まだまだ伸びそうなクルーズ旅行/クルーズ船市場

日本人のクルーズ乗客数の推移をみると、2002年の約15万人から、2016年には25万人となり、そして2017年には30万人と増加しています。

生き方のスタイルが変化しつつあると言うかこうしたクルーズ旅行を楽しむ傾向は今後さらに伸びると思います。

近い将来に利用者数が100万人を突破することはそれほど難しくないと思います。

豪華客船の旅では、普段歩き回る範囲は船内に限られ、自分でたくさん運動をすることもできれば、さほど歩き回らないことを選択することもできます。

ある意味では、デッキに寝そべってボケ~ッとしていていても気持ちよく過ごせます。

のんびり過ごせることは、考え方によっては至福の時・・・かもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・

残念なのは、日本人が乗っているクルーズ船のほとんどは、イタリアやノルウェーなど欧州系の豪華客船かアメリカ系の豪華客船だということです。

何が残念か?・・・と言うと、これら欧米系の豪華客船というのは日本人に「向かない」面が多々あるということです。

文化の違いからくるものです。

たとえば、欧米系の客船では「正装「フォーマル)」という概念が必ず存在しています。

私は結構これが面倒に感じています。

つまり、夜になると正装して食事に行くのが当たり前・・・という文化なのですが、日本人にとっては夜にドレスアップするより、逆に浴衣を着るなどドレスダウンするほうが馴染みやすいと思います。

分厚いステーキやキャビアやトリュフといった脂っぽい食事をお腹いっぱい食べて、その後ダンスに興じる・・・というのも日本人にはあまり向いていないと思います。

お風呂も大浴場で広々したものに入りたい、と思うのが日本人です。

今運行しているクルーズ船の多くは、そうした日本人のニーズを捉えておらず(まあ、欧米系の客船なので当然ですが・・・)、そうした点を改善すればもっと多くの日本人の集客が見込めるような気がします。

そのためには、一つは「日本の会社が造船をする」ことであり、もう一つは「欧米系の造船であっても日本人向けの対応を取り入れる」ことだと思います。

欧米の豪華客船とは違う、日本式の豪華客船で日本人らしいニーズを存分に汲み取ることができれば、さらにクルーズ市場は拡大するような気がします。

クルーズ旅行マーケットに、まだまだ大きな魅力があることは確かです。

一つはそのアピール力(宣伝広告力)、一つはソフト面でのおもてなし力、一つは料金や日数(時間)の休暇対応力が求められる市場ではありますが、私は今後のクルーズ旅行に大きな期待と関心をもって見ています。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-1-6

    秋元康(あきもと やすし)さんの「夢」の言葉

    おニャン子クラブやAKB48など数多くのアイドルを輩出・プロデュースしてきた秋元康さんの言葉にこんな…
  2. 2020-4-25

    環境の変化に対応しなければ生き残れない

    かつてダーウィンが『進化論』で説いたこと =「生き残るのは強いものでも優秀なものでもなく変化に…
  3. 2017-4-18

    給料を増やせる職業と働き方とは?

    一般的な会社務めの仕事で手っ取り早く多くの給料をもらおうと思えば、就くべき職種は「営業職」です。 …
  4. 2017-9-24

    人に教えるときに大切にすべき3つのセット内容とは?

    スポーツでも勉強でも仕事でも、指導者や先生や先輩などが教えるときは、「○○をしなさい」・・・といった…
  5. 2017-11-24

    【重要】新築マンションを投資用に検討しないわけ

    私がいつも言っている「不動産投資」の対象となる不動産とは「中古ワンルームマンション/中古ファミリーマ…
  6. 2019-7-7

    不動産投資物件の2つの求め方

    不動産投資では、自己資金を100%使わなくても銀行からお金を借りて(=ローンを組んで)行なうことが正…
  7. 2018-3-26

    リタイア後の3つの収入源

    戦国武将・毛利元就の「3本の矢」の教訓は有名です。 本質は「1本の矢だとすぐに折れてしまうが3…
  8. 2018-6-18

    世の中の2割の人はあなたが何をしても否定する

    「20:60:20の法則」と呼ばれるものがあります。 全体を100としたら、そのうちの2割は優…
  9. 2017-3-10

    熱心な営業マンと立派な営業マン

    世の中にはいろいろな経営者がいて、中には「名経営者」として世間に広く名前が知れている人や、亡くなった…
  10. 2018-4-14

    社会人1年目の人へのアドバイス

    新入社員・・・社会人1年目の人が「何かアドバイスをください・・・」と聞いてきたなら、私はいつもこうア…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る