嫌われることをして好かれると思う、何とも不思議な人たち

ストーカーという言葉が定着したのは多分「平成」になってからだと思います。

「昭和」の時代は、スター(芸能人)の追っかけが良い意味で存在している程度でした。

やがてその度が過ぎて、暴力的なことや非道徳的なことをするようになり、そこから「ストーカー」という言葉が生まれてきたような気がします。

最近では、もっぱら異性に対しての執拗に付きまとう行動を指しますが、言えるのは「されたほうの人は迷惑がって、嫌がっている」ということです。

・・・・・・・・・・・・・

見知らぬ不動産会社からの営業電話というのはサラリーマン家庭なら誰でも経験があると思います。

酷いときは身内のようなふりをして職場にも電話をかけてきます。

そうした会社のほとんどは礼節がなく(軽んじていて)、社会人として商談の俎上にすらあがらないような会社・人たちです。

だから、多くの人は断っていますし、それ以上連絡してこないように個人情報の削除も伝えていると思います。

でも、そういうダメな会社(社会的にレベルの低い会社)なので、個人情報を削除することもなく、しばらく経つと別の者から営業電話がきたりします。

ますます、本人ととしては「お断り」になるわけで、もうこの時点で「迷惑行為」です。

それが度を過ぎると、自宅まで営業マンが押しかけてくる場合もあります。

もう、何をかいわんや・・・です。

一種のストーカー行為だと思います。

営業活動をする目的は、「商談をする/取引をする」ことで、つまりは自社にとっての売上・利益に結び付くようなことを狙っているわけです。

それには、相手に、たとえ好かれなくても少なくとも嫌われてしまったらお終い!です。

それなのに、「相手の嫌がることを平気でする → 相手に迷惑をかけて嫌われる
→ それにもかからわず自分を好いてもらおうと思って同じ迷惑行為を繰り返す」
・・・というパターンがまったくもって間違いだと気づかないなんて、大いなる愚者としか言いようがありません。

「相手に迷惑をかけて嫌われることをしているのに、それによって自分のことを好きになってもらおう/取引をしてもらおう」と繰り返す・・・という発想が幼稚すぎて、まともな人には全然理解できない行動だと思います。

異性との交遊関係でも、婚活セミナーなどで「相手に嫌われることをして自分のことを好きになってもらおう!」なんてことを言ったら、「はあ?この人何言ってんの?!」と総スカンを食らうのがオチです。

営業活動ではすべての人が自社の見込み客になるわけではないですし、少なくとも「相手の嫌がることをしても顧客になってもらえる」という間違った発想をしている限り、そうした会社が発展することはないと思います。

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2017-11-24

    【重要】新築マンションを投資用に検討しないわけ

    私がいつも言っている「不動産投資」の対象となる不動産とは「中古ワンルームマンション/中古ファミリーマ…
  2. 2017-1-25

    【注意!】「リボ払い」の怖いところ

    クレジットカードで買い物をするときは、「一括払い」が大原則です。 お金の教養のある人は、間違っ…
  3. 2017-11-27

    現在の出来事をポジティブにとらえよう!

    昔のイヤな出来事や辛かった時代のことをふと思い出して、「今から思えば、あのおかげで今の自分があるのか…
  4. 2017-1-21

    エビでタイを釣る/返礼品でお金持ちを釣る/ふるさと納税

    「ふるさと納税」は前々からありましたが、テレビでこれほど宣伝されるのはつい最近になってからのような気…
  5. 2019-10-18

    小さな一歩が長い道のりを歩ませてくれることに

    今の世の中は通称「ゼロ金利/マイナス金利」の時代です。 マイナス金利というのは、明治・大正…
  6. 2018-10-17

    【必読】収入を2倍から10倍にする方法

    サラリーマンが今の自分の収入=給料を2倍にする・・・としたなら、どんなアイデアが考えられるか? …
  7. 2017-7-27

    月収よりも年収/年収よりも財資産を意識する

    この時期の25日~31日というのは、サラリーマンの給料日に該当する日が多いと思います。 給料は…
  8. 2018-4-9

    新入社員は「教わり上手」になろう!

    新入社員が入社して、早や一週間が経つ時期です。 新人さんたちはまだまだ仕事に不慣れなハズですが…
  9. 2018-9-23

    【重要】あなたが得る収入の「本質」とは?

    よく言われることですが、人生で大成功をする人というのは自分のことだけではなく、他人も成功したり幸せに…
  10. 2019-11-16

    「残す」「あげる」は割に合わない財産移転方法かも?

    自分の財産を「残す」・・・というのは結局相続となり、相続税がかかります。 自分の財産を「あ…

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る