費用ととらえるか投資ととらえるか?

かつて東証1部上場企業に勤めていたときは毎日いろんなところから電話やメールがあってビジネスの相談や依頼を受けましたし、実際にいろんな方々とお会いする機会に恵まれました。

そうすると、人の価値観がさまざまだということがよくわかり、固定概念に縛られていてはいけないということが身をもって理解できたわけですが、やはりサラリーマン感覚の人もいればビジネスマン感覚の人も世間にはたくさんいらっしゃって、あえて言えばビジネスマン感覚の人のほうが圧倒的に成功されていると思いました。

ビジネスマン感覚の人は経営者感覚を持ち合わせていて、お金を払うことに敏感で払うからにはそれなりのリターンを追求します。

そして、その使い方が投資なのか費用(コスト)なのかを瞬時に見極める力をもっている人が多いように思えます。

ただし、成功者かどうかを決めるのは他人である私ではなく、あくまでもご本人が決められることです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どんなビジネスでもお金がかかります。

そのお金を「投資」とみるか「費用」とみるかによって人の言動は異なってきます。

たとえば、企業活動におけるコンサルティングというのは最適解が必要とされるビジネスで、少なくとも「適解」を求められるものです。

そんなときに、「コンサルフィーを値切ろう」とする人がいます(会社があります)。

そういう人・会社はフィーを「費用」だととらえているのだと思います。

費用だから安いほうが良い・・・という発想になります。

でも、コンサルフィーを「投資」だと考えている人・会社は値切ろうとはしません。

なぜなら「投資」と考えているので、支払った金額以上のリターンを得ようという発想をもともと持っているからです。

ヘタに値切っても「品質」が劣化するだけ・・・と人間の行動心理をよくわかっている人は、人が動いて商品となること=サービス業に関しては料金を値切ろうということはみっともないことだと考えます。

だから最初からそういう交渉事は行いません。

いかにリスクを減らせるか・・・ということに焦点を当てます。

当たり前かもしれませんが、そこで料金を値切られて安い料金になった人(コンサルタント) とそうでない人がいるとき、どちらがより懸命に親身になってコンサルティングというサービスを提供してくれるか?と言えば、当然後者のほうです。

つまり、コンサルフィーを費用と考える人・会社はその段階でもう損をしている(経済的損失を見えないところで被っている)と言えます。

人の知恵や情報などと、工場で作られた工業製品とでは、ビジネス上での扱い方は全然違うものです。

何でも安ければいいというわけではない、ということです。

人の手によるサービスビジネスを値切ってはいけないですね。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

注目のお勧め記事!

  1. 2019-10-4

    行政の「サービス」はハードの部分でとらえている?

    ビジネスは、「目に見える商品」を売るか、「目に見えないサービス」を売るかのどちらかです。 …
  2. 2021-6-26

    時代の変化に気づけるかどうか?

    かつてダーウィンが言った次の言葉は有名です。 「生き残るのは優秀なものでも強いものでもなく、変化に…
  3. 2018-4-7

    「傍観者」の生き方より「挑戦者」の生き方を!

    サラリーマンに次の言葉を投げかけて、その後に自分だったらどんな言葉を続けるか聞いてみると、たいてい2…
  4. 2017-5-20

    【必読】優秀な自動車セールスマンの極意とは?

    ある人(Aさん)から教えてもらった話ですが、昔、あるところに車の販売で非常に優秀な成績を収めている営…
  5. 2017-9-15

    【注意!】お金を貯めたくても貯められない人の共通点

    サラリーマンをお金を貯められる人と貯められない人を分けたとき、最初からお金を貯めるつもりがない人は別…
  6. 2017-5-25

    【必読】家計改善は「固定費」の削減から・・・

    家計でも、会社経営でも、国の財政問題でも同じですが、収支の改善・やりくりを考えたときに一番重要となる…
  7. 2019-1-9

    投資と投機の違い(インカム・ゲインとキャピタル・ゲイン)

    「投資」という一つの言葉で括(くく)られやすいですが、投資には大きく分けて「本当の投資」と「投機」の…
  8. 2018-1-21

    生命保険を使って相続税を安くする方法

    「相続税を節税するため」の生命保険商品があるそうです。 相続税は、一定の資産を持つ人が死亡した…
  9. 2017-4-21

    貯金をするタイミングは「お金が入ってきたとき」

    たとえば、今50歳の人が65歳の定年退職後に客船で世界一周旅行に出かけたい・・・それには約1千万円の…
  10. 2018-11-3

    サントリー2代目社長佐治敬三の戦略に学ぶ

    サントリーの創業社長「鳥井信次郎」の実の息子である敬三氏は母方の姓を継いで「佐治敬三」と名乗っていま…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る