その増えた仕事は何のための仕事?

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。

「仕事は何のためにするのか?」ということが禅問答のようにあちらこちらで議論され、ビジネス書や雑誌等でも繰り返し取り上げられます。

各人によっていろいろな説明がされていますが、私が思うに、経営者やリーダーに強く意識しておいてもらいたいのは、「仕事は別の仕事を減らすためにする」という考え方です。

残念なことにこの考え方・思考法をまったく頭に入れていない経営者/リーダーは多くいて、ただ何となく刹那的に仕事をしている(部下にさせている)人はとても多いと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・

会社で何かを始めようとすると当然、仕事が増えます。

でも、その増えた仕事は何のための仕事か?というと、企業経営的には「利益を増やす(利潤の追求)」と「理念の実現」のためです。

これはこれで正しいことです(なぜならそれが企業の目的だからです)。

もう一つの観点、組織運営上で言えば「今までの仕事を少しでも軽減するため」・・・となります。

そうでないならタダの自己満足に過ぎない仕事になり、組織運営上の仕事ではなく、リーダーの個人的満足・欲求を満たすための作業ということになります。

そう考えると、会社内で仕事が増えるときには「この仕事によって、今までの仕事の何が軽減されるか?」もしくは「この仕事をするために今までの仕事のどれを切り捨てることができるだろうか?」をリーダー自身が理路整然と答えられるようでなければなりません。

これができなければ、部下にとってはただ業務量が増えるだけで、今まで以上に無理をして仕事をする(させる)だけになります。

それなら、別の人を雇うほうが筋が通ります。

リーダーの自己満足のための肥大化された仕事だと部下が気づけば、部下は真剣についていこうとはもう思わなくなります。

特に若い人たちはコスパやタイパが流行語であるように「スマホを使うとこう便利だ」「SNSでつながるとこう良いことがある」といった利便性や効率性が身についていますから、無駄な非効率化には敏感です。

年配の責任者や先輩が「オレたちの時はもっと大変だったんだぞ。もっと気合い入れてやれ!」と言ってもピン!とこないし頷く気にもなれません。

昔の根性論を持ち出してもまったく通用しない時代です。

昔はこうだった/自分たちも苦労した・・・と説教されても、「だったら今それを工夫して新しく変えるのがあなたの仕事だろう・・・」と内心で思われるだけです。

「以前に比べて今はラクになったなあ/昔はあんな大変だったけど今はこんなに簡単にできるんだね」と言って、部下と同じ方向を向き、ベクトルを合わせることが大事です。

それが本当の「仕事の結果」です。

「今がんばればきっとラクになる(かもしれない)」・・・ではなく、「今これをやることで、今後こうした大変さがなくなるよ」といった即時的な効果があればなお有効です。

「仕事は仕事を減らすためにやる」という発想をもったリーダーが多く現れれば、その会社は発展する可能性大だと思います。

※当サイトは個人ブログです。アフィリエイト、対価の伴う商品紹介等は一切行っておりません。
※当サイトのイメージ画像は https://pixabay.com/ 様に登録されているクリエイター様の制作画像を利用しております。
※当サイトのイメージ画像は、Pixabay様の定める「コンテンツライセンスの概要」を遵守し利用しております。
澤井豊、連載!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://newofficesawai.com/

Twitter

Facebookページ

関連記事

投稿カレンダー

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2021-12-30

    【重要】休むも相場

    20世紀前半のアメリカ・ウオール街で「グレート・ベア」の異名をとった投資家ジェシー・リバモアはあると…
  2. 2017-1-27

    毎月1万円を積み立てていくと・・・

    「毎月少しずつお金を貯めていきなさい。そうすれば年末にはビックリするでしょう・・・・・・あまりの少な…
  3. 2021-9-26

    納期/締め切りがあると人は動きます

    コロナ禍において政府はいろんな名目でお金を世にバラマキました。 ところがお…
  4. 2024-6-14

    安心・安定で行動 < 可能性・成長で行動

    「これまでこうやってきてこうだった」・・・と分析することも大切ですが、かと言ってそればかりに頼って常…
  5. 2015-8-17

    サラリーマン必読!「賃貸派」と「購入派」どっちがお得?

    若い頃でバリバリ働いているときは、借家住まいでも良いと思うのですが、サラリーマンが定年となりいわゆる…
  6. 2019-12-1

    投資・資産運用では退場しないことが大事/敗者のゲームと知る

    たとえばテニスの試合で、プロ選手とプロ選手が試合をするときと、素人が素人と試合をするときとでは、勝負…
  7. 2017-7-4

    「石の上にも3年」と言いますが・・・

    東京オリンピックまで、暦上はあと3年です。 3年しかない!と思うより、3年もある!と思って準備…
  8. 2019-4-3

    学生は「点数」で評価され、社会人は「実力」で評価される

    学生の頃は、勉強したことが「点数」をつけられることで評価になりました。 点数で評価されるこ…
  9. 2018-8-25

    お金を貯めっ放しは「捨てた」も同然です

    家計のお金の流れは「稼ぐ→貯める→増やす→使う」です。 このうち「貯める」というところまでは多…
  10. 2018-2-15

    【確定申告】あなたの「本業」は自分で決められる!

    確定申告の時期になってきました。 雇用されて働くサラリーマンのほとんどは確定申告と無縁ですが、…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る