サラリーマンが自分の限界を突破するには?

サラリーマンの中には、本当はすごい能力を持っているのに会社内でおとなしくじっとして、与えられた最小限の仕事をそつなくこなすことで満足してしまっている人がいます。

本当はその人の限界がもっと遠いところにあるのに、「自分にできる範囲内」でいつも仕事をしているので、いつしか自分の限界が狭まっていきます。

ちょっともったいないですね。

むしろ、いつも限界を超えて限界線を拡大するような意識と行動をするほうが成長と成功を得られやすいと思います。

でも、そうした人は出世することや成功することをあまり望んでいなかったりします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自分を抑え込んでいる限界線を突破するには、既にその限界線を突破している人たちに囲まれる環境に身を置くのがベストです。

環境が変われば自分の「常の状態」も変わり、いつしか限界線を広げることができていきます。

たとえば、年収1000万円以上になりたければ、普段付き合う人をみんな年収1000万円以上の人たちにする・・・といった類です。

水泳が得意になりたければ、水泳が得意な人たちといつも一緒に泳ぐようにすれば良いと思います。

痩せたければ痩せている人たちと食事をしたり出かけたりすると良いでしょうね。

筋肉モリモリになりたければ、ジムに通って筋肉モリモリの人達と同じ時間を共有することが大切です。

・・・そうしていくうちに 「今の限界」を必ず超えていけます。

もちろん、一度や二度そうした環境に身を置くだけではうまくいきません。

長期間にわたってそうした環境に身を晒すことが大切ですね。

そうやって過去の自分の限界を突破すると、自然に自信が芽生えます。

自信が持てるようになると、物事をポジティブにとらえるようになり、行動範囲が広がります。

行動範囲が広がると、新たな出会いがあったり、さまざまなチャンスに遭遇する確率も高くなります。

チャンスが増えると、予想外の好結果を得られるようになります。

そうやって成長していってもらいたいと思うのですが、自己成長を望まないサラリーマンには「暖簾に腕押し」かもしれません。

若い人にはどんどん自分の限界に挑戦して、限界を超えて、たくさんの成長と成功を経験して、人間力を高めていってもらいたいものですね。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目のお勧め記事!

  1. 2017-3-13

    最初は易(やさ)しいことから始めよう

    人は、時間をかけて得る結果をあまり選ぼうとしない傾向があります。 できればすぐに得られる結果の…
  2. 2017-12-30

    山形県鶴岡市議会の草島議員/責任ある立場に就いたら、6つの「た」が重要

    政治家の暴言はなくならないもので、今度は山形県鶴岡市議会の草島議員の暴言がニュースになっています。 …
  3. 2018-3-23

    生涯賃金をいつ稼ぎ終えますか?

    サラリーマン人生を経済面だけで言い換えるなら「生涯賃金を稼いでいる間の人生」と言えます。 そし…
  4. 2017-11-23

    1日8時間労働に囚われていませんか?

    今日(11月23日)は、勤労感謝の日ですね。 いつも健康で働ける身体があること、働く職場がある…
  5. 2017-2-16

    見込み客・お客さまを集めるのではなくて・・・

    営業会議では、よく「客を集めるには・・・」といった言葉が飛び交います。 まあ、別にそれで間違っ…
  6. 2017-11-27

    現在の出来事をポジティブにとらえよう!

    昔のイヤな出来事や辛かった時代のことをふと思い出して、「今から思えば、あのおかげで今の自分があるのか…
  7. 2017-9-27

    欲しいモノがあるのに、お金がないとしたら・・・

    何か(商品・サービス)を欲しいなら、お金を出して購入すれば誰でも手に入れることができます。 と…
  8. 2018-1-22

    「最初の1か月は1%の高利息が付きます」の意味

    今の時代は銀行の普通預金に預けても利息が0.001%程度・・・、定期預金に預けても大手銀行で0.01…
  9. 2017-4-17

    経営者はブランド力を意識して経営を!

    よく「ブランド」という言葉を私たちは使いますが、その言葉の定義を求められるとなかなか即答できる人は少…
  10. 2016-11-29

    「営業で断られる6つのパターン」を研究して売れる営業マンになろう!

    昔から一番ラクな営業は相手先任せで済んでしまうやり方で「待ちの営業」と言われています。 それを…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る