人がものを買うのは・・・

最近の若者は「高級モノ離れ」が進んでいる・・・と言われています。

 

昔のバブル期とは違って、お金を高級品に換えて贅沢な自分に酔いしれる・・・ということがあまりないのだと思います。

 

フェラーリのような高級車も、モンブランのペンも、ロレックスの腕時計も、まあ、実際の生活の中では贅沢品と呼ばれるものであり、決して日常必需品ではありません。

 

生きていくうえで、あるいは仕事をするうえで、どうしても必要かと言われればそうではありません。

 

でも、世間には相変わらずそうした高級品を欲しがる人も多くいます。

 

「Entrepreneur Revolution(起業家革命)」の著者ダニエル・プリーストリーはこう言います。

 

人がものを買うのはそれが必要だからでも、買うべきだからでもない。それを「欲しい」からだ

 

「必要」というのは自分の感情が入り込む余地がなく、そういう意味では選択肢としては退屈なものと言えるかもしれません。

 

一方、「欲しい」というのはワクワクとした感情が入り込んで起こりうるもので、そこには自分自身の関与が必ずあります。

 

どんなに頭のいい人であっても感情には抗えないものです。

 

人は感情でモノを買い、理屈でそれを正当化したがる・・・とも言われます。

 

・・・・・・・・・・・

こうした「人がものを買うときの原理原則」を考えると、営業職に就くサラリーマンが営業活動のなかで「あなたにはこれが必要です」とか、「これは御社にとってマストアイテムです」などと言って売り込むのはナンセンスなことだとわかります。

 

場合によってはむしろ大きなリスクとなり得ます。

よく商品の性能を数字を使って長々と説明する営業マンがいますが、お客さまにはそんなことは重要ではありません。

 

大事なのはその商品を買うことによって、

・自分(お客さま)の生活がどう変わるか

・周りの人からどう見られるか

・どんな欲求が満たされるのか

・・・などといったことにあります。

こういったことをテキストやビジュアル、動画などを使って適切に伝える/プレゼンテーションをすることが大事です。

 

人は感情で動く動物であり、必要だからよりというよりも欲しいからで買う・・・という原則の部分を十分に理解して営業活動を行なうことが大事だと思います。

 

澤井豊、連載!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://newofficesawai.com/

Twitter

Facebookページ

関連記事

投稿カレンダー

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-1-27

    毎月1万円を積み立てていくと・・・

    「毎月少しずつお金を貯めていきなさい。そうすれば年末にはビックリするでしょう・・・・・・あまりの少な…
  2. 2018-2-14

    【2018年バレンタイン】うまくいかなかった経験も学びの経験です

    バレンタインデーは残酷なもので、一つの決着(好かれているかどうか)をつけて、人の感情の区切りを明確に…
  3. 2018-1-22

    「最初の1か月は1%の高利息が付きます」の意味

    今の時代は銀行の普通預金に預けても利息が0.001%程度・・・、定期預金に預けても大手銀行で0.01…
  4. 2016-11-29

    「営業で断られる6つのパターン」を研究して売れる営業マンになろう!

    昔から一番ラクな営業は相手先任せで済んでしまうやり方で「待ちの営業」と言われています。 それを…
  5. 2018-5-9

    「アメとムチ」マネジメント→「アメとアメ無し」マネジメントへ

    人を働かす最も原始的なものは、もしかすると「ムチ」だったのかもしれません。 古代の奴隷たちが鞭…
  6. 2018-9-20

    「お金」という結果を求めるなら【原因】をつくらなければいけない

    多くの人は、「収入が増える(稼ぎが多くなる)」という「結果」を求めます。結果を求めるのはいいのですが…
  7. 2022-1-18

    長きに渡って通用するものを身につけよう!

    勉強でも仕事でも、人は短期で結果が出ることを追い求めがちです。 確かに「求…
  8. 2017-9-12

    人生をマージャンに例えると・・・

    将棋や囲碁というのは2人で対局して行いますが、両者ともにスタート時点では(ハンデを除けば)対等です。…
  9. 2018-3-20

    事業等で再出発するときに誓うべき一つのこと

    物事が想定していたとおりいかずに行き詰まり、やがて再出発せざるを得なくなるときがあります。 事…
  10. 2017-12-30

    山形県鶴岡市議会の草島議員/責任ある立場に就いたら、6つの「た」が重要

    政治家の暴言はなくならないもので、今度は山形県鶴岡市議会の草島議員の暴言がニュースになっています。 …

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る