人材採用で「洞察の才を持つ者」を見つける・・・

「人は内容より外見で判断しがちである。

人は誰でも眼は持っているが、洞察の才を持っている者は稀である」

・・・とは、 マキャヴェリ(イタリアの政治思想家)の言葉です。

 

そのとおりだと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・

隣の芝生は青く見える・・・と言いますが、人は自分が手に入れたモノより手に入れていないモノのほうが価値が高いのでは?という錯覚を起こしてしまうときがあります。

 

学生の採用内定/中途採用者の採用内定でもよくある話です。

 

志望していた会社で採用内定が出た後に、まったく関係のない他社の採用面接・試験を受ける人がいるのもそうしたことの表われです。

 

なぜ既に他社で内定しているのに別の会社を受けるのか?・・・と聞けば、「他社の採用サイトを見ているうちに、もっと自分に向いている会社があるのではないかと思ったから・・・」という回答が一番多いそうです。

 

確かに企業の採用サイトやホームページを見ると、学生のご機嫌取りのようなものが多かったりして、当社に入ればこんな楽しい社会人生活が待っていますよ~とアピールしています。

 

自社の良い部分をアピールすることは大切ですが、事実と違うことや誇大表現で応募者を騙すような(ひっかけるような)誘い方をしているようならちょっと問題です。

 

その結果、母集団は多くなりますが自社の理念や価値観に合わない人を集めてしまう恐れもあります。

 

また、仮に採用→入社となっても数年たたないうちに「話が違う/思っていたのと違った」という理由ですぐに辞めていくケースが後を絶たなくなります。

 

採用にあたっては母集団の数ではなく質、つまり理念(価値観)に共感した形成が大切です。

会社組織全体を強くするには、入社時から社員たちが理念を共有していることが大事です。

 

理念に共感できない/反感を持つような社員が入ってきても意味がありません。

 

足を引っ張られるだけです。

 

みんなが同じ方向に向かっているからこそ仕事に前向きになれるし、何かあっても助け合ったり、どのように支えあえばもっと強くなれるのかもわかり得ます。

 

企業の人材採用というのは、優れた能力を持つ人を探すことも大事ですが、「同じ方向を向く仲間/同志」を見つけることはさらに重要です。

 

うわべだけの募集に陥らないよう、採用担当者は本質を忘れないことが大事だと思います。

 

また、冒頭のマキャベリの言葉のように、稀にしか持っていない洞察の才を持っている応募採用できるよう尽力することも大事だと思います。

 

記事を見逃したくない人はこちらからメルマガへどうぞ!
メルマガ『成長なくして成功なし!目指せハッピービジネスマン道!』
澤井豊、新連載開始!
人気不動産投資サイト「楽待(不動産投資新聞)」で連載中!
今すぐこちらをクリックしてご覧ください。




あなたを「経済的自由人」に導く教科書をぜひお読みください!

電子書籍シリーズ11作品は、すべてKindle読み放題対応です!
・お金の教養シリーズ5作
・ビジネス人生論シリーズ2作
・組織マネジメントシリーズ4作

【お金の教養シリーズ】

『30代40代サラリーマンのためのセミリタイア入門』(お金の教養シリーズ5)【まずは本作から!】

『成功する人のお金の貯め方』(お金の教養シリーズ4)

『「稼げる人」になりたい人に贈る本』(お金の教養シリーズ3)

『投資して成功する人、浪費して貧乏になる人』(お金の教養シリーズ2)

『エグゼクティブ・シフト~人生を変えるお金の成功思考』(お金の教養シリーズ1)

【ビジネス人生論シリーズ】

『経済的自由を目指して自分の人生に一歩踏み出そう』(ビジネス人生論シリーズ2)

『年収1,075万円を稼げる人の条件』(ビジネス人生論シリーズ1)

【組織・マネジメントシリーズ】

『あなたが上司になったら最初に読む本』(組織・マネジメントシリーズ4)

『仕事運・金運・財運を上げる「ビジネスマン思考」24のルール』(組織・マネジメントシリーズ3)

『上場企業流!伸ばす経営術』(組織・マネジメントシリーズ2)

『真の企業リーダーとなるための教科書』(組織・マネジメントシリーズ1)

【紙書籍】

『サラリーマンが経済的自由を得るお金の方程式』

『サラリーマンのためのビジネスマン研修・ヒント100』

澤井豊の著作一覧
記事について
転載・寄稿のご依頼について

★ブログご購読はコチラから
follow us in feedly
ホームページ、SNS
http://www.newofficesawai.com/

お問い合せはコチラ

Twitter

Facebookページ

澤井豊オフィス澤井 代表

投稿者プロフィール

1964年、富山県生まれ。大学卒業後、大手株式専門証券株式会社に入社。学習塾を運営する未上場会社に転職後、会社を東証2部上場および東証1部上場に導く。人事・財務・IR・総務の経営リーダーとしてM&A、会社分割、グループ経営移行を行い、社員研修においては延べ1万人以上に実施。ライフプランに沿って経済的自由を得た後、会社を50歳にて退職。

この著者の最新の記事

関連記事

投稿カレンダー

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目のお勧め記事!

  1. 2018-7-31

    【注意】税金は忘れたころにやってくる

    消費税は、何かを購入したときに商品価格と付随して一緒に支払いますから「支払い忘れ」という概念が基本的…
  2. 2020-3-21

    連れ安(もらい事故)で株価を下げている会社(銘柄)を見つける

    このブログは具体的な株式銘柄を紹介するものではないし、本来、私は「株式投機」をおススメしていませんの…
  3. 2017-6-28

    「教わる」+「育つ」の発想

    学校の先生をはじめとしていわゆる「教育」に携わっている人の多くは「教育とは教え育てるものだ」という考…
  4. 2018-2-27

    営業で売り込まれることを人は望まない

    下手くそな営業手法は「売らんがために自分勝手で、都合の良いことだけを喋りまくる」ようなやり方です。 …
  5. 2017-10-2

    就労収入から権利収入へ

    収入には大きく分けて2通りあります。 1つは自分の身体を労働させてお金を得るという「就労収入」…
  6. 2017-1-22

    トランプ政権のトロイカ体制に学べるか?

    組織はトップとNo.2で決まります。 この場合、トップもNo.2もそれぞれ一人であることが重要…
  7. 2019-7-22

    ローマ帝国が永らえたわけ/フォードの勝利

    ローマのカエサルは借金王とも呼ばれたそうです。 カエサルは、「借金が少額のうちは貸した者が…
  8. 2016-12-26

    不動産投資・投機熱が上がっている?

    先日、街の不動産屋さんの前を通りかかったら、表のガラス窓に「あなたもサラリーマン大家さんになりません…
  9. 2019-3-27

    副業をするなら意識しておきたいキーワード3つ

    サラリーマンの中には、本業の仕事以外に「副業」として土・日などの休日に働こうとしている人も増えてきて…
  10. 2019-5-3

    説教をするお金持ちはニセモノ

    ある程度の人格者であるお金持ちは「自ら進んで他人に説教をする」なんてことは決してしません。 …

澤井豊の著作一覧

ページ上部へ戻る