のフォロー教育というステップをはさみこんでから、販売に移るほうが効率は上がります。

見込み客のフォロー教育をしないでいきなり「販売」しようとすると、たいていの場合はうまくいかないと思います。

私は、証券営業でも学習塾営業でもこのステップは原則として必ず取り入れていました。

そこが他の営業マンとは大きく違ったことの一つだったかもしれません。

すべての営業で「見込み客のフォロー教育」の概念は重要だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-5-26

    自主練・自主トレをやっていますか?

    相撲でも、プロ野球でも、サッカーでも、面白いことに「シーズンオンとシーズンオフ」の概念があります。 …
  2. 2016-12-8

    あなたは「お金の教育」を受けたことがありますか?

    世の中には自己流でも特段問題なくやり過ごせることと、自己流ではやり過ごせないことがあります。 …
  3. 2018-12-2

    未来の利益は経営者自身で「決める」ことが大切です

    社長(経営者)は、会社の利益数字をいつも頭の中で考える習慣が必要です。 未来の数字がいくらにな…
  4. 2017-2-11

    ピンチの時、イモ・タマゴ・コーヒー粉のどれになる?

    人が心を入れ替えて変化を起こす時というのは、たいてい何か辛い経験をしたときだと思います。 あま…
  5. 2018-1-2

    「18歳」←と→「81歳」

    2018年がどういう年になるかわかりませんが、21世紀になって早や18年・・・です。 何でも「…
  6. 2018-8-9

    給与明細書をしっかり見たことがありますか?

    サラリーマンの給料は今では「銀行振り込み」が一般的で、本人は給料日に「給与明細書」を上司から受け取る…
  7. 2017-8-11

    節税目的の不動産投資はNGです

    税金にもいろんな種類があります。 身近に感じられるのは「消費税」ですが、社会人として働いている…
  8. 2017-3-28

    若いときほど、金融商品よりも自分への投資を!

    金融商品に投資をして「お金に働いてもらう/お金がお金を生み出す」・・・ということを実践することは大切…
  9. 2018-9-20

    「お金」という結果を求めるなら【原因】をつくらなければいけない

    多くの人は、「収入が増える(稼ぎが多くなる)」という「結果」を求めます。結果を求めるのはいいのですが…
  10. 2019-8-23

    元・銀行員…がお金のプロとは限らない

    インターネットを利用して、セミナービジネスや、情報商材ビジネスや、塾・サークルビジネスを始める「元・…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る