日本電産ショック?!という未萌が見えるか

中国・『戦国策』に「愚者は成事(せいじ)に闇(くら)く、智者は未萌(みほう)に見る」という言葉があります。
「成事(せいじ)に闇(くら)い」というのは、物事がすでに形になって表れているのにまだそれに気づかない、ということです。
「未萌(みほう)に見る」というのは、まだその芽が出ていないにもかかわらず、何かの事象をもって将来を読み解くことができる技量のことです(未萌とは「いまだ萌(きざ)さず」という意味)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちょうど1か月前の1月17日に、世界No.1の総合モーターメーカー日本電産株式会社が2019年3月期の連結純利益を下方修正する業績予想を発表しました。

実質的な最高益更新予想となる12%増の1470億円という従来予想を、一転して前期比14%減の1120億円に変更しました。

カリスマ経営者の永守氏が経営する日本電産という会社はいつも業績予想を保守的に見ていて、最後は上振れて着地することが当たり前だっただけに、この大幅な業績修正は見る人が見ればけっこう意味深な出来事だったと思います。

あの経営感覚が鋭く、プライドも高い永守氏が「11月、12月にガタンガターンと世界的にすべてのセグメントで大きな変化が起きた・・・リーマン(ショック)の時は全体的に落ちたが、月単位でこんなドンドンと落ちたのはおそらく46年間経営して初めて・・・」と言っていたのが印象的です。

これはもしかすると大きな「未萌」の可能性があります。

永守氏の発言に耳を傾け、ある程度の留意をしておく/警鐘として受け止めるべき・・・だと思います。

→ 原因は「中国経済の減速」です。

米中貿易戦争の影響もありますが、中国経済そのものの停滞・減速が大きな要因と分析されています。

中国の景気は以前から問題視されてきた感がありますが、いつもそれを覆すような政府の発表によってこれまでは「表向きには経済が守られて」きました。

でも、もしかするとここらでその限界が来つつあるのかもしれません。

私のように現役をリアタイアして日々のんびりと暮らしている者には直接の影響はありませんが、現役バリバリで貿易・為替などのビジネスに関係している人にとっては要注意なことだと思います。

「成事(せいじ)に闇(くら)い」ということにならず、「未萌(みほう)に見る」という精神でビジネスを展開する意識は大切だと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2016-12-30

    重要なことには「長期」かつ「面倒」なものが多い

    人間にとって最重要なことは、「健康的に永く生きる」だと思います。 ところが、永く生きるには何か…
  2. 2017-1-2

    【重要】自分の進むべき方向を探る10の質問【謹賀新年】

    2017年のスタートに当たってこんな問いかけを用意しました。 これらの質問に具体的に答えること…
  3. 2018-3-8

    【重要】貯金を「必要経費」と思い込む

    貯金ができない人には共通点があります。 それは、「給料が入ってもそこからすぐに貯金分を取り分け…
  4. 2018-4-14

    社会人1年目の人へのアドバイス

    新入社員・・・社会人1年目の人が「何かアドバイスをください・・・」と聞いてきたなら、私はいつもこうア…
  5. 2020-2-23

    お金の心配がないことで変わること

    経済的に自由な状態にあるということは、「多少のお金のことなら心配がない」というだけのことなのですが、…
  6. 2019-8-26

    営業職を毛嫌いしてはいけない

    大学3年生の中には、もう再来年の就職に向けての活動を始めている人もいると思います。 なかな…
  7. 2017-11-1

    【ビジネスチャンス】「場」を設けられる人=「お金」を儲けられる人

    本屋に行くと「株で1億円儲ける○○」「FXで10万円を△△倍にする方法」「インターネットで□□円稼ぐ…
  8. 2020-7-25

    収入を増やす/サラリーマンとビジネスマンの発想の違い

    サラリーマンが「収入をもっと増やしたい」と思ったとき、一般的には「もっと自分の実力を高めて給料を上げ…
  9. 2017-8-2

    利益を2倍にするテクニックと半分にするテクニック

    たとえば「1万円の商品で経費(原価)が9千円」だと仮定します。 一つ売れると1,000円の儲け…
  10. 2018-9-12

    飲食店などでの「スタンプカード導入」のコツ

    私がよく行く映画館のビルにラーメン屋さんが入っているのですが、そのお店はスタンプカードを導入していて…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る