ネット・プロモーター・スコア・アンケート(社員用)

経営者が目指すべきことの一つが「より良い会社つくり」です。

そのためには、財務スコア(決算書)を良くすることだけではダメで、職場環境や社内風土を良くすることも必要です。

財務スコアがどんなに立派な黒字経営であっても、それがしっかりとした顧客や社員の感謝の上に成り立っているものかどうかは財務諸表からはわかりません。

 

もしも社員や顧客の不満と恨みの上に成り立っていたなら、それでは永続的な経営は困難になります。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NPS(Net Promoter Score=ネット・プロモーター・スコア)と呼ばれるアンケート調査の手法があるそうです。

 

社員にこんなアンケート(質問)をします。

質問1

あなたは、大切な友人に当社で一緒に働くことを勧めたいと思いますか?

【10点(満点)から0点(最低)で点数をつける】

 

質問2

質問1でそう思った最大のわけを書いてください

この質問を、毎年実施していきます。

 

基本的に回答は無記名式が良いと思いますが、筆記をさせると文字で誰が書いたか判明してしまう場合もあるので、質問2の回答は予め選択肢を用意しておいて丸を付けさせるようにするのも手です。

 

いずれにしても、人事評価には一切の関連を持たせないことを経営者は確約しておく必要があります。

 

結果は点数で計算します。

 

質問1で10点と9点をつけた自社の応援者の比率(%)-6点以下の点数をつけた隠れた批判者の比率(%)がどれくらいになるかがポイントです。

 

仮に応援者50%で、隠れた批判者が20%なら、点数は30ポイントというスコアになります。

 

毎年行うことで、このスコアの推移が明らかになります。

 

もちろん、スコアは高い点数のほうがベターです。

 

翌年にそうなるように質問2の不満点を解消し、満足感を与えられるように経営改善を行なうことが大事です。

 

応援者を増やして、隠れた批判者を減らすことが、経営陣の大切な活動目標にもなります。

 

これが「ネット・プロモーター・スコア=NPS」と呼ばれるものです。

 

ネット(正味)とプロモーター(応援者)とスコア(点数)で、自社の未来の行方を推し量るやり方ですが、それなりに効果はあると思います。

 

大事なのは、一度始めたら必ず毎年定期的に継続して実施することです。

 

自社の中に、自社の応援者が少ないのは情けないことですし、自社の応援者である社員を増やしていくことはすべての経営者にとって大切な責務の一つだと思います

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目のお勧め記事!

  1. 2017-12-13

    2回立ち読みするほどの雑誌や本は・・・

    書店やコンビニでは雑誌や書籍を立ち読みすることがけっこう可能です。 たまたま時間が空いたときな…
  2. 2019-12-12

    目に見えない妄想にいつまでも囚われてはいけない

    一休さんのとんち話はいろいろありますが、その中の一つにこんなのがあります。 あるとき、一休…
  3. 2018-5-7

    ドラえもんの未来小切手帳

    日本の「ドラえもん」にそっくりなキャラクターデザインを中国の会社が商標登録していたのを中国の裁判所が…
  4. 2017-1-2

    【重要】自分の進むべき方向を探る10の質問【謹賀新年】

    2017年のスタートに当たってこんな問いかけを用意しました。 これらの質問に具体的に答えること…
  5. 2018-1-15

    残業が減って「副業」が認められる時代

    昨年大きな話題となったことの一つに「電通に端を発する長時間労働問題」や「政府公認による企業の副業禁止…
  6. 2017-9-2

    サラリーマン→個人事業主→法人社長という生き方

    世の中には、意図的に自分で描いた人生のステップを踏んで人生を謳歌していく人がいます。 サラリー…
  7. 2017-8-2

    利益を2倍にするテクニックと半分にするテクニック

    たとえば「1万円の商品で経費(原価)が9千円」だと仮定します。 一つ売れると1,000円の儲け…
  8. 2018-8-25

    お金を貯めっ放しは「捨てた」も同然です

    家計のお金の流れは「稼ぐ→貯める→増やす→使う」です。 このうち「貯める」というところまでは多…
  9. 2018-8-7

    「働く」のは自分ではなくお金を!

    海外旅行に行くといつも思うのは、たとえ自分が飛行機に乗って雲の上だろうが、客船に乗って海の上だろうが…
  10. 2017-12-12

    上位20%に集中してみよう!

    昔からよく言われるように「80:20の法則(パレートの法則)」があります。 会社の売上例で言え…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る