今年の目標に資格取得を掲げている人・・・

資格のことを「足の裏に付いたご飯粒」と揶揄する言い方があります。 つまりは、「とっても食えない」という意味です。

新年になって「よーし、今年こそ◯◯の資格をとるぞ!」と目標を掲げる人もいらっしゃると思います。

それ自体は決して悪いことではないのですが、「資格を取る」ことがイコール「将来安泰だ/食いっぱぐれないぞ」・・・などと思うと、ちょっとうまくないかもしれません。

その資格次第では多いなるカン違いです。

資格取得は手段であって目的にすべきことではありません。

何の目的でその資格を取るのか(≒どんなメリットを想定しているのか)?という問いかけに即答できる人は、資格を他の目標達成の手段として、あるいはステップの一つとしてとらえている人に多く、こういう人は心配ない人です。

でも、即答できない人は資格を取ることがゴールになっていて、資格取得の目的が自分自身でもわかっていない人に多く、こういう人はちょっと危ういです。

資格を持っているだけで経済的に安定した収入を得られると思ったら大間違いで、それは完全に幻想というか「お気の毒状態」です。

たとえば、何かの資格を取得しただけで経済的自由を得た・・・という人を私は見たことも聞いたこともありません。私もいくつか資格をとりましたが、その後更新して継続しているのは「自動車普通免許」くらいです。

勉強して身に付けた知識はその後に役立ちましたが、資格そのものが役に立ったわけではないですね。

私の転職経験は1回ですが、当時履歴書に記載した資格が採用内定に役立ったとも思っていません。

その後、面接官として人事採用に携わってきた経験からしても、資格というのはやはり「足の裏に付いたご飯つぶ」と同じかもしれない・・・と思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

資格をとれば何とかなる・・・良いことが起きる・・・と幻想を抱く人は、もしかすると資格依存症候群の入り口に立っているかもしれません。

たとえ、超難関資格(試験)と言われる司法試験、公認会計士試験、医師免許にしても、それらはその業界でビジネスを始めるための営業許可証・入場切符みたいなものです。

そうした士業(師業)の資格で大切なのは、その世界に入場した後にお客さまがついてお金の出と入の帳尻が合う「経営」を軌道に乗せられるかどうか?・・・ですね。

「資格=収入とはならない」ことをよくよく理解したうえで、何か別の目標・目的があってそのために資格が必要だから今年の目標の一つに設定する・・・という発想が大事だと思います。

今年の目標に資格取得を掲げている人に水を差してしまったら申し訳ないですが、 資格という肩書に依存しないでその勉強する過程で身につけた知識や技術や各種成果のほうをむしろ大切にするのが良いと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-11-12

    【成功法則】「ビジネスの成功者」はリスクを背負って昇ってきた

    たとえば一つの商品で原価を1万円、販売価格が2万円だとすると、差額の1万円が儲け(利益)となります。…
  2. 2018-5-3

    相続でもめないように早めの手当てを・・・

    不動産を所有している人が亡くなり、残った不動産を巡って骨肉の相続権争いが起こり、その結果誰の名義にも…
  3. 2019-3-7

    「無くなる前に補充する」という考え方

    お弁当屋さんで、食材の肉の残量があと一袋、キャベツがあと1個・・・となって初めて具材(仕入れ)を発注…
  4. 2018-7-27

    【自己診断付き】歳をとったら「フレイル」に要注意!

    元気な人も歳を取り、いつか元気でなくなっていきます。 残念ですが、人間である以上仕方のないこと…
  5. 2019-6-5

    【重要】投資は必ず「頭金」を用意してから行なう!

    金融投資というのは、文字どおり「資金」をまずは「投じて」、後々に「投じた資金以上のお金を回収すること…
  6. 2018-1-21

    生命保険を使って相続税を安くする方法

    「相続税を節税するため」の生命保険商品があるそうです。 相続税は、一定の資産を持つ人が死亡した…
  7. 2020-7-25

    収入を増やす/サラリーマンとビジネスマンの発想の違い

    サラリーマンが「収入をもっと増やしたい」と思ったとき、一般的には「もっと自分の実力を高めて給料を上げ…
  8. 2019-1-29

    光あるところに「別の光」もある

    西暦1850年前後のアメリカ・カリフォルニアで広範囲にわたって金脈が発見されたため、一獲千金を狙って…
  9. 2020-1-20

    不動産バブルの見分け方

    1980年代後半に蔓延した日本の不動産バブルの時は、都心の不動産の賃貸利回りが2%以下だったそうです…
  10. 2016-12-31

    【大晦日】欲とは山だけを求めるようなものです

    人生山あり谷あり・・・ですし、人の感情も起伏がありますから、感情も山あり谷あり・・・と言えます。 …

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る